アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

美輪明宏

炭鉱マンたちへのリスペクトから生まれた「ヨイトマケの唄」

wikipediaの言葉をそのまま鵜呑みにするのもなんですが、この「ヨイトマケの唄」を美輪さんが作るきっかけとなったのは、ある炭鉱町の炭鉱マンたちと家族の姿へのリスペクト(敬意)だったようです。

wikipediaによると・・・
『興行主の手違いで炭鉱町の劇場でコンサートをすることになったことに始まる。当時きらびやかな衣装でシャンソンを歌っていた美輪は、炭鉱町でのコンサートに乗り気ではなかったのだが、炭鉱労働者たちが安い賃金をつぎ込んでチケットを求め、客席を埋め尽くしているのを見て衝撃を受け、「これだけ私の歌が聴きたいと集まってくれているのに、私にはこの人たちに歌える歌がない」と感じて、労働者を歌う楽曲を作ることを決意したという』・・・・・・いい話ですね。
miwa

私たちが幼い頃、何か力仕事をする時に、この「父ちゃんのためなら、えーんやこーら・・」というフレーズは、実際よくつかっていました・・・。「ヨイトマケの唄」は誰かをさげすむような唄ではなく、身のまわりに普通にある言葉でした。当時は、額に汗し、リヤカーや自転車に荷物などを積んで、真っ直ぐに働く人が、それこそ大勢いましたので・・・・

同じ九州は、宮崎出身である米良美一さんの唄う「ヨイトマケの唄」も、とてもすばらしいと思います。
米良さんのお母さんもまた、難病を抱えていた米良さんの治療費を捻出するために工事現場で働かれたそうです・・・
(コメントを隠すには、下のメニューバーにある四角い吹き出しをクリックしてください)


「 ヨイトマケの唄 」 作詞作曲 丸山(美輪)明宏

父ちゃんのためなら エンヤコラ
母ちゃんのためなら エンヤコラ
もうひとつおまけに エンヤコラ

今も聞こえるヨイトマケの唄
今も聞こえるあの子守歌

工事現場のひるやすみ
たばこふかして目を閉じりゃ
聞こえてくるよあの唄が
働く土方の あの唄が
貧しい土方の あの唄が

子供の頃に小学校で
ヨイトマケの子供きたない子供と
いじめぬかれてはやされて
くやし涙にくれながら
泣いて帰った道すがら
母ちゃんの働く とこを見た
母ちゃんの働く とこを見た

姉さんかむりで泥にまみれて
日に灼けながら汗を流して
男にまじって綱を引き
天にむかって 声あげて
力の限りに うたってた
母ちゃんの唄こそ世界一
母ちゃんの唄こそ世界一

なぐさめてもらおう 抱いて もらおうと
息をはずませ 帰ってはきたが
母ちゃんの姿  見たときに
泣いた涙も 忘れ果て
帰って行ったよ 学校へ
勉強するよ と言いながら
勉強するよ と言いながら 

あれから何年 経ったことだろう
高校も出たし 大学も出た
今じゃ機械の 世の中で
おまけに僕は エンジニア
苦労 苦労で 死んでった
母ちゃん見てくれ この姿
母ちゃん見てくれ この姿
 
何度か僕も  ぐれかけたけど
やくざな道は 踏まずに済んだ
 
どんな きれいな 唄よりも
どんな きれいな 声よりも
僕を 励まし  なぐさめた
母ちゃんの唄こそ 世界一
母ちゃんの唄こそ 世界一
 
今も聞こえる ヨイトマケの唄
今も聞こえる あの 子守唄

・・・ジャケットに見えるカップリングの「ふるさとの空の下で」という曲もなんだか気になります。聴いてみたいものです・・・。


br_decobanner_20110211105601

美輪明宏さんの好きな佐古小周辺は、幕末の風情が残る場所・・・

「ここにある小学校が、廃校となれば、さぞ地域は寂れるだろうなぁ・・」と思うような場所で、次々と学校が消えていっている中・・・・
長崎市もドーナツ化で、中心部の人口が急減しているのですが、「仁田(にた)小学校」と「佐古(さこ)小学校は、至近距離にありながらも、統廃合の波に呑まれていません。

こちらは明治35年開設の長崎市立仁田小学校です。(西小島2-6-15)
DSCF6058

そしてこちらが、明治39年開設の長崎市立佐古小学校です。(西小島1-7-1)
DSCF6057

両校がどれぐらい近いか、と言うと、下のように1つのフレームの中に簡単に収まってしまいます。
DSCF6060

地図上で見ても、これだけ接近しています。敷地の最短距離を測ってみると、わずか100mぐらいしか離れていないことがわかります。それぞれの授業の声が聞こえそうな距離ですね・・・
sako904

そして、この2校、上図でもわかるように、オランダ坂や唐人町であった館内町、遊郭街であった丸山など、長崎の古い歴史のある地区の真ん真ん中に建っているのです。


続きを読む



プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。29年 あさひ日本語学校・校長職を兼任。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。









荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



記事検索
☆ FaceBook ☆