文中にある湯布院の観光カリスマ?氏の言葉につきる・・・と思います。しかし、こういうことは、実際に肌で感じないと意味がないことでしょう。
「新たな役割」という方向だけで考えていくのは、もはや苦しいような気もします。
島農高教諭の案は、何か新しい案は?ということで、半ば「奇策」として出したものでしょうが、正直言って、この記事を見て写真に写ってる高校生たちが「ドンびき」しなかったか?!・・・ということだけが気にかかります。

私はかつてその土地にあった役割、すなわち長崎市内であれば、実際に荷物を背負って坂道を上る・・・ということを今後の実情に合わせて再びやっていけばいいのでは、と思っています。ちょっといやらしい発想かもしれませんが、それが今後の貴重な観光資源となる可能性が大きいと思うのです。
坂の途中にある家などは、例えば、若いアーチストなどがかなり割安で利用できるような補助制度をつくるといいと思います。若者が集まれば、街に何かが生まれ、何かが生まれ始まると、さらに若者が、人が集まる。訪れた人が対州馬や観光資源に触れ、元気をもらって帰って、また来る・・・・。
そんな流れを考えるのは、浅はかなのでしょうか。

対州馬物語6316

br_decobanner_20110211105601

「対州馬」 記事一覧