アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

対州馬

対州馬の飼養と調教 1

超絶滅危惧種である対州馬の保存と繁栄を願い記事を作成・投稿します。記事内で使用する画像はほとんどがオリジナルですが、馬のことを広く知って頂くために敢えてキャプチャーの画像も含まれることをあらかじめお断りしておきます。

序章

日本在来馬8種の1種で対馬原産の対州馬は、2019年8月現在、すでに「絶滅中」とでも形容できるような状態である。これには種々の理由が存在するが、非常に混み入ってしまうので、この場では割愛する。
馬についての説明は非常に退屈なものであるし、他にも多く述べられてるので、はじめにいかにして私が対州馬を飼いたいと思い、それを実践していったかをなるべく時系列に沿って述べていきたい。

140240

1980310_731513543555534_1068205092_o

littleHP


「なぜ 対州馬を飼いたいと思うようになったか」

1963年(昭和38年)に長崎市で出生し生まれ育った私だが、対州馬に興味を持ったのは恐ろしく後にあってからである。
いや、正確に言うと「馬」そのものにも特に興味はなく、「対州馬が好きになったから、馬を好きになった」ということである。
だから多くの乗馬をされる方、馬好きな方とは最終的な価値基準は一致することが多いが、多少の違和感はどうしてもぬぐい切れない場合もある。だから、競馬ファンとは根本的な馬に対する価値観が違うと言っても過言ではない。
私の場合、ベースにあるのは郷土長崎の戦後復興の一役を担った不思議な因縁のある馬というものなのである。

対州馬との運命的な出会いは、仕事がきっかけで訪れた大村市のカフェであった。
そこにいた牝の対州馬は馬というより、むしろ犬に近いような感じであった。
それまで目にしてきた馬たちというのは、近寄っていっても、そのまま草をはんでいるか、何も反応しないというイメージが強かった。
しかしその馬は明らかにこちらに興味を持ち、ずっとこちらを伺いながらもじもじしている。しばらくして名前を呼んでみると、もじもじしながらも少しずつ近寄ってきた。そしてその後はべったりと甘えて私の洋服をはぐはぐしたり、といった感じ。すっかりその愛らしさにやられてしまった。こうして、私と対州馬との決定的な「縁」が出来上がった。
『対州馬は長崎市に気の遠くなるほど存在する坂段や狭いスロープを荷物を背負って働いていた馬』。
そこから私の対州馬に対する熱烈な思いはつのる一方で、ついには飼養することになる。

IMG_1835

対州馬の警察騎馬隊登場

「地域の中で、役に立つ」・・・こういうのを対州馬は、きっとよくわかると思いますので、心なしか、画像に見られる馬の表情もいい顔になっていますね。今年も、対馬では、対州馬が活躍する姿が多く見られそうで、楽しみです・・・。
kibakeisatsu363



br_decobanner_20110211105601

「対州馬」 記事一覧


長崎新聞連載~「対州馬物語」⑥

文中にある湯布院の観光カリスマ?氏の言葉につきる・・・と思います。しかし、こういうことは、実際に肌で感じないと意味がないことでしょう。
「新たな役割」という方向だけで考えていくのは、もはや苦しいような気もします。
島農高教諭の案は、何か新しい案は?ということで、半ば「奇策」として出したものでしょうが、正直言って、この記事を見て写真に写ってる高校生たちが「ドンびき」しなかったか?!・・・ということだけが気にかかります。

私はかつてその土地にあった役割、すなわち長崎市内であれば、実際に荷物を背負って坂道を上る・・・ということを今後の実情に合わせて再びやっていけばいいのでは、と思っています。ちょっといやらしい発想かもしれませんが、それが今後の貴重な観光資源となる可能性が大きいと思うのです。
坂の途中にある家などは、例えば、若いアーチストなどがかなり割安で利用できるような補助制度をつくるといいと思います。若者が集まれば、街に何かが生まれ、何かが生まれ始まると、さらに若者が、人が集まる。訪れた人が対州馬や観光資源に触れ、元気をもらって帰って、また来る・・・・。
そんな流れを考えるのは、浅はかなのでしょうか。

対州馬物語6316

br_decobanner_20110211105601

「対州馬」 記事一覧


長崎新聞連載~「対州馬物語」⑤

記事の中の言葉にあらためて、驚いてしまいます。例えば、「・・・(対州馬が)時には200㎏を超す荷物を背に、炎天下の日も寒さの日も、坂道を上っては下った・・・」というくだり。私はまぁ足は丈夫な方だと思いますが、長崎の坂道を上るだけで、息があがります。それを200㎏背負ってとは・・・。
ちなみに炭鉱の坑道の中でも石炭を運んでいた対州馬ですが、坑道の中は40℃以上で湿度が95%前後。この中で想像を絶する重さの炭がん(炭車)や坑木などの資材を運んだわけです。しかも馬たちは人と違って死ぬまで坑内で働くことを余儀なくされました。こういう悲惨な歴史の裏側にあるのも、人に従順で穏やかな気質の対州馬ならではのことと思えば、尚更哀れに思われます。
また、炭鉱のあった鉱業所での作業というのは、比較的安全で楽?と言われた坑外作業でさえ、80~120㎏の坑木や鉄柱、酸素ボンベなどを屈強の男だけでなく、パートのおばちゃんのような女性まで担いでいたそうです。(おっと、この記事のカテゴリーは炭鉱ではなく対州馬でした!)

こういう健気にがんばる馬たちが40頭前後も歩いている街、それはきっと希望に溢れるやさしい街だったことでしょう。たとえ貧しい街であっても、私はそういう街を夢見ます。
対州馬物語5315

br_decobanner_20110211105601

「対州馬」 記事一覧

長崎新聞連載~「対州馬物語」④

読むと胃が痛くなる?ような内容ですが、このシビアな記事こそがリアルなのですね。
対州馬に活用方がないのだとすれば、逆説的に言うと、長崎にある近代化産業遺構なども無用の長物ということになりはしないか・・と思うのですが。

軍艦島のガイドをしているときに、帰りの船の上で、島根から来たという青年と立ち話をしたことがありました。私が「島根、いいところだね。ぜひ行ってみたい」と言うと、青年は「いやぁ、長崎みたいに街にいろいろなものがないですよ」と言っていました。彼が何時間もかけて長崎へ旅してきたのは、何か目新しいハコ物を目指してきたのではなく、「軍艦島に残る炭鉱時代の面影」みたいなものを追って来たわけです。
今なぜ、近代化産業遺産や炭鉱跡に注目が集まり、それが訪れる人々にとってどういった意味合いがあるか・・ということを考えてみれば、それこそ対州馬は、これほど活用の道にあふれた存在はないと思うのですが・・・。
対州馬物語4313

br_decobanner_20110211105601

「対州馬」 記事一覧






プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。29年 あさひ日本語学校・校長職を兼任。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。









荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



記事検索
☆ FaceBook ☆