アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

大黒恵美須市場

「夏の子ども ~ 長崎・大黒恵美須市場にて」

このような夏の光景は、もう見られることもありません・・・
1215(2)


「大黒・恵美須市場」は今年で約50年。他の多くの市場と同じく、戦後ようやく戦禍・原爆禍から立ち直っていった頃にできた市場です。
元々長崎市中心部では、焼け跡にポツリポツリと立っていったバラックのお店から少しずつ市場を形づくっていった場所も少なくないと思いますが、この大黒・恵美須市場は元々今のJR長崎駅あたりにあった市場が、長崎市との契約によって小さな川の暗渠上に移ったものです。しかし、その後50年、暗渠部のコンクリートの劣化が進んだとして、市側はこれ以上の契約の更新をしないと市場に通告。結果、来年2012年の3月末を持って、この「長崎の復興の象徴」とも言うべき市場は解体・撤去されます。

このイラストは、たまたま仕事でお世話になった方のご両親が大黒・恵美須市場内で鮮魚店を営まれており、すごくお世話になったお礼として、また私の著「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」の原画プリント展を現在も尚快く了承してくださっている同市場の共同組合さんへの感謝を込めて描かせてもらったものです。


今日2011年12月30日、その鮮魚店さんが閉店されるという前日。「お疲れ様でした」という言葉を伝えるのと、お正月の買い物のために市場に行きました。
やはり変わらぬ笑顔で迎えていただきました。きっと来年も再来年も年の暮れになると、今日の日を思い出すと思います・・・

皆様もぜひ「戦後長崎の復興のシンボル」でもある、この市場と最後まで笑顔と感謝で商いをされている市場の方々に会いにきてください!

昔は人であふれ、通行するのもままならなかったとのこと。その頃とは比べようもありませんが、それでもこの日はやはり「正月を迎える」という活気、空気感が市場内に満ちていました。
DSCF6004

お店を始められて47年。私の人生とほぼ一緒です。それはそれは長い年月ですね。好況、不況、大水害・・・いろんな長崎の歴史とともに商いをされてきたわけです。
DSCF6002

周りが1つ、また1つとシャッターを降ろす中でも明るく気丈に頑張ってこられた、ということをしっかりと見届けさせていただきました。 本当にお疲れ様でした。
DSCF6003

市場でのご商売も明日一日ですが、よいお年をお迎えください・・・
お顔を見れないのはさびしいですが、作品を展示させてもらっている者として、来年からもちょくちょくこの市場に寄らせてもらい、ディスプレイを少し変えながら市場の最後の日もちゃんと見届けたいと思っています。
DSCF6005


「長崎の街で・・・」 記事一覧




人気ブログランキングへ

長崎新聞 「大黒恵美須市場物語」⑥⑦

このシリーズ記事を読んで、あらためて「ヒトが生きるということ、その生活の場所、土地とは何なのか」ということを考えさせられます。
daikoku608




続きを読む

長崎新聞 「大黒恵美須市場物語」①②

「暗渠」の上に立っている不法建築として立ち退きを迫られている大黒・恵美須市場。
法的には、100%行政の言い分が正しいのでしょう。
しかし、ここ数年、路上販売のおばさん達を閉め出したり、被爆校舎や歴史的建造物を簡単に取り壊している、今の行政の在り方は、「血が通った」やり方をしているとは、到底思えません。
数日前、長崎市長さんが、約100万円の給料をもらっていることへの追求がされているという記事を読みましたが、今不況にあえいでいる多くの市民とは、かけ離れた次元に生きているのだな・・・と溜息が出ました。そういう事実を見ても、行政の、「暗渠の上のコンクリートが老朽化して危ないから」という説得の言葉は、市場に生活する人達の身を案じてのことではないことが、明らかなのが、さびしいです・・・
daikoku600
彼こそが、長崎ん諒馬!!ですたいね・・・・

ただ、長崎新聞が、こういう特集を組んで、こういう写真を撮った・・・ということに対し、心の中で拍手を送りました。この記事の中にある写真こそが、「長崎」なのだ・・・!と。
(クリックで拡大表示されます)
daikoku601

数年前に撮った同市場です。
DSC01000

七夕飾りが見えるので、夏ですね。
DSC01001





br_decobanner_20110211105601
記事検索


プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。









荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



☆ FaceBook ☆