アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

大瀬五尺層

佐々町~住友芳ノ浦炭鉱跡をたずねて

佐々町、芳の浦。この地に最初の坑口が開けられたのは明治10年。
厳密に言うと、佐賀出身の御厨儀八が鉱長をつとめた芳の浦炭鉱と明治44年に筑豊の高津豊太郎が開坑した佐々炭鉱の2坑がありました。
後に前者は廃坑となり、後者も赤字経営に苦しんだ末、昭和4年に住友合名会社に売却されました。様々な変遷の後、住友石炭鉱業に経営を移されたのが昭和17年のことでした。
(芳ノ浦炭鉱という名称は、後者の高津氏が始めた方を指します)
芳野浦炭鉱066

そこから最盛期を迎え、社宅が次々と増え、興風館という名の映画館や病院、2個所の共同浴場も建てられました。現在、西町、東町という地名が残っていますが、その辺り一帯が広大な炭鉱街、言うならば住友の街だったわけです。
下↓は昭和17年頃、芳の浦の朝市の賑わう様子と炭鉱住宅街です。
芳ノ浦朝市032

芳ノ浦炭鉱住宅033

これから坑内に向かう人車を写したものです。昭和21年の終戦時がもっとも華やかな頃で、鉱員数は1,000名を越え、4,000人もの人々がこの地で暮らしていました。
今の人に、「昭和30年くらいまでは、長崎は九州で1,2を争う、繁栄した県だった!」・・・と言っても、まず信じてもらえないでしょう・・・。
佐々住友芳ノ浦030

主に採掘していたのは、大瀬五尺層という炭層です。北松地方・最大の炭層で、その名の通り、厚みは五尺(約1.5m)あります。それでも大人の男子だと、少し前屈みにならなければならなかったはずで、北松の炭層がいかに薄かったがわかります。松浦三尺層などは1mにも満たない厚みしかありませんでした。こういった場所ではかがんだり、時には寝ころんだまま作業をしなければなりませんでした。
佐々住友芳ノ浦2031

現在の西町付近です。すっかり景色も変わってしまいましたが、まだ所々には、炭鉱住宅の造りの住宅も見えるようです。
DSCF4585

そして商店街です。さすがにお店の数はかなり減っているように思いますが、それでも往時をしのぶ空気感は十分に残っています。
DSCF4502

「長崎カステラ」の看板の見える製菓店さんで、ちょっと炭鉱時代のお話を聞けました。ちょうど自分と同じくらいのお子さんがいるということで、いろいろと話がはずみました。
カステラが美味しそうなので、買ってみると、しっとりして実においしいカステラでした!ぜひ、お勧めです!
井筒屋菓子店   857-0361
長崎県北松浦郡佐々町小浦免930  0956-62-2550 DSCF4510

商店街のすぐ近くには、住友芳ノ浦鉱の記念碑が立っています。
旧字体で刻まれています。
町の外れにあり、訪れる人もいないようです。しかし、これでも、こういう碑がたっているだけましな方で、他の中小鉱などは、何も目印となるものが残っていないため、場所すらも特定できない状態であるのがほとんどとなっています。
DSCF4511

そのそばに残っているコンクリートの台座です。用途ははっきりわかりませんでした。
DSCF4514

碑の側の、古い石積みです。苔むした色合いが、時の流れを感じさせます・・・。
DSCF4512

長崎市の人が、三菱のことを、「三菱さん」と言うように、今でもこの地区に古くから住んでいる方は、住友のことを「住友さん」と呼ぶような感覚が残っているようです。

町並みはどんなに変わっても、ヒトのココロはそう簡単には変わらないのだ・・・と実感しました。


br_decobanner_20110211171247

「佐世保・北松炭田にあった炭鉱」 記事一覧


(説明のためにやむなく資料を引用させて頂いております。目的は、かつてこの地で暮らされていたご家族の記憶を辿る、一助になればという思いによるものです。ご了承のほどお願い致します。今後は現代の世相を鑑みて、ブログとしてのコンプライアンスをより重視してのぞみたいと考えております。2016年7月

小佐々町~栄の島炭鉱

現佐世保市・小佐々町にある栄(え)の島炭鉱跡です。ご覧のように陸地からすぐ近くに見えていますが、島なのでこれ以上近づくことができず、対岸から眺めるばかりです。
それゆえ、小さな島ですが、炭坑時代の施設の遺構などもけっこう残されているようです。(下部、yahoo地図参照)
軍艦島もそうでしたが、炭鉱の島、特に閉山後無人となった小島は、後の利用方もないし、壊すにもお金がかかるので、そのまま放置されているというわけです。けっして保存しているわけではありません。
逆に言うなら、これだけの施設が残されているのであれば、学習も兼ねた観光スポットになるのではないでしょうか? yahoo地図で見る限り、海岸には石炭がそのまま堆積しているようですし、「石炭」「炭鉱」をコンパクトに学習するには、うってつけの場所だと思うのですが・・・。
永ノ島炭鉱

そして、この栄の島炭鉱、名前とは裏腹に、栄えることなく短命に終わった炭鉱でした。

明治30年頃、坂田という人物が採掘権を獲得し、同36年に斜坑開削に着手し、大阪汽船(株)の出資を得て陸地部の採炭を行いましたが、同39年には閉鎖しています。
その後は、この辺り一帯が軍の要塞地帯に編入されたため、再開できないという状態が長く続きました。
昭和31年にいたって、栗山栄という人物が鉱区を譲り受け、旧坑を再開し、同32年から採炭を開始しました。深部にある大瀬五尺層(おおせごしゃくそう)開発のために、34年から傾斜20度の本坑を別に掘進しましたが、あと45mで着炭(炭層に辿り着く)というところで、37年1月に送電線が塩害により停電事故を起こして水没し、(排水ポンプが停止した)事業停止に追い込まれています。
昭和39年に福岡・丸二商会の協力で事業を再開し、40年7月に待望の大瀬五尺層に到達し、採炭を始めましたが、予期せぬ断層(石炭の層が途切れた場所)に遭遇し、42年に遂に事業停止の決定に至っています。

昭和になって石炭が上がってきたのは、わずか2年あまりですが、30年~40年頃は、この辺りも多くの人の暮らしがあり、賑わったことでしょう。
今では、この辺りを訪れるのも、釣り人だけになってしまいましたが・・・。
永ノ島炭鉱2



「佐世保・北松炭田にあった炭鉱」 記事一覧



プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。29年 あさひ日本語学校・校長職を兼任。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。









荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



記事検索
☆ FaceBook ☆