アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

カテゴリ別もくじ

「対州馬」 記事一覧


大村のカフェ「waranaya」の対州馬、サトコ
『 サトコ ~消え行く対州馬~ 』
対馬市上県町で対州馬についてのセミナーと触れ合い体験
佐世保・石岳動植物園での対州馬フェア
対馬初午祭で「馬とばせ」開催さる
仕事帰りに対州馬に会う・・・
長崎新聞連載~「対州馬物語」①
長崎新聞連載~「対州馬物語」②
長崎新聞連載~「対州馬物語」③
長崎新聞連載~「対州馬物語」④
長崎新聞連載~「対州馬物語」⑤
長崎新聞連載~「対州馬物語」⑥
長崎新聞連載~「対州馬物語」⑦完
対州馬の警察騎馬隊登場
対州馬のいるカフェ 「 WARANAYA 」
西日本新聞・「宝を未来へ~対州馬物語」①
西日本新聞・「宝を未来へ~対州馬物語」②
西日本新聞・「宝を未来へ~対州馬物語」③~⑥
対州馬が坂道を登る街
対州馬・サトコのカフェで、「東日本大震災」について話す・・・
長崎市で最後の対州馬使いだった馬方さんを訪ねる
うまい!を明日へ!プロジェクト~対州馬が育つ対馬の環境保全活動に!
主を待ち続ける ~ 対州馬の厩舎
「やさしき木曽馬」にもう一度、長崎の坂の町を歩いてもらおう!
「 長崎の坂道で、対州馬の荷運び再現プロジェクト 」 長崎対州馬応援団
「 長崎の坂道で、対州馬の荷運び再現プロジェクト 」 レポート   (2012.3.10)
長崎市で荷運びをしていた最後の馬は、「やさしい木曽馬」
世界新三大夜景のひとつである長崎の夜景の礎は、対州馬と人がつくった
民俗学者・宮本 常一さんと対州馬


「軍艦島・西彼炭田の炭鉱」 記事一覧


池島へ
「軍艦島~棄てられた島の風景」
何故こんなにも「端島」へ惹かれるのか・・・
香焼島に残された炭鉱住宅
九州大学名誉教授・森 祐行さんの「青空博物研修圏」構想
そもそも「軍艦島」というイメージ
「軍艦島実測資料集」
「1972青春軍艦島」
31号棟
防潮階
『 軍艦島のくぼみと防波棟31号棟 』
「 竪坑櫓 」
「 人口擁壁 (じんこうようへき) と二隻の軍艦島?」
軍艦島の設計
端島小中学校同窓会、軍艦島に上陸
炭鉱で賑わった島、高島を歩く
第2ながさき
軍艦島への上陸がなぜ難しいか
長崎で最後まで採炭した島~池島へ行こう
九州最後の炭鉱「池島炭鉱」炭鉱体験のススメ
軍艦島になり損ねた島 ~ 中ノ島
日鉄 伊王島炭鉱跡 その1
日鉄 伊王島炭鉱跡 その2
松島炭鉱大島鉱業所跡 ~ その①鉱業所
松島炭鉱大島鉱業所跡 ~ その②ほぼ完璧に残っている炭鉱住宅!
松島炭鉱大島鉱業所跡 ~ その③浜町炭鉱住宅街周辺
松島炭鉱大島鉱業所跡 ~ その④間瀬商店街・蛤住宅その他軍艦島の学校
軍艦島 ~ 65号棟と端島幼稚園・保育園
軍艦島 ~ 日給社宅
軍艦島 ~ 階段・通路など
軍艦島 ~ 日本最古の鉄筋コンクリート建築・30号棟
軍艦島に生まれ育った方にお話しを聞く
香焼(こうやぎ)炭鉱 ~ 長崎市香焼町
三菱横島炭鉱 ~ 長崎市香焼町
松島炭鉱 ~ 西海市大瀬戸町松島
三菱崎戸炭鉱 ① ~ 西海市崎戸町
三菱崎戸炭鉱 ② ~ 西海市崎戸町
三菱崎戸炭鉱 ③ ~ 西海市崎戸町
軍艦島の基礎づくりを支えた、肥後の石工の技術とそのルーツ
ほぼ完璧に現存する炭鉱、池島の「ステップUP池島まつり」に行こう!
ほぼ完璧に現存する炭鉱の島 池島の風景①
映画「 家族 」の中に見る、日鉄伊王島炭鉱
軍艦島の灯
昭和49年放送 「ともだちのうた~軍艦島閉山~」 に見る鉱員さん家族の離島

「佐世保・北松炭田にあった炭鉱」 記事一覧


北松浦郡佐々町にあった報国炭鉱
炭鉱町として賑わった頃・・・鹿町町・加勢地区
江迎町に潜龍・江迎炭鉱跡をたずねる
鹿町町に御堂炭鉱跡をたずねる
小佐々町・西川内炭鉱の遺構か・・・・
小佐々町・矢岳炭鉱ホッパー跡
「空の大怪獣ラドン」のロケ地だった鹿町炭鉱
小佐々町~栄の島炭鉱
佐々町~住友芳ノ浦炭鉱跡をたずねて
吉井町~日鉄北松鉱業所御橋炭鉱
佐々町~日鉄神田炭鉱跡
北松浦郡佐々町~江里炭鉱
住友 潜龍炭鉱で栄えた 吉井町・松原地区
佐世保・紋珠岳炭鉱跡
名水処をつくった?~瀬戸岳炭鉱跡
日鉄 池野炭鉱
佐世保炭鉱跡
松浦鉄道 中里駅と中里炭鉱
日窒 江迎炭鉱
徳義炭鉱跡 ~ 松浦市福島町
中興鉱業 福島炭鉱 ~ 松浦市福島町
松浦炭鉱(飯野炭鉱) ~ 佐世保市世知原町①
松浦炭鉱(飯野炭鉱) ~ 佐世保市世知原町②
松浦炭鉱(飯野炭鉱) ~ 佐世保市世知原町③
扇平炭鉱と鉄原三協炭鉱 ~ 佐世保市
小浦炭鉱 ~ 北松浦郡佐々町
里山炭鉱 ~ 北松浦郡佐々町
日野炭鉱 ~ 佐世保市
北松炭田の理想郷と謳われた報国炭鉱 ~ 北松浦郡佐々町
そこに炭都があった ~ 日鉄池野炭鉱 / 佐世保市
巨大!?竪坑櫓 ~ 日鉄池野炭鉱、みたび
映画「にあんちゃん」のロケ地としても知られる鯛の鼻炭鉱
西川内炭鉱 ~ 佐世保市(旧・北松浦郡) 小佐々町
不動炭鉱 ~ 佐世保市木風町
湧き水との戦いの連続であった岳下炭鉱 ~ 小佐々町
スコップに刻みつけた我が子への思い~中興鉱業江口炭鉱
どこへ行ってしまったのだろう?・・・たまたま残されていた白山炭鉱住宅
真木氏が拓いた古鉱 ~ 松浦市調川町・大平炭鉱
小佐々町最後の炭鉱 ~ 小佐々町・大平炭鉱
最後に良き鉱主と巡り会った、佐々町 佐々炭鉱
埋め立てボタの上で健児が学ぶ ~ 松浦市 今福町 榎山炭鉱
一時、鉱員さん達による自立経営もなされた福井炭鉱(吉福炭鉱) ~ 佐世保市吉井町
「にあんちゃん」の杵島炭鉱大鶴鉱業所(佐賀県唐津市)
飛島炭鉱へゆく ①  (松浦市今福町)
飛島炭鉱へゆく ②  (松浦市今福町)
飛島炭鉱へゆく ③  (松浦市今福町)
今や文化の拠点となった ~ 鹿町町・日鉄本ヶ浦坑
巨大ホッパーがその証し ~ 日鉄矢岳炭鉱・畑崎住宅
山口村時代からの古坑 ~ 日炭 相ノ浦炭鉱
佐世保港と街の灯を望んだヤマ ~ 新港炭鉱
度重なる水害と闘った ~ 山住炭鉱(現・佐世保市)
清流・上矢岳川のほとりにあった、深浦炭鉱(旧北松・小佐々町)
長崎県北松浦郡鹿町町立神林小学校の思い出
石切り場とともに賑わったヤマ~肥前大里炭鉱/佐世保市白岳町
郷土誌にも載らない ~ 小佐々町・日鉄小佐々炭鉱
ボタ山を見上げた学び舎 ~ 小佐々町・楠栖小学校旧校舎跡
賑わった炭鉱町の記憶 ~ 小佐々町・日鉄矢岳炭鉱社宅跡地
未曾有の炭界不況から復活を果たした ~ 新深江炭鉱(旧北松浦郡鹿町町)
残された、ただ1棟の社宅 ~ 鹿町町・大石炭鉱
「鹿町炭鉱」の名を最初に冠した ~ 日鉄鹿町二坑(八尺炭鉱)
鹿町工業高校は、熱き鉱業人のスピリットを受け継ぐ
最先端の設備を備え、賑わったヤマ ~ 鹿町町 神林炭鉱
蒼い山の高台に、自治の花開いたヤマ ~ 吉井町・宏安炭鉱
昭和初期に栄えた炭鉱町 ~ 佐々町・芳野浦鉱 再訪
追悼 今も地の底に眠る想い ~ 日鉄池野鉱出水事故の手記より
当時の面影を求め、日鉄鹿町鉱跡を歩く その① 鉱業所(鹿町町)
当時の面影を求め、日鉄鹿町鉱跡を歩く その② 住宅地など周辺(鹿町町)
報国炭鉱や江里炭鉱など北松炭田の坑内外を映した動画をも収録する「佐々町 町制70年記念DVD」は貴重かつ秀逸なアーカイブ
佐々炭鉱再訪 ~ 山間に暮らしの跡を探して
映画「空の大怪獣ラドン」の中に見る、日鉄鹿町炭鉱・再編

記事検索


プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。











荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



☆ FaceBook ☆