アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

被爆のこと・遺構・建造物

本格的な本土空襲は長崎を含む九州北西部の工業地帯・軍事基地より始まった

のどかな長崎港と街の風景。その中にぽつんと見える「長崎市のランドマークで、また貴重な歴史の証言者(シンボル)」・・・・。
何だかわかりますでしょうか?
DSC_0118

それは三菱長崎造船所の150トン・ハンマーヘッド型クレーン(起重機)です。
スコットランド、マザーウェル・ブリッジ社製のこのクレーンは明治42年に設置され、明治・大正・昭和・平成と4つの時代をまたぎ、今も尚現役として働いています。
そして何より度重なる空襲と原爆とをくぐりぬけて、ここに立ち続けています。
IMG_0600

長崎では原爆により被害が甚大であった為、あまり語られる機会もありませんが、戦時中は三菱をはじめとする軍需工場や工廠も多く、佐世保海軍鎮守府や大村海軍航空隊など大陸方面への前線基地も多かったことから原爆投下以前の空襲も多くありました。

本土への空襲が始まった昭和19年春のアメリカ軍の爆撃機拠点は中国・四川省の成都であり、航続距離の問題から爆撃機が到達できるぎりぎりである九州北西部がそのターゲットとなった為です。
ma4032


19年6月16日北九州の八幡製鉄所を攻撃目標として始まった空襲は、以後

7月8日   長崎佐世保大村諫早
8月5日   福岡、小倉
8月10日  諫早
8月11日  長崎、島根、小倉、八幡
8月20日  長崎佐世保大村、小倉、八幡
8月21日  小倉、八幡(八幡製鉄所) 
10月25日 大村(大村海軍航空廠)、長崎佐世保
11月11日 大村(大村海軍航空廠)、長崎佐世保福岡、尾道
11月21日 大村(大村海軍航空廠)、大牟田、熊本、佐賀

と続いています。
大陸に近いがゆえに前線基地として渡洋爆撃の攻撃拠点となった長崎の基地はまた、その近さゆえ爆撃のターゲットとなったというわけなのですね。
その後、アメリカ軍の爆撃機基地は、サイパン、テニアンなどのマリアナ諸島に移り、東京、大阪、名古屋をはじめ日本全国の都市への空襲が開始されます。(画像は1944.10/25 B-29により爆撃を受ける大村海軍航空廠)
ma4033

また昭和19年の爆撃は軍事施設や軍需工場などのピン・ポイント爆撃であったのに対し、翌20年からは「M69焼夷弾」による無差別爆撃へと変わりました。いわゆる「焦土作戦」の始まりですね。(アメリカ軍が初めて行ったことではありませんが)
続きを読む

被爆直後に撮られた、防空壕の「ラッキー・ガール」は、まったくの創作写真だった


私がまだ幼い時に、この写真を見た印象は、「防空壕に入っていて、よかったぁ!・・と嬉しいんだね」というものでした。でも、やっぱりこの写真は数ある被爆写真の中では、それ以上の印象の無い写真でしかありませんでした。
この写真は、当時西部軍報道部カメラマンであった山端 庸介氏によって、原爆被爆の翌日1945年8月10日朝に撮られたもので、アメリカの雑誌「ライフ」にて、「ラッキー・ガール」というキャプション付きで掲載されたものです。
ma4672

山端氏もこの写真について、
『中町天主堂付近の、自宅前道路に作った防空壕に避難して助かった少女。原爆の印象は強烈な閃光と凄まじい爆風の音であった。それよりも助かったよろこびの方が強く、撮影する私に元気に話しかけてきた。』と説明を加えていました。

しかし、この写真も、この女性の微笑みも実はまったくの演出でした。
しかも多くの人に印象を与えた「ラッキーガール」というイメージとは、まったく異なる人生を、この女性はこの時背負わされていたことを、おそらく殆どの人が知りません・・・。

続きを読む

厳冬期のさなか、吹きさらしの被爆校舎で授業を続けた ~ 山里小学校旧校舎

原爆・爆心地より700mの場所にあった山里国民学校は同じく500mにあった城山国民学校とともに、爆心地に近い国民学校として壊滅的な被害を受けましたが、鉄筋コンクリート造であったため、かろうじて外形を保ち、その後修復などされ、再び校舎として使用されました。(画像右上が山里校。周りのものが全てなくなっています)
山里と盲学校478


ひと口にそうは言っても授業を再開するまでには困難な道のりがあり、再開してからも、その有様というものは大変なものでした。特に冬の厳寒期に、ガラスさえもはまっていない被災校舎で授業を行ったことについては想像できないような苦難もあったようです。
gunkanjima305

当時山里校にいて生き延びた教員林 英之さんと六年生であった生徒達によって平成2年に発刊された被爆体験記「思い出新たに」の中には、林さんが記録していた当時の授業の様子が記載されています・・・

続きを読む

当時の原子野を彷彿させる被爆建築物 ~ 長崎医科大学・ゲストハウス

被爆した建物として人々に最もよく知られているのは、平成12年の夏に文化財登録の話が持ち上がった「城山小学校(旧城山国民学校)の被爆校舎だと思いますが、外側はご覧のようにかなり補強・補修され、当時の質感は想像しにくいものとなっています。多くの生徒が通う敷地にあり、資料館となっている内部には多くの見学者が訪れる場所ですので、いたしかたないとは思いますが。
22c51fe6

被爆後、昭和33年まで残されていた浦上天主堂の被爆遺構も解体・撤去され、一部が原爆資料館の中へと移されましたが、薄暗い屋内に展示されていることもあり、原爆の実相をうかがわせる遺構という感じでもないような気がします。
IMG_0132

そんな中にあって、長崎医科大学(現長崎大学医学部)キャンパスに残されているゲストハウス(戦時中は配電室として使用)は、崩落の危険も少ないためか、被爆時の壁や柱が大きな補修もされずに残っています。つまりその部分は、現在も私たちが見ることのできる、放射能・爆風・熱線という強烈なダメージを受けた建物の色と質感そのもの(コンクリート)と言えるのではないでしょうか。
IMG_0122

爆心地から約600mという至近距離にありながら、これだけの形を平成24年の取材時にも保っており、かなり堅牢な造りであったことがわかります。しかし、下の写真で周りに何も残っていないのを見てもわかるように、医科大学の建物群は強烈な爆風によって叩き潰され、続いて熱線により発生した火災により焼き尽くされました。特に主要建築物76棟のうち65棟が木造であり、中で講義を受けていた学生達は逃げるいとまも無く、この地で無念の死を遂げています。
焼け跡からは教官は教壇上で、学生たちは座ったままの姿勢という姿の遺骨が発見されたといいます。
医科大学に併設されていた病院が鉄筋コンクリート造でなかったならば、その中にいた永井 隆博士も角尾学長も即死していたことは、まちがいありません。
IMG_0123

続きを読む

被爆時、時津町の主要な救護所のひとつであった ~ 万行寺

西彼杵郡時津町浜田郷にある万行寺(萬行寺)。
今では静かなこの寺が、原爆・被爆後に瀕死の被爆者たちで埋め尽くされたことを知る人もかなり少なくなったのではないでしょうか。
私がこの寺のことを初めて知ったのは、中学生の時。或る夏の夜にラジオを聴いていると、ドキュメンタリー番組の中でこの寺が紹介され、涙ながらに当時を語る女性のすすり泣く声がずっと胸の奥に焼きついていました。
img214

被爆した人たちで何とか自分でなんとか動ける人や救助にあたった人たちは、当然爆心から遠い方向、そして病院があった場所へと向かいましたが、長崎医科大学病院や浦上第一病院などの主要病院が壊滅状態となっていたために、その後周囲の時津町や長与町へ向かった人が多かったようです。特に時津町は病院の数が多いということを知る人もいて、多くの被爆者が運ばれました。しかし当然ながら各病院では到底収容しきれず、時津国民学校や青年学校、そしてこの万行寺が臨時救護所となりました。
IMG_0064


続きを読む
記事検索


プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。









荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



☆ FaceBook ☆