アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

被爆のこと・遺構・建造物

原爆投下は、戦争の「狂気」が為した「殺傷力のデータを得る為の人体実験」のようなもの

標題は偏った見方を連想されるかもしれません。しかし、長崎に生まれ育ち、そろそろ人生の幕引きを意識しだした今、ひとつの結論を示す必要性を感じました。もしかすると、今後この結論は覆るかもしれません。しかし、現在考えうる全神経を集中させた結果たどり着いた文言は標題のようなものでした。
また、このブログを、長崎に修学旅行で来られる中学生の方が、平和学習の参考として読んでくれるということがあるようですので、特にこの記事は「未来を担う中学生に向けて」書きたいと思います。

この夏、何故だか理由はわかりませんが、ふと「731部隊」についての資料映像・書籍をもう一度読み返してみました。「細菌戦部隊」の名のもと、外国人に対し、おぞましい人体実験を行った日本軍同部隊について、森村 誠一は著書「悪魔の飽食」の中で、以下のように著しています。

『 ・・・戦争には、程度の差はあっても兵士を共通の狂気に陥れる麻薬が仕掛けられてある。平時は(普段は)善良なる小市民をして集団発狂せしめる恐るべき”麻薬”というべきである。その麻薬は、戦争目的をすら忘れさせ、戦争によってつくりだされた「無法の自由」下において、平時では絶対に許されない悪逆無道(人の道に外れた、はなはだしい悪事)を楽しませる作用がある。戦争における、人間にもあるまじき非道は、軍が面白半分に行ったと言ってもさしつかえない。つまり、”娯楽のための非道”なのである。』

いくらなんでも原爆投下を「娯楽」とは言いたくないのですが、それでも「人心」を失った「狂気」が行わせたものであり、それは『軍事上必要の無かった科学的実験を興味本位から、「やるなら今しかない、やってしまえ!」とばかりに、行なった行為』と言っても言い過ぎではないだろうと思います。

Atomic_cloud_over_Nagasaki_from_Koyagi-jima

香焼から見た原爆の巨大なキノコ雲。
(本記事内の画像は、すべてwikipediaから引用させてもらっています)続きを読む

ほとんど誰にも知られていない、悲しみの原爆の碑

説明のためにやむなく資料を引用させて頂いております。目的は戦争の悲惨さと平和の尊さを若者や子どもたちに伝えるです。ご了承のほどお願い致します。

長崎市浦上地区にある西町踏み切り。何気ない風景の中を多くの人や車が通りすぎていきます。しかし、この画像の中に「ほとんど誰にも知られていない、悲しみの原爆の碑」があるのです。
IMG_0779

続きを読む

原爆の遺構は、私たちの住んでいる街そのもの

毎年、多くの修学旅行生や外国人ツーリストの方々が長崎原爆資料館や被爆遺構を訪れてくださっているようで、市民として、それは大変うれしいことだと思います。
しかし、皆さんタイトなスケジュールの中での訪問となることが多いせいでしょうか、資料館の展示やパンフレットに記載されている遺構だけが、現在残されているものだと理解されているように思えて仕方ありません。
「広島の原爆ドーム」のようなシンボル的な遺構が長崎には無い分、訪問者には見えづらい点はよく理解できますが、投下後70年以上(2016年現在)経ったとは言え、『 3000℃の熱線、秒速440mの衝撃波、人体を破壊し尽くす放射線 』によって、原子野と化した場所が、そう簡単に姿を隠しきるはずがありません。

下の写真は、原爆投下後の山里小学校と、浦上川に架かる本大橋一帯を写したものです。
(説明のためにやむなく資料を引用させて頂いております。目的は戦争の悲惨さと平和の尊さを広く伝える為です。ご了承のほどお願い致します)
img049

〇で囲んだ部分には、河原に降りるための階段のようなものが写っています。爆心から、この場所までの距離は760mあまり。上記のような熱線や衝撃波、放射線の容赦なく降り注いだ場所ということになります。
img049a

この場所は現在、どのような状況になっているのでしょうか・・・・

続きを読む

深い情愛で結ばれた親子の記憶が保存してある二畳の家 ~ 永井博士親子の如己堂

長崎市名誉市民外一号である、故・永井 隆博士が亡くなる約3年前から親子三人で暮らしていた住居はたった二畳一間の家。・・・長崎に暮らす自分にとっては大いに誇らしいことであるし、その家「如己堂(にょこどう)」を今、未来ある子ども達が修学旅行の傍ら立ち寄って見学している姿というのは、なんともうれしいものです。


その思いは、名誉市民になるような人がこのような謙虚な暮らしをしていたという安堵感からくるものでも、今裕福な暮らしをする人を妬む気持ちの裏返しからくるなどという、ケチくさい了見からでもありません。


この二畳を目の当たりにする時、そこにあふれんばかりの親子の情愛が詰まっていたことを今も尚、しっかりと感じることができ、それは広さや造りの立派さとは無関係であることを再確認させてくれるからなのです。


IMG_0493


如己堂の名の由来となった「如己愛人」の書。これは、新約聖書マルコによる福音書12章31節にある「己の如く人を愛せよ」という言葉からとられています。

img025

続きを読む

今もなお 立ち続ける証言者たち ~ 長崎の被爆樹木に会いにゆく ②


若草町を後にし、今回爆心地よりわずか800mという至近距離にある被爆木を探します。800mという距離はちょうど山王神社の大クスと同じ距離にあたります。
竹の久保町にある引地さん宅の柿の木とカシの木です。引地さん宅は活水学院中・高等学校と長崎西高校のグラウンドの間に位置しています。
カシの木の方は、比較的すんなりと見つけることが出来ました。
IMG_0048

このカシの木は被爆時、中ほどからへし折られたそうなのですが、2年ほど経ってからまた芽吹いたそうです。向かって右側が爆心にあたり、やはりそちら側には枝が伸びきれないのがわかります。
IMG_0049

続きを読む



プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。29年 あさひ日本語学校・校長職を兼任。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。









荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



記事検索
☆ FaceBook ☆