アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

音楽

炭鉱マンたちへのリスペクトから生まれた「ヨイトマケの唄」

wikipediaの言葉をそのまま鵜呑みにするのもなんですが、この「ヨイトマケの唄」を美輪さんが作るきっかけとなったのは、ある炭鉱町の炭鉱マンたちと家族の姿へのリスペクト(敬意)だったようです。

wikipediaによると・・・
『興行主の手違いで炭鉱町の劇場でコンサートをすることになったことに始まる。当時きらびやかな衣装でシャンソンを歌っていた美輪は、炭鉱町でのコンサートに乗り気ではなかったのだが、炭鉱労働者たちが安い賃金をつぎ込んでチケットを求め、客席を埋め尽くしているのを見て衝撃を受け、「これだけ私の歌が聴きたいと集まってくれているのに、私にはこの人たちに歌える歌がない」と感じて、労働者を歌う楽曲を作ることを決意したという』・・・・・・いい話ですね。
miwa

私たちが幼い頃、何か力仕事をする時に、この「父ちゃんのためなら、えーんやこーら・・」というフレーズは、実際よくつかっていました・・・。「ヨイトマケの唄」は誰かをさげすむような唄ではなく、身のまわりに普通にある言葉でした。当時は、額に汗し、リヤカーや自転車に荷物などを積んで、真っ直ぐに働く人が、それこそ大勢いましたので・・・・

同じ九州は、宮崎出身である米良美一さんの唄う「ヨイトマケの唄」も、とてもすばらしいと思います。
米良さんのお母さんもまた、難病を抱えていた米良さんの治療費を捻出するために工事現場で働かれたそうです・・・
(コメントを隠すには、下のメニューバーにある四角い吹き出しをクリックしてください)


「 ヨイトマケの唄 」 作詞作曲 丸山(美輪)明宏

父ちゃんのためなら エンヤコラ
母ちゃんのためなら エンヤコラ
もうひとつおまけに エンヤコラ

今も聞こえるヨイトマケの唄
今も聞こえるあの子守歌

工事現場のひるやすみ
たばこふかして目を閉じりゃ
聞こえてくるよあの唄が
働く土方の あの唄が
貧しい土方の あの唄が

子供の頃に小学校で
ヨイトマケの子供きたない子供と
いじめぬかれてはやされて
くやし涙にくれながら
泣いて帰った道すがら
母ちゃんの働く とこを見た
母ちゃんの働く とこを見た

姉さんかむりで泥にまみれて
日に灼けながら汗を流して
男にまじって綱を引き
天にむかって 声あげて
力の限りに うたってた
母ちゃんの唄こそ世界一
母ちゃんの唄こそ世界一

なぐさめてもらおう 抱いて もらおうと
息をはずませ 帰ってはきたが
母ちゃんの姿  見たときに
泣いた涙も 忘れ果て
帰って行ったよ 学校へ
勉強するよ と言いながら
勉強するよ と言いながら 

あれから何年 経ったことだろう
高校も出たし 大学も出た
今じゃ機械の 世の中で
おまけに僕は エンジニア
苦労 苦労で 死んでった
母ちゃん見てくれ この姿
母ちゃん見てくれ この姿
 
何度か僕も  ぐれかけたけど
やくざな道は 踏まずに済んだ
 
どんな きれいな 唄よりも
どんな きれいな 声よりも
僕を 励まし  なぐさめた
母ちゃんの唄こそ 世界一
母ちゃんの唄こそ 世界一
 
今も聞こえる ヨイトマケの唄
今も聞こえる あの 子守唄

・・・ジャケットに見えるカップリングの「ふるさとの空の下で」という曲もなんだか気になります。聴いてみたいものです・・・。


br_decobanner_20110211105601

昭和38年の空気感をパックした、ジェリー・マリガンの「 Night Lights 」

アメリカのジャズ史上、数少ないバリトン・サックス奏者ジェリー・マリガンが代表作「Night Lights(ナイト・ライツ)」を世に出したのは、1963年。つまり昭和38年でした。
昭和38年のポップスと言えば、なんだか色あせてしまったような気がしますが、この「Night Lights」は、あの時期の古き良き昭和の空気を、そのままパックしたしたような気がして、聴くたびに、その時代の色や音、風の匂いまで蘇ってくるような気がするから不思議です・・・
NL



「Night Lights」・・・「街の灯」を自分の生まれ育った街でイメージするならば、下の梶川清彦さんの版画がぴったりくるような気がします。「灯り」が生活そのものであり、人々が身を寄せ合い、ひたむきに生きていた時代。確かに、それは「懐かしい」感覚です。
1963年は自分の生まれた年であることも、より一層この楽曲に親しみを覚えさせます・・・・
画像


br_decobanner_20110211104502

「明日に架ける橋( Bridge Over Troubled Water )」   唄:リアン・ライムス



LeAnn Rimes


Bridge Over Troubled Water
        「明日に架ける橋」 
P. Simon       訳詞 T.Ejima

 When you're weary  feeling small
 君が疲れきってしまい、どうしようもなくなった時
 
 When tears are in your eyes  I will dry them all
 涙があふれてしょうがない時、僕がその涙をぬぐおう
 
 I'm on your side oh when times get rough
 どんなに辛い時だって 僕は君の側につく
 
 And friends just can't be found
 たとえ友と呼べる人がひとりもいなくなったとしても・・・
 
 Like a bridge over troubled water 
 激流にも架かる橋のような
 
 I will lay me down  
 そんな存在に僕がなろう・・・ 

 When you're down and out
 君がうちのめされた時
 
 When you're on the street
 道の途中で立ちすくむ時
 
 When evening falls so hard
 夕暮れに落ち込みそうな時には・・・
 
 I will comfort you
 僕が君をいやそう

 I'll take your part oh when darkness comes
 痛みばかりが続いて、この世が闇と感じる時には 

 And pain is all around
 僕がそばにいよう
 
 Like a bridge over troubled water
 激流に架かる橋のような

 I will lay me down
 そんな存在に僕がなろう・・・ 
 
 Sail on silvergirl sail on by
 銀髪の少女よ、船出しよう

 Your time has come to shine
 これからが君の輝く時だから

 all your dreams are on their way
 君の持っている夢に向かっていけばいい

 See how they shine oh if you need a friend
 その光に満ちた夢を、わかってくれる友はきっといる 

 I'm sailing right behind
 さぁ 僕が背中を押してやろう

 Like a bridge over troubled water
 激流に架かる橋のように

 I will ease your mind
 僕が君をいやしてやろう・・・

 Like a bridge over troubled water
 激流に架かる橋のように

 I will ease your mind
 僕が君をいやしてやろう・・・



troubled water は、ヒトの状態を表す場合によく使われるようですが、今のこの時期の日本では、様々な響きを持って私たちに、うったえてくるように思います・・・

リアン・ライムス(LeAnn Rimes)の声で聴く、この曲がとても好きです。
ヘボい訳詞で恐縮ですが、歌詞を追いながら聴いていただければ、幸いです・・・。


人気ブログランキングへ

Wednesday morning , 3 AM / Simon & Gerfunkel

多分、サイモンとガーファンクルの「水曜の朝、午前3時」を聴いたのは、兄貴がLP版を買ってきた、小学生の頃だったと思います。

sg

このジャケットを見て、「ふ~ん。午前3時。早いねぇ・・。ニューヨークっていうところは、夜中の3時でも こんな風に地下鉄が走ってるとばい。すごか!」・・・ぐらいにか思っていなかった。
当然英語はわからないし、曲調も軽快なので、「爽やかな、早起きの唄」だろう・・・と勝手にイメージを持ってしまっていたのです。

ところが、しかし。この曲、ご存じの方も多いかと思いますが、曲調とはかけ離れた、とんでもない内容の歌詞となっています。
ネットを探してみても、自分にすっと入ってくる訳詞が見つかりませんでしたので、また無謀ながら、自分で訳詞を書いてみることにしました。




Wednesday Morning, 3 am
Paul Simon 1964



水曜の朝、午前3時
ポール・サイモン

I can here the soft breathing of the girl that I love            
As she lies here beside me asleep with the night
And her hair in a fine mist floats on my pillow
Reflecting the glow of the winter moolight

夜の闇の中で、横で眠っている君の静かな寝息だけが聞こえている
枕の上に波打つ君の髪が、冬の月に照らされて輝いている

She is soft, she is warm,but my heart remains heavy
 And I watch as her breasts gently rise gently fall
For I know with the first light of dawn I'll be leaving
And tonight will be all I have left to recall

君はやわらかく そしてとても あたたかい
でも僕の心は鉛のように重い
なぜなら君の胸が静かに上下するのを見ていても
今夜が二人にとって最後の夜で 夜明けとともに僕は
ここを出ていかなければならないことを知っているから

Oh, what I have done why have I done it
I've committed a crime I've broken the law
For twenty-five dollars and pieces of silver
I held up and robbed a hard Liqur store

まったく 僕はなんてことをやってしまったんだ!なんてことを・・・
僕は罪を犯してしまった 法を破ってしまったのだ
たった25ドルと数枚の銀貨のために
うらぶれた酒屋に強盗にはいるなんて

My life seems unreal my crime an illusion
A scene badly written in which I must play
Yet I know as I gaze at my young love besides me
The morning is just a few hours away

こんなのは嘘だ 僕の犯した罪は幻想だと言ってくれ
僕にしむけられた 悪い芝居のひとコマだと・・・
それでも わかってる
愛する君を見つめる僕に 
もう朝までそれほど時間が残っていないということを・・・


この曲の背景は、わかりませんが、何となくイメージのもととなった事件なり、手記なりがあるような気がしています。
そして何より感じるのは、この曲の中に表されている
「彼女をいとしく思う気持ち」 と 「金欲しさに強盗をやってしまったことに対する罪悪感」
というものは、全ての人の心の中に、常にあるものではないかということです。

金の為にすさみきった心と、人を愛するという豊かな心。ともに、その時代の若者の心情というものをうまく反映させているように思います。
歌詞の中の青年は、心情として十分罪を悔い、償っていると思うのですが、さてこの後朝がきて、どうするのか・・・というのを考えてみるのは、なかなか興味深いことであるように思います・・・




人気ブログランキングへ

本田 路津子さん

ほんだ るつこさん・・・・恥ずかしながら、私はずっと「ろつこ」さんだと思っていました。

この人の声が好きである。昔から。
特に本田さんが歌う「今日の日はさようなら」がいい。

ちょっとwikipediaで調べてみると・・・・

日本の元フォークシンガー、現ゴスペルシンガー。福岡県大牟田市出身。その後、家族(当時両親、妹)と共に、新潟県に転居し、桜美林大学附属高等学校入学と同時に、東京都町田市に単身で転居。その後、桜美林大学に進学。 路津子の名前の由来は、両親がキリスト教徒であったので(本人は結婚するまでキリスト教徒ではなかった)、旧約聖書の「ルツ記(英語ではルース)」に出てくるボアズの誠実な嫁ルツからとったものと言われている。本来のキリスト教での表記は「路律」であるが、路律子ではあまりに難読となるため、路津子にした、とのことである。「路」の字は「路加(るか)(英語ではルーク)(ルカ記)」という読み方でも知られている。

「大牟田」、「カトリック」は私にとって非常に興味をそそられる?キーワードです。加えて、影響を受けたのが、ジョーン・バエズ、ピート・シーガー・・・益々惹かれますね



小学4年の時、6年の兄のクラスのハイキングについていったことがありました。
担任の先生がとてもいい先生で、男子も女子も、みんなで、賑やかに遊んだ最後、みんなで車座になりました。
そこでみんなで歌ったのが、この「今日の日はさようなら」でした。
その時のみんなが、とても自然ないい顔をしていて・・・。きっといい先生だから、こんな風な感じに自然になるんだと、子どもながらに思いました。
その時以来、私にとって「いい先生」とは、その先生であり、そのかすかな後ろ姿を目指して、後に自分も教師になったように思います。

それから時は流れ、その先生は、長崎に原爆が落ちたとき、まだ少女で、自分は無事だったのだけど、まわりに大怪我をした人や、水を求めながら死んでいく人たちを目の当たりにしたのだと、だいぶ後に新聞の「被爆体験」欄で知りました。

子どもたちの信頼を集めながら、平和を求め続ける凛とした芯を持ち続けた、ひとりの先生。
こういう教師像も、今では随分「まぼろし」となってしまったような感があるのがちょっとさびしいです・・・

本田さんのゴスペル、いつかどこかで聴いてみたいです。

記事検索


プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。









荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



☆ FaceBook ☆