アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

対州馬

対州馬の飼養と調教 2「 疝痛(せんつう) 」

「 疝痛(せんつう) 」

IMG_0887

「疝痛」。・・・馬を飼養するものにとって、この言葉ほど恐ろしいものはない。
現に私の大切な馬も、これによって「ある日突然」命を奪われてしまったのだ。
正直に言うと、この記事を書くことですら非常に苦痛を伴う。
馬を所有する喜びのすぐ裏側で、常にこの疝痛という恐怖と向き合っていくことになる。
そして、旅行に行く朝や大事な行事のある朝も、この疝痛という恐れを何日も前から保持することになる。これは、個人で飼養する以上、最も苦痛なことである。よく他人から「馬を飼うのは、大変でしょう?」と言われる。その言葉はまったく持って余計な言葉で面倒くさい言葉なのだが、一応邪険にするのもなんなので、「いや、馬が好きだから毎日馬と関われる時間は楽しいのだ。馬好きとはそういうものなのだ」と返す。
実際、馬が寄ってくる表情を見たり、餌を食べている姿を見るのは一般の人にはわからないだろうが、至福の時なのである。つまり私は馬のおかげで毎日至福の時をもらっていたのだ。だから馬の世話をする時間が一日の中から無くなってしまった時は、楽などではなく、とても辛い時間帯になってしまった。一日全体が空虚なものになってしまっていた。
IMG_1194

続きを読む

対州馬の飼養と調教 1

超絶滅危惧種である対州馬の保存と繁栄を願い記事を作成・投稿します。記事内で使用する画像はほとんどがオリジナルですが、馬のことを広く知って頂くために敢えてキャプチャーの画像も含まれることをあらかじめお断りしておきます。

序章

日本在来馬8種の1種で対馬原産の対州馬は、2019年8月現在、すでに「絶滅中」とでも形容できるような状態である。これには種々の理由が存在するが、非常に混み入ってしまうので、この場では割愛する。
馬についての説明は非常に退屈なものであるし、他にも多く述べられてるので、はじめにいかにして私が対州馬を飼いたいと思い、それを実践していったかをなるべく時系列に沿って述べていきたい。

140240

1980310_731513543555534_1068205092_o

littleHP


「なぜ 対州馬を飼いたいと思うようになったか」

1963年(昭和38年)に長崎市で出生し生まれ育った私だが、対州馬に興味を持ったのは恐ろしく後にあってからである。
いや、正確に言うと「馬」そのものにも特に興味はなく、「対州馬が好きになったから、馬を好きになった」ということである。
だから多くの乗馬をされる方、馬好きな方とは最終的な価値基準は一致することが多いが、多少の違和感はどうしてもぬぐい切れない場合もある。だから、競馬ファンとは根本的な馬に対する価値観が違うと言っても過言ではない。
私の場合、ベースにあるのは郷土長崎の戦後復興の一役を担った不思議な因縁のある馬というものなのである。

対州馬との運命的な出会いは、仕事がきっかけで訪れた大村市のカフェであった。
そこにいた牝の対州馬は馬というより、むしろ犬に近いような感じであった。
それまで目にしてきた馬たちというのは、近寄っていっても、そのまま草をはんでいるか、何も反応しないというイメージが強かった。
しかしその馬は明らかにこちらに興味を持ち、ずっとこちらを伺いながらもじもじしている。しばらくして名前を呼んでみると、もじもじしながらも少しずつ近寄ってきた。そしてその後はべったりと甘えて私の洋服をはぐはぐしたり、といった感じ。すっかりその愛らしさにやられてしまった。こうして、私と対州馬との決定的な「縁」が出来上がった。
『対州馬は長崎市に気の遠くなるほど存在する坂段や狭いスロープを荷物を背負って働いていた馬』。
そこから私の対州馬に対する熱烈な思いはつのる一方で、ついには飼養することになる。

IMG_1835

三井三池炭坑では、坑内馬として対州馬が非常にむごい使われ方をした

昭和初期頃まで、各炭坑の坑道内で使われていたという「坑内馬」。その坑内馬に関する記録はほとんど存在しないのですが、北部九州に炭田が分布していたことと、馬の体格と気質、能力を考えると、対馬産の対州馬が使われないはずは無いとずっと思っていました。

そしてその悪い予感は残念ながら一冊の本、「坑内馬と馬夫と女坑夫」 武松輝男著 創思社出版によって証明されたばかりではなく、その実態たるや身の毛もよだつような残虐かつ悲惨なものであったということが明らかになりました。
img274


『 坑内馬ネー、私はそのときはまだ小さかったんで詳しいことはわからんが、対州馬、対馬の馬ですたいな、それと島原馬を取り扱っていたことは知っとります。背の高さは五寸五寸と言っとりました。四尺五寸のことで、今の寸法で136センチぐらいですたいな。こまぁか馬でしたバイ・・・・ 』
 
これは祖父が坑内馬の売買を生業にしていたという方の証言です。大資本の三井三池炭坑では、昭和の初め頃まで、坑内の石炭運搬に対州馬と島原馬(現在は絶滅)が使われていたということです。

証言には「島原馬」ともありますが、島原馬は馬車などを曳く、割と大きな馬だったと聞いたことがあるので、天井が低く、勾配がある足場の悪い坑内作業を考えると、やはり対州馬が主に使われたのではないでしょうか。


「粗食に耐え、小柄の割に力が強く、性格は温厚で従順」この特質が炭坑にとってはうってつけだったということですね。

何千(或いは何万?)という馬たちは、馬たちは一度坑内に下げられると、二度と地上に上げられることはなく、気温40℃、湿度95%、ガスや細菌の蔓延する、昼も夜もない、季節もない暗闇の中で平均2年あまりという短い年月で、弱り果て、苦しんで苦しみ抜いて死んでいっています。

作業中の状況たるや、悲惨なもので、同書内の表現を借りると、以下のようなものとなります。

『 一頭の馬が一回に運ぶ距離は、片道で307m、これを炭函(車)を曳いて28分費やしている。 10mの距離を1分もかかる。坑内というところは底盤は殆ど岩盤で、しかも凹凸があって平坦な道筋ではない。レールにしても、いま私たちの目の前にあるようなあの頑丈なものでもない。炭車の車輪もベアリングの車軸ではない。 坑道の要所要所に設けられた燈火にしても、今のような昼光色ではない。そういう軌道上を、背丈の低い矮小馬が重たい炭函を、10mを1分も費やしてあえぎあえぎ曳いた。 』

『 坑内はですな。ひらったか道ばかりじゃなか。上がり坂もあるが、下り坂もありますタイ。 上り坂を馬に曳かせて上る時には”ソラー!”チ、馬に気合いバ入れんといかん。 そんとき、手で馬の尻を叩こうもんなら、馬も人も汗ビッショリになっとるもんで、汗が飛び散ってワタシン顔にかかっとデス。そいけん私は竹ヒゴ持っといて、それで馬ン尻バ叩こりました。 馬ン口には白かねばっこか泡ンつこりました。馬はきつかったっでしょナ。 (中略)
馬に曳かせんと、馬方は金にならんもんですケン、少々くたびれとるとわかったっチ、叩いてでん曳かせよりました。ハイ 』

馬たちは、唯一食事だけが楽しみだったと思うのですが、その食料さえ馬夫たちにピンハネされて、ろくに食べられなかったといいます・・・・

平均2年で死んでいくということは、たった数ヶ月で衰弱死したり事故死したりする馬も多かったのでしょう。ならばある一定期間が過ぎたら、地上に上げて回復させれば良いのではないかと思いますが、そういうことはいっさいなく、死ねばその分をまた補充しただけということですから、坑内馬として使われた対州馬たちは、「生き物」としてでなく、「働き手」でもなく、ただの「取り替えの効く消耗品」として扱われたのだということがよくわかります。

人類史上、これほどにむごたらしい動物虐待は他にないかもしれません。



img273

img272


坑内で死んでいった馬たちの分までとは言いませんが、今、絶滅寸前まで追い込まれながらも、健気に生きる対州馬たちには、少しでも季節のものをいろいろと味わわせてやりたいと思うのです・・・・・



2016年現在、長崎市でただ一頭の対州馬、ひん太

2016年現在、長崎市でただ一頭の対州馬、ひん太。但し、「血統書」などは一切ありません。しかし、長年にわたり対州馬を調査・研究しているグループの一人である方から200%?対州馬であると証明していただいている馬です。
そもそも、書類が有るとか無いとか、人の間で言い争っている内にも、「対州馬絶滅」の危機は一歩、また一歩と迫ってきています。そんな論争を長年続けることに、はたして意味があるでしょうか?
もし「対州馬」と呼ぶことに差し支えがあるのなら、「長崎の坂道の荷運び馬」という呼称でも構いはしません。
5bdcf03c

昭和の時代には、車の入らない坂の小径ばかりの長崎市で、最大200㎏もの資材を担いで登っていた荷運び馬の中心的存在であった対州馬。しかし、馬方さんの高齢化やモータリゼーションの影響から、馬方さんも2009年に最後の1業者さんが廃業。対州馬も活用の方向性を失い、現在は絶滅寸前という状況にまで追い込まれてしまっています・・・。(画像はかつて馬搬の仕事をされていた方の写真を撮らせて頂いたものです)
6a36ccfc

対州馬との出会いは、いつだったでしょうか?もちろん長崎市民として、坂道を荷物を背負って歩く馬たちのことは以前から知っていました。しかし、正直なところ、さして興味もありませんでした。
しかし、ある場所で出会った一頭の対州馬、もうおばあちゃんの馬でしたが、この馬にたちまち惹き込まれてしまいました。
最初は名前を呼んでも、モジモジしていたのですが、だんだん近寄ってきて、最後にはまるで犬のように甘えてきたのです。 (画像は、その後の荷運び馬再現イベントの時のもの)
424474_174954525954843_100003208891600_273699_235609286_n
続きを読む

民俗学者・宮本 常一さんと対州馬

私が尊敬してやまない故・民俗学者 宮本 常一さんの著書「 私の日本地図 ⑮ 壱岐・対馬紀行 」。この本との出会いのきっかけとなったのが私の場合、「対州馬」でした。新聞の連載で対州馬の写真資料を探していて目に付いたのがこの本でした。

結局、求めていたような写真資料は得られなったのですが、その文章と宮本さんの人間性・人格の魅力に曳きこまれ、気がつくと愛読書の一冊になっていました。
この書を開く度に、厳原(いずはら)、浅藻(あざも)、豆酘(つつ)、曲(まがり)、千尋藻(ちろも)、名方ヶ浦(なぼがうら)等・・・・と頭の中で宮本さんの足跡を辿る対馬の旅が繰り返されてきました。それから私にとって「対馬」は宮本さんが親しんだ、言わば憧れの地となりました。
ryousyuu229

残念ながら宮本さんが直接、対州馬について述べた文は無いのですが、今回は同書の中から垣間見える、「宮本 常一さんと対州馬」という接点に焦点を絞ってスポットを当ててみました・・・。

続きを読む



プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。29年 あさひ日本語学校・校長職を兼任。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。









荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



記事検索
☆ FaceBook ☆