アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

対州馬

2016年現在、長崎市でただ一頭の対州馬、ひん太

2016年現在、長崎市でただ一頭の対州馬、ひん太。但し、「血統書」などは一切ありません。しかし、長年にわたり対州馬を調査・研究しているグループの一人である方から200%?対州馬であると証明していただいている馬です。
そもそも、書類が有るとか無いとか、人の間で言い争っている内にも、「対州馬絶滅」の危機は一歩、また一歩と迫ってきています。そんな論争を長年続けることに、はたして意味があるでしょうか?
もし「対州馬」と呼ぶことに差し支えがあるのなら、「長崎の坂道の荷運び馬」という呼称でも構いはしません。
5bdcf03c

昭和の時代には、車の入らない坂の小径ばかりの長崎市で、最大200㎏もの資材を担いで登っていた荷運び馬の中心的存在であった対州馬。しかし、馬方さんの高齢化やモータリゼーションの影響から、馬方さんも2009年に最後の1業者さんが廃業。対州馬も活用の方向性を失い、現在は絶滅寸前という状況にまで追い込まれてしまっています・・・。(画像はかつて馬搬の仕事をされていた方の写真を撮らせて頂いたものです)
6a36ccfc

対州馬との出会いは、いつだったでしょうか?もちろん長崎市民として、坂道を荷物を背負って歩く馬たちのことは以前から知っていました。しかし、正直なところ、さして興味もありませんでした。
しかし、ある場所で出会った一頭の対州馬、もうおばあちゃんの馬でしたが、この馬にたちまち惹き込まれてしまいました。
最初は名前を呼んでも、モジモジしていたのですが、だんだん近寄ってきて、最後にはまるで犬のように甘えてきたのです。 (画像は、その後の荷運び馬再現イベントの時のもの)
424474_174954525954843_100003208891600_273699_235609286_n
続きを読む

民俗学者・宮本 常一さんと対州馬

私が尊敬してやまない故・民俗学者 宮本 常一さんの著書「 私の日本地図 ⑮ 壱岐・対馬紀行 」。この本との出会いのきっかけとなったのが私の場合、「対州馬」でした。新聞の連載で対州馬の写真資料を探していて目に付いたのがこの本でした。

結局、求めていたような写真資料は得られなったのですが、その文章と宮本さんの人間性・人格の魅力に曳きこまれ、気がつくと愛読書の一冊になっていました。
この書を開く度に、厳原(いずはら)、浅藻(あざも)、豆酘(つつ)、曲(まがり)、千尋藻(ちろも)、名方ヶ浦(なぼがうら)等・・・・と頭の中で宮本さんの足跡を辿る対馬の旅が繰り返されてきました。それから私にとって「対馬」は宮本さんが親しんだ、言わば憧れの地となりました。
ryousyuu229

残念ながら宮本さんが直接、対州馬について述べた文は無いのですが、今回は同書の中から垣間見える、「宮本 常一さんと対州馬」という接点に焦点を絞ってスポットを当ててみました・・・。

続きを読む

世界新三大夜景のひとつである長崎の夜景の礎は、対州馬と人がつくった

平成24年、夜景観光コンベンション・ビューローにより「世界新三大夜景」のひとつに選ばれた長崎市の夜景。
それはデザインされた高層ビル群の夜景でもなければ、壮麗な宮殿等のイルミネーションの夜景でもありません。
港をぐるっと囲む山裾に這いつくばうようにして建ち並んだ家々のともす灯りがつくり出す、言わば「素朴な生活の灯の夜景」なのです。
DSC00037

そしてその、ひとつひとつの灯りの元となる家屋の多くは、名もき馬たち、特に対州馬と人によって作り出されたものであることを忘れてはならないと思います。
IMG_0636

長く続いた鎖国の時代にあっても、外国との窓口という役目を担っていた長崎の街は幕府の直轄地であり、人口の入出も厳しく制限されていました。よってその人口も3万を超えることがありませんでした。
しかし明治維新とともに人口は爆発的に増加。平地の殆ど無いこの街に宅地をつくるには、山の斜面を削るしかありませんでした。
もちろんトラックなど無い時代。急坂に建築資材や石材を上げるには、馬の力に頼らざるをえませんでした。しかも長崎・対馬産の対州馬は性格が従順でおとなしく、小柄な割りに足や蹄が強かったので、急坂で狭い小径ばかりのこの街の建設には無くてはならない存在だったというわけです。

下は長崎の古はがきで、「長崎高野平(たかのひら、或いはこうやびら)住宅建物」と題されています。明治期から開拓・造成されていった坂の街で、長崎らしいめずらしい景観ということで絵葉書になったのでしょう。
ma4468

続きを読む

長崎市で荷運びをしていた最後の馬は、「やさしい木曽馬」

「やさしい木曽馬」という子ども向けの本をご存知でしょうか?庄野 英二さん作で1983年に偕成社から「新編・絵本平和のために」シリーズの中の1冊として刊行されたものです。
ma4444

この本は長野県木曽郡開田(かいだ)村という場所で本当にあった話を小学校低学年の子ども向けに絵本にしたものです。
木曽馬の産地であった開田村では、人と馬が同じ家で暮らしたばかりか、日当たりのよい南側に馬が住み、日当たりの悪い北側に人が暮らしたというほど馬を大事に家族のように育てていました。
山深く、冬に厳しい寒さの続く開田村では、人と馬が協力して働き、静かに平和にずっと暮らしていました。
ma4450


続きを読む

「 長崎の坂道で、対州馬の荷運び再現プロジェクト 」 レポート   (2012.3.10)

「そがん簡単にでくるもんじゃなかとよ。」・・・・このプロジェクトのことを、かつて長崎の町で馬方さんだった方に話した時の反応でした。

「荷を背負って階段を歩けるようになるまで、数ヶ月かかることもあるし、とうとう歩ききらんやった馬もおるとよ。歩きよった馬でん、数日歩かんやったら、だめになることもある。そがん簡単なもんじゃなか・・・」
当たり前なのですが、なかなか厳しい内容でした。
IMG_0073

その坂道を荷を背負い歩こうという今回のプロジェクト。大村のカフェ「waranaya」さんで飼われている対州馬の里子(さとこ)にとっては、まったく経験の無いことであり、当日の天候や長距離の移動、慣れない環境、里子の年齢など不安材料はそれこそ尽きなかったのですが、考えてばかりでは前に進めないし、飼い主である霜川君の「やれます!」という力強い言葉に賭けてみようと思いました。


続きを読む



プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。29年 あさひ日本語学校・校長職を兼任。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。









荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



記事検索
☆ FaceBook ☆