アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

日々雑感

ただの社宅やアパート ・・・ されど誰かの故郷(ふるさと)

昔、ドイツに住む友人がおり、一緒にベネチアを旅した時、ある古いアパートの前にある表示を見て驚きました。
「ここはマルコ・ポーロが生まれた家(アパート)」 ・・・ざっと700年近く前で、日本なら鎌倉時代にあたります。
しかも著名人の生家だから保存しているわけでなく、何百年も残っている住居群の中にたまたま著名人がいたというだけのこと。

「そこまで残して!」とは言いません。湿度や建材・建築の違いはあるにせよ、日本では、あまりにも建物を壊してしまうのがはやすぎるのではないでしょうか・・・・

立ち退きが進み、間もなく「跡形も無く」取り壊されることがあきらかな、このアパート。このなんでもないアパートも、画像に見える家族にとっては子どもの節句を祝った、大事な故郷(ふるさと)なのです。
PICT0220

もちろん誰もがいつもそんなノスタルジックに毎日を送っているわけではありません。私もそうです。忙しい時、元気なとき、若いときにはその「故郷」を思い出すことすら難しい状況にあります・・・
PICT0219




続きを読む

立派なヒトとは・・を考えさせられた、展覧会のお礼葉書

世の中に「自分は肩書きがすごい?」と言う人はたくさんいます。また自分は年収幾らで、これこれこういう風に活躍している・・と自慢気な人もまたたくさんいるようです。
しかし、そういった基準を世間に委ねず、立派な立ち振る舞いができるという風な人はなかなかいませんね・・

数日前届いた、一枚の葉書。それはKTNギャラリーで行われた写真展「さよなら坑道蛍」来場へのお礼の葉書でしたが、それは「立派な人とは、どんな行いが出来る人か・・」を考えさせてくれるものでした。
auction325
・・・お金の問題ではないですが、文面にあるだけの入場者(記帳者)に葉書を郵送するというのは、手間もさることながら、結構な費用が要るはずです。でも、受け取る方にとっては、大変うれしいものであるし、何より気持ちが高められますね・・

葉書の裏面は高島炭鉱の「蛎瀬坑の竪坑やぐら」ですね。まわりには何も残っていないところからすると、取り壊される寸前のものであったことでしょう。もしかすると、翌日には解体されたのかもしれません。・・・詳しくはわかりませんが、一枚の写真から、そんなことが感じられます。
auction324

・・・・さよなら坑道蛍。ありがとうございました、鵜沼さん。




人気ブログランキングへ

とっても九州な !? CM ~ 大分むぎ焼酎二階堂

この間、ちょっと飲む機会があったのですが、胃の調子がいまいちで、寒かったのでビールは飲みたくないな・・と思い、メニューから選んだのが「大分むぎ焼酎 二階堂」のお湯割りでした。何と言うか、全てにおいて穏やかで、以来今秋冬の自宅酒?はこれにしようと決めました。
ooita

そう言えば、この焼酎のTV/CMは無意識的に自分の中ににじわじわと染みていたなぁ、と感じます。
九州各地がロケ地として使われ、コンセプトもひとりの中年男子?の心象風景を綴るというのが共感をよびます・・・。







考えてみれば、拙著「僕の子ども絵日記 ~ ながさきの四季」の中の取材記の中に出てくる自分のイラストは、この「二階堂」のCMに出てくる男性と何となく似ている気がします。

知らず知らずのうちに擦り込まれたのでしょうか・・・。
map

「 二階堂酒造株式会社スペシャルコンテンツ 刻の記憶 」

人気ブログランキングへ

ヒトの暮らしって、なんだろう

webでふと読んだ東北の記事は切なすぎる内容でした・・・・

宮城県石巻市の三條慎哉さん(37)は小学生だった2人の娘を失った。
小3の長女、葵ちゃん(9)と小1の次女、舞夕ちゃん(7)。市立大川小に通っていた。児童の7割に当たる約70人が死亡。今も4人が見つからない。

あの日、会社が休みだった三條さんは、すぐに消防団の服に着替えて飛び出した。同居する妻の母が「孫が帰らない」と心配する声を遠くで聞いた。同僚とポンプ車で避難を呼び掛けて回った。

目前に迫る津波に気付いたが、すぐに車ごとのみ込まれる。入り江に浮かぶ材木の切れ端を必死でつかみ、水面に顔を出した。
同僚にも、三條さんと同じ小3と小1の2人の娘がいた。「きっと生きてる」。雪が降る中、励まし合って寒さに耐えた。約4時間後、岸に流れ着いた。

翌朝、小学校周辺の光景にがくぜんとする。町がない。学校は廃虚。橋のたもとには小学生くらいの背丈の子供の遺体があった。絶望の中、翌日たどり着いた内陸の集落で、同僚の2人の子が無事だと知る。同僚は声を抑えきれずに号泣した。

俺の子は……。思いを封印し、三條さんは、「本当に良かった」と喜び、同僚を抱きしめて泣いた。

三條さんの娘2人の遺体は、その後相次いで発見された。「うちだけ、すまない」。泣きながら謝る同僚に、言った。「そんなこと考えなくていい。(娘の)同級生なんだ。成長を見るのが楽しみだ。俺の心の支えだ」

お父さん子だった葵ちゃん。震災の前の晩、「一緒の布団で寝ようよ」と甘えてきた。それなのに、テレビを見ながら「今日はいいよ」と言ってしまった。小さな願いを、なぜあの日に限って聞いてやれなかったのか。後悔は消えない。

<東日本大震災>娘2人失った父、悲しみから一歩…石巻


うちは貧乏ですが、これだけはいいと思っているのは、毎晩子どもと同じ部屋でずっと寝ている、ということです。最近では子どもも大きくなり、思春期を迎える数年後にはそうもいかないと思っていますが、赤ん坊の頃からずっと寝顔を横で見ていることで、心豊かになれたと思う部分も大きいですし、精神的に不安になった真夜中などには、寝ている子どもの小さな頭を眺めていることで、不安から逃れられたという体験もありました。貧乏もそう悪いことばかりではありません・・・

少し話はそれるかもしれませんが、ふと頭に浮かんだこと・・・
これは三菱端島坑のあった軍艦島のアパート。現在では結構有名な観光地?ともなったようですが・・・
見えているのは9階建てのアパート「日給社宅」の屋上部分です。
DSCF3137

このアパートの2階(と言っても1階は半地下だったので、実際はグランドレベルに近かった)の平面図です。この社宅の2階なんていうのは、一日中ほとんど陽もささないので、薄暗くてじめじめしていたのですが、ご覧ように22戸の「家庭」が並んでいました。6畳と4畳半(或いは2畳)と狭いながらも、家族は仲良く寄り添って眠っていたわけなんですね・・・。
ガイド時代、軍艦島ツアーに来ていたイングランドの若い設計士に、「狭いからこそ、家族の繋がりは強かったんだ!」と力説したこともありましたっけ・・・
たとえ薄暗くてじめじめしていたとしても、この1戸1戸の中には明るくて穏やかな「家庭」があったのだ、ということを訪れる多くの方にどうかわかって欲しいものです・・・。
nikkyuu208

日々の「小さな願い」を大切にすることが、いかに大事なことかを、記事は教えてくれるように思います・・・。

人気ブログランキングへ


NTT東日本のCM

いつか、ずっと以前、友人が取り上げていた動画。
ふと、見てみると「NTT東日本」のCM動画。
今、おそらく必死で復旧作業を行っている、同社が、こんなにも胸を打つCMを配信していたことが、ことさら胸を熱くさせます・・・・

がんばれ!東日本












人気ブログランキングへ
記事検索


プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。









荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



☆ FaceBook ☆