アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

軍艦島・西彼炭田の炭鉱

軍艦島の灯

NPO軍艦島を世界遺産にする会・理事長、坂本道徳さんの著書「軍艦島の遺産」は私のお気に入りの1冊ですが、その中に、こういう一文があります。

『 ・・・一時、ここ(軍艦島)をライト・アップしようという計画があったらしい。しかし、私たちが求めている灯は、ライト・アップの、見せるためだけの灯ではなく、家族や家庭がともすほのかな裸電球のやさしい灯である。・・・ 』

昭和49年をもって、この島の全ての灯が消えて以来、夜間に灯がつくことはありませんし、第一夜間に上陸することすら叶いません。

もし昼間に、この景色を見たとしても、ただの「空洞」にしか見えないかもしれません。(画像は、許可を得た取材時に撮影したものです)
DSCF3175

しかし、ここは30号棟近くにある人道トンネルの入り口で、島の玄関口である「ドルフィン桟橋」まで続いています。つまり様々な「出会い」と「分かれ」が交錯した、住人にとって忘れ難い場所で、トンネル内にはポツリポツリと灯りがついていました。
現在、どの資料集や写真集にもこの場所を写したものが無く、この模型でしかその「トンネル内にともる灯」を見ることはできません。
DSC_0032


続きを読む

映画「 家族 」の中に見る、日鉄伊王島炭鉱

このトピックの目的はかつて伊王島坑で働かれ、今は遠方や海外などにおられる方に、当時の生活をひととき思い出して貰いたい、ということの一点に尽きます。

昭和45年に公開された松竹映画「家族」(監督:山田洋二)は伊王島から北海道へと移住する家族を描いたロード・ムービーです。
IMG_0199

続きを読む

ほぼ完璧に現存する炭鉱の島 池島の風景①

先日、かつて池島鉱で働いていたという方からメールを頂きました。
海外で生活をされているというその方は、閉山から10年たった今、池島をとても懐かしく思い出されるそうで、web上で池島の画像やトピックスなどをよく見られているそうです。
幸いにもこの池島鉱は、炭鉱の宿命とも言うべき「閉山後の取り壊し」を逃れ、今もその当時の姿をほぼ原型のまま保っています。
今回は、その方にお約束したとおり、池島鉱において撮影した写真を数回に分けてUPします。他人にはなんでもない1枚の写真が、かつてそこで働き、暮らしていた方にとっては「何ものにも代え難い励み」になるということもあるのかもしれませんね。

ここは坑道からあがってきた鉱員さんたちが入った浴場跡です。ボイラーで沸かすようになっていますね。今ではご覧のように器具置き場として使われています。
DSCF4785

(今回紹介する場所の中には、見学コースにはない、特別に見せていただいた場所も含まれていますが、目的は前文の通りですので、その点についてはご了承願います。)
続きを読む

ほぼ完璧に現存する炭鉱、池島の「ステップUP池島まつり」に行こう!

昭和30年代にほぼ姿を消した炭鉱。国からの交付金を受けるためには、二度と採炭できないようにする為、坑口を塞ぐことが義務づけられていました。
また施設や住宅もそのまま放置したままであると、固定資産税の対象となったりするので、取り壊されたり、転売されるなどして、そのほとんどが姿を消してゆきました。

しかし、池島には、操業時代の炭鉱(ヤマ)ほぼ全てが残っています。こういう場所はおそらく日本ではココだけでしょう・・・
auction384

そんな池島がいよいよ観光資源として動き出したようです。
940image

●トロッコ人車と坑道見学 (全長:300m 往復30分)
1.内  容: 乗車準備-トロッコ坑内移動-坑内案内10分-トロッコ坑内移動-降車
2.乗車人数: 20人(小学生以上)
3.体 験 料: 1人500円(子供同額)
4.受付方法: (予約先:長崎市地域振興課内 電話:095-829-1285)
   1.事前予約 電話受付 
   ・希望日と出発便 (下記運行便のうち事前予約便のみ)        
   ・住所  ・氏名   ・年齢   ・連絡先  
   2.当日受付 (池島特設会場で29日、30日の当日受付)
   ※当日は会場内で募集アナウンスを行います。 
5.乗車の注意事項
   1.服装:汚れ、しわになってもよい服装
   2.くつ:ヒール、サンダルは不可、汚れてもよいもの
   3.ヘルメット:着用(主催者が準備します。)

続きを読む

軍艦島の基礎づくりを支えた、肥後の石工の技術とそのルーツ


ほぼ岩礁であった端島(軍艦島)に石炭があるとわかったのは、江戸時代からでしたが、なにせ東シナ海に面した外洋に位置する岩礁でしたから、当時の技術力で石炭を採掘しようとしても限界がありました。
もともとの島(岩礁)の面積は、今の約6分の1にすぎませんでした。
端島S48

採炭のための何らかの施設を作ったとしても、台風あるいは台風並みの風浪が押し寄せては、それらの施設を破壊してしまったわけです・・・・
端島地盤072


続きを読む
記事検索


プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。











荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



☆ FaceBook ☆