本来、調教とは「人間にとって都合のいい動作をさせること」であって、馬にとってのそれではない。
その最も酷いエゴが戦争に使用したり、炭鉱の坑道内で使用したことだろう。
馬にとって人を乗せたり、荷物を運んだり、或いは農機具を曳くことも馬の本意とは言えず、人の都合によるものである。人の望む要求に対して少しでもできた場面に接した時には、すかさず褒める言葉をかけなければならない。馬は言葉の内容は理解しないが、OKの時の言葉とNo goodの言葉は決めておき、褒める時は穏やかなトーンで、No goodの言葉は大きく早く掛ける。しかし、調教においてもうひとつ重要なファクターがある。それは人間の教育にも共通することだが、「やれば、後でいいことが待っている」というものだ。特に動物にとって、その動作をすれば、後で食べ物をもらえるということは、とても効果が高いということは理解してもらえるだろう。私は、まず朝夕の餌やりの時にもかならず最初に1/4の欠片ののリンゴを与える。それは人間がやってきて、それから行うことは餌をもらえる、良いことにつながるとイメージ付けるためだ。
まったく人間が触れたことの無かったひん太にまず、無口頭絡をつけ、引き綱を付けて歩かせ、そして止める。その次ははみ(ビット)を口に含ませるのだが、特にこのはみに慣れさせる段階で食欲を利用する。まず最初の段階の柔らかな素材でできたはみを口の中に入れさせるのだが、これにはあらかじめリンゴの匂いのついたものを使った。この素材には馬の好みリンゴのフレーバーがついているので、馬は口の中でゴリゴリとかじっている。十分に慣れてから今度は実際の金属製のはみにリンゴ・ジャムを塗り、口の中に咥えさせる。こうして自然とはみを受け入れるようになり、やがてははみにつけた曳き手で「進む」「止まる」の意志を伝えられるようになる。馬の場合、イルカのようにしょっちゅう動作のたびに餌を与えることはしないが、すべてが終わった後には餌を与えて締めくくるといい。
こうして、馬は調教(仕事)を受け入れていくようになる。

IMG_0608

IMG_0616