無くて構いません。もちろん個体差はあるでしょう。しかし、私は未調教から始めて、途中からまったく鞭は使いませんでした。鞭はまったくもって有効ではなかったからです。むしろ妨げでした。いたずらに馬を驚かせて恐怖心を抱かせただけであったかもしれません。この点については、今も申し訳ないという気持ちでいます。もちろん鞭は打つものではないので、一度も打ったことはありません。しかし地面を激しく打って音を立てたことはありました。その時、自分の心は「馬を怯えさえ、服従させよう」という意図があったと思います。しかし、それはまったく有効ではありませんでした。反抗も招きませんでしたが、服従にも結び付きませんでした。それで、鞭を置いたのです。
鞭の役割として、「刺激を与える」「境界をしめす」「尻尾の位置として示す」などの意味はあるかもしれませんが、対州馬の調教においては、なくていいとしか言えません。


IMG_0501


IMG_0502


IMG_0503


ご支援お願いします。
長崎の対州馬 ひん太商店
https://taisyuuya3.thebase.in/
対州屋 作成者のサイトです *写真のデジタル化なら先義後利の対州屋で!
http://flying-hayabusa.coolblog.jp/profile1.html 江島 達也FB 
https://www.facebook.com/tatsuya.ejima 荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FB https://www.facebook.com/nagasaki.taisyuba/