これも対州馬に限らないことだが、基本言葉の内容は理解しない。ただ、馬に話しかけることは、馬との関係を築く上で重要と言われる。これは、馬が言葉の内容を理解して反応するのではなく、声のトーンを感じ分けて反応するからである。
言葉はいろいろあろうが、「よい」「OK]という意志を伝えるには、低くゆっくりしたトーンの言葉を発してやる。逆に「わるい」「No good」という意志を伝えるには「シッ!」などという高いトーンの言葉(音)をすばやく発する。舌鼓(ぜっこ)の出し方もこれに準ずる。
もちろん声の大きさも意志の伝え方に大きく関係する。


44953655_1909855705759100_2541686531089760256_o