対州馬に限らないことだが、馬は「人間性」を見抜くので、人として誠実に生きているという自負と自信は必要。馬を飼養するのには調教は絶対的に必要。そうでないと馬を安全に移動させたり健康に留意して世話をすること、つまり管理することができない。
調教する上で絶対的に求められるのが求められるのが先に述べた誠実な人間性なのである。こればかりはたとえアラブの大富豪だろうが一国の大統領だろうが、よこしまな人間性であったならば、馬を一歩たりとも自分の望む方向に歩かせることすらできない。そもそも馬にとってそんなことはどうでもいいことなのだから。
では、なぜ馬は人間性を見るのか?答えは身の安全がかかっているからである。馬という動物は群れで暮らす生き物なのだが、その群れには必ずアルファと呼ばれるリーダーが存在する。リーダーはいつ襲ってくるかもしれない肉食獣や天災から群れを守るために的確な判断をしなくてはならない。だからこそ、群れはリーダーを信頼し、その指示(サイン)に従うのだ。人が調教者となる場合、このリーダー役として信頼されなければどうしようもないのである。もしそういう心構えも自信もなく馬に近づいた場合、その内面は馬に瞬時に見抜かれてしまう。それは呼吸の速度であったり、脈拍、かすかな腰の引け方などによる。だから、かならず馬に接する時には「私は、あなたのリーダーであり、パートナーなのだ」という意志を持って接しないといけないのである。また、楽しむことも重要。いつも「調教してやる」という強迫観念のようなものがあると、やはりまた馬にとって負のパワーが伝わってしまう。つねに「君にまた会えてうれしい」といった心の余裕と微笑みもまた必要なのである。もちろん馬の調教についての最低限の知識や理論武装もある程度必要。しかし、馬は千差万別であるということを忘れてはならない。例えば鞭などは要らないと感じたら、さっさと放り投げる直観力も必要。実際のところ、対州馬の調教にはほぼ鞭は必要ないと言える。中には調教すらも要らないとさえいう者もいる。
余談だが、私は現在外国人の若者に語学を教えるという立場にある。人に何か教育という行う際に「信頼」というものがベースとしてないと成り立たないと教えてくれたのも、馬だった。

IMG_1035