超絶滅危惧種である対州馬の保存と繁栄を願い記事を作成・投稿します。記事内で使用する画像はほとんどがオリジナルですが、馬のことを広く知って頂くために敢えてキャプチャーの画像も含まれることをあらかじめお断りしておきます。

序章

日本在来馬8種の1種で対馬原産の対州馬は、2019年8月現在、すでに「絶滅中」とでも形容できるような状態である。これには種々の理由が存在するが、非常に混み入ってしまうので、この場では割愛する。
馬についての説明は非常に退屈なものであるし、他にも多く述べられてるので、はじめにいかにして私が対州馬を飼いたいと思い、それを実践していったかをなるべく時系列に沿って述べていきたい。

140240

1980310_731513543555534_1068205092_o

littleHP


「なぜ 対州馬を飼いたいと思うようになったか」

1963年(昭和38年)に長崎市で出生し生まれ育った私だが、対州馬に興味を持ったのは恐ろしく後にあってからである。
いや、正確に言うと「馬」そのものにも特に興味はなく、「対州馬が好きになったから、馬を好きになった」ということである。
だから多くの乗馬をされる方、馬好きな方とは最終的な価値基準は一致することが多いが、多少の違和感はどうしてもぬぐい切れない場合もある。だから、競馬ファンとは根本的な馬に対する価値観が違うと言っても過言ではない。
私の場合、ベースにあるのは郷土長崎の戦後復興の一役を担った不思議な因縁のある馬というものなのである。

対州馬との運命的な出会いは、仕事がきっかけで訪れた大村市のカフェであった。
そこにいた牝の対州馬は馬というより、むしろ犬に近いような感じであった。
それまで目にしてきた馬たちというのは、近寄っていっても、そのまま草をはんでいるか、何も反応しないというイメージが強かった。
しかしその馬は明らかにこちらに興味を持ち、ずっとこちらを伺いながらもじもじしている。しばらくして名前を呼んでみると、もじもじしながらも少しずつ近寄ってきた。そしてその後はべったりと甘えて私の洋服をはぐはぐしたり、といった感じ。すっかりその愛らしさにやられてしまった。こうして、私と対州馬との決定的な「縁」が出来上がった。
『対州馬は長崎市に気の遠くなるほど存在する坂段や狭いスロープを荷物を背負って働いていた馬』。
そこから私の対州馬に対する熱烈な思いはつのる一方で、ついには飼養することになる。

IMG_1835