松浦市福島町塩浜免にかつて存在した、日の浦炭鉱。下は明治42年に撮影されたという日の浦炭鉱の写真です。
福島塩浜521

さすがに明治時代、茅葺屋根の長屋が連なっているのが古の時代を偲ばせます。
2016年現在の同地は下のようになっています。同じように俯瞰で撮影したいと思ったのですが、昔の写真はボタ山から撮影したのか、同じような角度で撮影できる場所はありませんでした。
IMG_0064

上の場所から山側を向くとこのような感じです。運動公園のようになっていて、かつてこの場所に炭鉱があったなんて、もう地元の方ですら知らないのではないでしょうか・・・。
IMG_0067





葦書房刊、前川 雅夫編 「炭坑誌」の分厚い中身をくまなく探してみても、「日の浦炭鉱」の文字は、たった2回ほどしか出てきません。


『 明治41年 日の浦炭鉱 炭車事故 死1 副島 利吉(18)佐賀県鍋島村 』

『 明治45年 大正元年 日ノ浦炭鉱 村井鉱業が市村庄太郎より買収 福島二尺層、年6万t、昭和6年閉山 』



IMG_0068
 
生活の為に、西日本一帯からこの地に集い、坑内外で働いた人々。そんな姿さえ連想することが難しいような長閑な景色が広がっていました。



(説明のためにやむなく資料を引用させて頂いております。目的は、かつてこの地で暮らされていたご家族の記憶を辿る、一助になればという思いによるものです。ご了承のほどお願い致します。