南島原市・高岩山には「みそ五郎どん」という心優しき大男の伝説があります。
IMG_0660

その伝説とは・・・・・

『 昔むかし、西有家で一番高い高岩山に大きな男が住んでおった。この大男、人が良く、ちから持ちでだれやかれやから好かれておったそうな。みそ五郎どんは畑仕事の手伝いをしたり、山を切り開いて、畑を造ったりして、みそを分けてもらっておった。 高岩山を住みかにしとったので、朝起きて雲仙岳に腰を下ろし、有明海で顔を洗うのを日課にしておった。 そして、唯一の楽しみは雲仙岳に座り、高岩山の八間岩に足をのせて、九州の山脈、遠くの海を眺めることじゃった。そのころ遊んだお手玉石や足跡のくぼみが、今も高岩山に残っている。今日も、大きな鍬をかついで、山を切り開いて、畑にする仕事をしておった・・・・・ 』

 というもの。人が良くて、力持ち。おまけに働き者・・・という、いかにもこの地方らしい、とても良い人物なのです。(画像は、西有家町にある南島原市役所前のみそ五郎どんの像)
IMG_0538

みそ五郎どんゆかりの高岩山は、南島原を見下ろす高峰。その高岩山の麓にあるのが塔ノ坂(とうのさか)という小さな集落で、この塔ノ坂集落には、みそ五郎どんの人柄にも負けない、大変性格が良く利口な「大五郎」という犬がおります。(画像は、高岩山と塔ノ坂集落)
IMG_0656

ビーグル犬・大五郎との出会いは8月の下旬のこと。高校生の息子と小学生の娘、そして父、というメンバーで高岩山登山へと向った時のことです。
南島原市塔ノ坂(とうのさか)集落に車を置いて出発。
塔ノ坂は平成24年度末に閉校となった長野小学校塔ノ坂分校(内部リンク)の取材で来て以来でした。分校も無くなり、寂しくなったなぁ・・と思いながら歩いていると、1匹のビーグル犬が我々を見つけ、じゃれついてきました。犬好きの娘はただ大喜びでした。
unnamed

そしてこのビーグル犬、そのままぴょこぴょことついてきます。どこの犬だろうか?と登山口付近で作業をしていた男性にたずねると、「誰かが以前置いていった犬で、この集落に居ついている犬。たぶん山までついていくだろう」とのこと。
他の人に「この辺りは猪が出るから気をつけて!」と言われていたので、「犬と同行できるのは、有難いぐらい」に考えていました。
unnamedde

我々が立ち止まっても、必ず先のほうで待っていてくれ、そのかわいらしい姿に大いに癒されました。特に娘の足取りが快調であったことは、いうまでもありません。
DSC_0358

その後も我々の後になり、先になりしながら、頂上まで案内してくれ、その間我々はガイド犬付の登山を楽しみました。
DSC_0356



「頂上に着いたら、ビーグル犬に、ご褒美として、おかずを分けてあげよう」と思っていました。というのも、九重の伝説のガイド犬平治(内部リンク)は、最初の頃、登山客の弁当目当てについていった、といエピソードを思い出したからです。
しかし、犬は頂上付近に到着する直前に姿をけしてしまいました。がっかりした娘に、『きっとまた後で会えるから』と言い聞かせながら、昼食を済ませ、出発した塔の坂集落目指して下山しました。
IMG_0658

すると、やはりいました!彼は、我々が頂上に着いたことを確認した後、集落に戻っていたのです。
DSC_0366

早速残してきた唐揚げをあげることに。
DSC_0363

本人?も、もらう気満々で、明るい声がはずみました。
DSC_0362

犬がいた家の人に聞いてみると、名前は「大五郎」で、自分の家の犬として飼っているのだとか。野良犬だったら、連れて帰りたいと言っていた娘も安心しました。
DSC_0370

さて、大五郎くんとも別れ、長崎市に向け出発することに・・・・。
しかし、彼のガイドはまだ終わりではありませんでした。車についてダッシュしながらついてくるではありませんか。
『もうここで、いいよ』と途中で言い聞かせても、帰っていきません。
DSC_0367

結局、彼の姿が消えたのは、またもや行き先を見届けた、塔ノ坂集落の外れ辺りでした。

心優しき、みそ五郎どんの里には、心優しきガイド犬、大五郎が頑張っています。
あなたもいつか、この名犬・大五郎くんに出会えるかもしれませんね!
IMG_0655