ポルトガル人とカトリック信徒が礎を築いた天然の要塞都市「長崎」。その坂の街の様子を続けてご覧頂きたいと思います。(横長の画像はクリックで拡大します)

城壁のような急坂から下方を望むと、こんな感じです。
DSC_0009

角度が違えば、見える景色も様々です。ここは港を望む坂段。

DSC_0011

カトリック修道院と幼稚園を望む坂段。
DSC_0016


小学校を望む坂段も。
DSC_0023

もちろん他の地方と同じく、子どもたちの姿はこの街の「希望」であり、「未来」そのもの。
DSC_0106 (2)

しかし、坂の街から1軒、また1軒、と家が減り・・・
DSC_0099

坂の街の児童公園からも子どもの姿が消えました。
DSC_0014

ダムのすぐそばにあるこの公園の遊具や・・
DSC_0039

港を望むこの公園の遊具も心なしか寂しそうです。
DSC_0057


かつて汗をいっぱいかいた子どもたちが、小銭を握り締めて押しかけた個人商店。こういったお店はなくてはならないものでした。
DSC_0106

それでも、まだまだ「坂の街」は生きて、呼吸をしています。
DSC_0101

DSC_0105

坂段は観光の為につくったわけではなく
DSC_0117

もちろん、暮らしの為に作られたもの。幅30cmほどしかない、この坂段も活発な人の往来があったからこそ、出来たものです。
DSC_0011 (2)

坂の街で今も活躍する、ゴミ収集のポリ容器。そりのそうな板で坂段を滑りながら登り降りし、量が多いときは左に立てかけてある木枠で支えます。
DSC_0025

郵便やさんや配達業者さんも、汗だくになりながら元気に坂段を駆け登っています。
DSC_0048

生活があるからこそ、坂の街には小さな「水神様」や「土人様」がおり、
DSC_0013

個人の庭にマリア様がおられます。
DSC_0079

幼稚園の壁には、時に「Let it be!」と囁いてくれるやさしい微笑みのマリア様がいて・・
DSC_0087

屋根の上には、時に「あくせくすんなよ!」と言ってくれる猫たちが寝ております。
DSC_0085

原爆にも壊されなかったアンゼラスの鐘が時間をおしえてくれることもあります。
DSC_0077

神社やお祭りも坂の中にあります。
DSC_0044 (2)

もちろん遊びの場も。
DSC_0134

坂を歩くと、元気なお店の人の声がかかり
DSC_0140

どこまで行っても、どちらへ行っても、賑やかな人の流れがありました。
DSC_0138

平地が少ない坂の街では、山の上にお墓があることもしばしば。
DSC_0070

お墓に限らず、山の斜面に這うように建つ家々に向かう道に、車は入れません。
DSC_0098

DSC_0044

車のとても入れない坂段に建築資材、セメントや砂、墓石、ブロックなどを運んだのは・・
DSC_0045

多くの名も無き馬たち。
IMG_0636

とりわけ活躍したのが、長崎県対馬原産の和種、対州(たいしゅう)馬でした。小柄だけど力が強く、素直で従順なこの馬は最大200kgもの荷を背負い、日に何十往復と坂段を上り下りしました。
IMG_0677

対州馬と長崎県はその成り立ちに深い関わりがあり、その関係は切っても切れないものがあります。
かつて昭和40年代ころまで、長崎県北西部に点在した炭鉱では昭和初期まで坑道の中で炭車を引く為に多くの対州馬が使われました。
人間と違って、一度坑道に下げられた馬たちは死ぬまで昇坑することが出来ず、湿度95%、気温40℃という中で炭車を曳かされました。その為、炭鉱で使われた対州馬たちはわずか半年ほどで死んだと言われます。当たり前に生きれば20~30年は生きるところですが。

その功労者である対州馬たちも、坂の街から人が減り、家が建たなくなってからは需要がなくなり、2009年2月を最後にこの街から働く姿が消えました。
e7e297b0

下動画にて、長崎の坂段で働く対州馬の姿を見ることができます。


かつては働く馬たちが水を飲んでいたかもしれない石の桶。
DSC_0002


今では高齢化が進み、尚馬や人の助けが必要なこの街で、
DSC_0121

馬に変わって荷を運ぶのは、小さなエンジンを積んだ機械。しかし、効率は馬に比べてかなり悪そうです・・
DSC_0043

やはり人であれ、馬であれ、笑顔で汗をかきかき頑張っている姿こそが、この坂の街の原動力なのです。
DSC_0136

まだまだ頑張っている人たちも大勢います。この、「13時まで閉店!」と書いた札を置いて、出かけているお店のおばあちゃんもそのひとり!
DSC_0146

馬たちが住んでいた馬屋の横には元気に鯉のぼりがはためいていました。坂の街にも少しずつ希望の種が芽を吹き始めています。
DSC_0001w

「世界新三大夜景」に選ばれたその夜景もそのひとつ。
DSC00037

それは意図して造られたものではなく、ひたむきに生きる「暮らしの灯」が集まったものです。
DSC00026zzz

生活の灯だけでなく、旅館の厨房や客室、船舶の操舵室、そして工場の片隅で一生懸命働く灯でもあります。
DSC_0174

DSC_0173

DSC00029zzz

DSC_0177

もし機会がありましたら、あなたも「ポルトガル人とカトリック信徒が礎を築いた天然の要塞都市・長崎に来てみませんか・・・・。
DSC_0153