長崎県北松浦郡佐々町では、町制70年を記念して、過去の歴史と記憶を保存し、永く後世に伝えると共に、今後の町の発展の礎とするために、「町制70年の歩み~炭鉱・国鉄松浦線とともに~(仮称)」と題した映像作品を制作し、過去の写真・映像を資料保存することとなりました。 つきましては、次世代に残す町民の財産として、また、遠く離れた方には、ふるさと「佐々」を偲ぶ貴重な資料として、炭鉱・国鉄松浦線に関連した古い写真やフィルム映像、エピソードなどを広く募集しています。

〇募集期間

 平成24年10月1日(月)~平成25年1月11日(金)

〇資料の応募・問い合せ先

 佐々町役場 企画財政課 企画班

 「町制70年の歩み~炭鉱・国鉄松浦線とともに~(仮称)」資料収集係

 〒857-0392

  長崎県北松浦郡佐々町本田原免168番地2

  TEL(0956)62-2101/FAX(0956)62-3178

e-mail     sazatyo@io.ocn.ne.jp

佐々町役場HP

※くわしくは、下記チラシをご覧ください。

添付資料 「町制70年の歩み~炭鉱・国鉄松浦線とともに~(仮称)」映像制作事業資料募集チラシ
 新しいウィンドウで(PDF:16.47メガバイト)

gunkanjima370

町制70周年を迎えるという、北松浦郡佐々町。下図をご覧になればわかる通り、平成の大合併の際、近隣の町は佐世保市や平戸市と合併という道を選んだのですが、同町はそれをしませんでした。結果、このように、佐世保市に周りをぐるっと囲まれたような形となっているわけなんですね。
しかしながら、合併しなかったからこそ、町独自の記念行事も組めるし、貴重な記録である写真などを集め、実t来のために残すという行政が今回できた、ということでしょう。
saza


佐々町~日鉄神田炭鉱跡
最後に良き鉱主と巡り会った、佐々町 佐々炭鉱
北松炭田の理想郷と謳われた報国炭鉱 ~ 北松浦郡佐々町
里山炭鉱 ~ 北松浦郡佐々町
小浦炭鉱 ~ 北松浦郡佐々町
北松浦郡佐々町~江里炭鉱
佐々町~住友芳ノ浦炭鉱跡をたずねて
松浦鉄道・神田駅 ~ 馬たちが送炭トロッコを曳いていた軌道
18両のSLを擁した、旧国鉄松浦線 佐々機関区
石炭積み出し港への盲腸線だった臼ノ浦線

ブログ内で佐々町にあった炭鉱については、この7鉱を取り上げましたが、佐々町はまさに「炭都」の名にふさわしく、中小の炭鉱が無数にありました。

ぜひ佐々町のプロジェクトをこのブログを通じて応援したいと考えております。心当たりのある方はぜひよろしくお願い申し上げます。

その他の佐々町にあった炭鉱名

・大岳炭鉱
・吉丸炭鉱
・鴨川炭鉱
・南山炭鉱
・佐々浦炭鉱
・立岩炭鉱
・岩瀬戸炭鉱
・高野炭鉱
・平原炭鉱
・鷲尾炭鉱
・一ノ瀬炭鉱
・高峰炭鉱
・川添炭鉱
・韮山炭鉱
・新但馬炭鉱
・矢羽津炭鉱
・大開炭鉱
・山口炭鉱
・芳ノ崎炭鉱
・古川炭鉱
・門前炭鉱
・椎葉炭鉱
・園山炭鉱
・大茂炭鉱
・平野原炭鉱
・黒灰炭鉱
・野後炭鉱
・吉ノ浦炭鉱
・末永炭鉱
・全仏炭鉱
など