このトピックの目的はかつて伊王島坑で働かれ、今は遠方や海外などにおられる方に、当時の生活をひととき思い出して貰いたい、ということの一点に尽きます。

昭和45年に公開された松竹映画「家族」(監督:山田洋二)は伊王島から北海道へと移住する家族を描いたロード・ムービーです。
IMG_0199

伊王島炭鉱で働く夫と家族は、馬込(沖ノ島)天主堂近くに住んでいましたが、夫が北海道で酪農をやることを決心し、一家で離島する場面から始まります。
IMG_0196

「ヤマは、一家族」ですから、引越しともなると、大勢の人が集まってきています。ひと昔前の日本では当たり前に見られた景色でもあるのですが・・。
IMG_0165

港へ向かう道すがら、別れのあいさつをする妻・民子。背後に日鉄伊王島鉱の貯炭場が見えています。遠くに見えるアパートが建つ辺り(千崎)には、現在リゾート施設が建っています。
IMG_0168

斜坑口が見えています。
IMG_0169

この斜坑ですね。現在、この斜坑の巻き座跡にはレンガ片がいくらか残っています。
d86bb78c

別れを告げた鉱員さんも、炭車に飛び乗り、坑内へと入っていきました。
IMG_0171

船着場付近。奥に見えているのは、おそらく仲町社宅でしょう。
IMG_0175

奥に見えるのは、伊王島と沖ノ島を結ぶ、栄橋でしょうか。
IMG_0176

連絡船のつく桟橋。現在の同地は埋め立てが進められ、見る影もありません。
IMG_0177

この映画には実に多くの現地エキストラさんが出ているということなので、この見送りに来ている人たちは、ほとんどが当時島に住んでいた人々でしょう。
IMG_0178

別れのシーン。これは映画のシーンですが、この映画の2年後の昭和47年、日鉄伊王島鉱は閉山となりました。同じようなシーンが来る日も見られたことでしょう。
IMG_0179

島の別れは、私も一度だけ経験がありますが、やはり独特なものがあります。
IMG_0180

船名は「はやぶさ丸」とあります。高島や端島にも通ったことがあるのかもしれません。
IMG_0181

大家族のような、島の人々との別れ。
IMG_0182

島のシンボルでもある馬込教会の姿は、もちろん今でも健在です。
IMG_0184

もう二度と見ることもないであろう、島の姿・・・
IMG_0185

回想シーン。再び鉱業所が映し出されます。
IMG_0187

鉱業所。ロープで境界を定めてあるようですね。
IMG_0188

こういうやりとりも、実際あったのかもしれません。
IMG_0189

海岸部にある貯木場。もちろん坑内で使われた坑木です。
IMG_0190

背後に馬込教会が見えています。現在更地となっています。
IMG_0191

坑木の山。
IMG_0192

祖父・源蔵の回想シーン。魚釣りで遊ぶ子どもたちの背景には、社宅の建ち並ぶ高島が映っています。はっきりとわかりませんが、左端に小さく映っているのは、軍艦島(端島)の学校(70号棟)と竪坑やぐらであるようにも見えます。
IMG_0193

同居することを渋る、次男宅の寝床で、子ども達が小さかった頃を思い出しています。
IMG_0194

長男に背負われての帰宅。こういう思い出だけは、何年経っても遠く離れても色鮮やかに残っているものなのでしょうね・・・。
IMG_0195

昭和16年開坑、同47年閉山。
最盛期には、7,600人もの人々が、このキリシタンの島で生活していました。

日鉄 伊王島炭鉱跡 その1

日鉄 伊王島炭鉱跡 その2



「軍艦島・西彼炭田の炭鉱」 記事一覧