新上五島町中ノ浦にある中ノ浦教会。
上五島空港が事実上閉鎖されている現在、旅人が奈良尾港から上陸し、北上する時にまず最初に目にするのが、この中ノ浦教会だろうと思います。
小さな入江のそばにたつ同教会は、その白壁が水面に映り、何とも美しいその姿で旅人の心を癒してくれます・・(写真を撮った時は潮位が下がっていました)。
DSCF4270

穏やかな内海、緩やかな山稜・・・・「幸福」に充ち満ちた風景が続きますが、この教会がある地区は、明治初年におけるキリシタン弾圧「五島くずれ」の中でも激しい弾圧が行われた場所でした。
その弾圧に耐えた信徒たちの血と信仰の強さを象徴するかのような五島つばきの赤い色が印象的です・・・
DSCF4268

諸外国から猛抗議を受けるという形で実現した、明治6年の「キリシタン禁教の高札撤廃」ですが、一説によるとそれは外国人居留地の近くだけで、地方では状況は一向に変わらなかった・・・と言われています。
おそらく離島のこのような地区では、旧態依然としたものであったに違いないでしょう・・・。
DSCF4269


長い弾圧が終わり、争いや戦が終わって、やっと平和が戻ってきたこの地ですが、少子化か過疎化か、一人また一人と人が去くことになりました。
そしてこの近くにあった上荒川小学校も閉校となってしまいました。時の流れの儚さを感じますね。

上五島へ~廃校となった若松町立上荒川小学校

教会も旧校舎もずっとこの地にあって欲しいと願うばかりです・・・。

人気ブログランキングへ