NHKドラマ「見知らぬわが町」でも舞台となっていた福岡県大牟田市の三池港が現在の姿に造成・改修される前、三井三池鉱は側に大きな積出港を持ちませんでした。
その為、南島原市の口之津港が専用の石炭積み出し港として利用された時代がありました。
6fe03ab2

歴史民俗資料館の隣にある「口之津海の資料館」には、その三池炭鉱専用港時代の資料も豊富に展示されています。
DSCF2059




口之津港における三井(鉱業・船舶)の歴史の概略です。

明治11 (1878) 三井物産長崎支店口之津出張所を開設

明治12 (1879) 英国より秀吉丸、頼朝丸を購入し、口之津~上海間の運炭船とした。

明治27 (1894) 口之津における石炭業務一切を三井鉱山会社に移す。(日清戦争勃発)

明治30 (1897) 三井鉱山口之津出張所を廃し、三井物産口之津支店に昇格。

明治31 (1898) 口之津支店内に船舶課を置く。(三井船舶株式会社の前身)

明治35 (1902) 三井東京本店の船舶事務が全部口之津に移管され、口之津が名実ともに三井海運事業の        拠点となった。

明治38 (1905) 5月、三井口之津支店の石炭輸送船がロシア・バルチック艦隊の動向をキャッチして、直ちに海軍根拠地に急報し、日本海海戦の勝因を作った。(1904~、日露戦争)
(バルチック艦隊の中国での石炭補給を知り、進路を対馬海峡と断定することができた)

明治42 (1909) 三池港築港完成により口之津入港船舶激減したので、三井支店は出張所に格下げされた。

明治43 (1910) 三井船舶の出張員を廃止。

大正11 (1922) 三池内港完成により口之津入港船舶皆無となった。

大正12 (1923) 1月、三井物産は口之津出張所を閉鎖した。

・・・年表を見ると、明治35~38年頃が最盛期だったことがわかります。この時期は日清戦争、日露戦争とも重なり、最前線司令部機能が西北九州にあったことも、大きな要因であったと考えられます。

資料館には、最盛期の口之津港の積み込み作業の様子を伝える展示がなされています。
DSCF2025

人海戦術で大型船に石炭を積み込んでいる作業風景です。当然多くの人口を抱えていたことになりますね。
DSCF2027

石炭のことを発見者の名にちなんだ「ごへだ」と読んでいたようですね。
DSCF2030

つい100年前の作業着です。
DSCF2032

金色の刺繍でしょうか・・当時の羽振りの良さをうかがわせます。
DSCF2037

お馴染みの三井のマークの入った手拭い。
DSCF2035

まだ国産の船舶の少なかった時代のものでしょう。ここにある船にはすべて山の名前が付けられています。こういった船舶が航行する姿を見て「島原の子守歌」も作られたのでしょうか・・・・?
DSCF2036

かつての屋敷に付けられていた三井マークの瓦。
DSCF2021

DSCF2033

大正12年、三井が口之津を引き揚げる際に寄贈した机、重役用のものだったのでしょうか。
DSCF2003

資料館近くの護岸は、一部当時の岸壁が残されているようです。
DSCF2058

「かつての三井の町、口之津」・・に想いを馳せながら、この町を歩くのも一興ではないでしょうか・・・。
DSCF2055


「長崎人物・歴史」 記事一覧

人気ブログランキングへ