私は「・・・ご高覧を賜りまして・・」などという堅苦しい言葉を使う人の展覧会はジャンルに関わらず、二の足を踏んでしまうのです・・・。そういう会ほど言葉とは裏腹に、居心地の悪い沈黙だけが気になって、作品の本質が入ってこないからです。
ところが、この写真展「遙かなり軍艦島&長崎余情」は、まったくもって真逆でした!
murasato017

会場へ入ると、受付に↓このプリントが置いてあり、自分で取ったのですが、村里氏はわざわざ来場者の一人一人に笑顔で近寄って来て、この紙を渡してくれました。・・衝撃?でしたねぇ。
murasato023

その後は、私や他の来場者に、軍艦島のことをいろいろと解説してくれました。私は「去年、その軍艦島をガイドしてました」とも言えず、しばらく一緒に話をさせてもらいましたが、楽しかったですねぇ・・・。
実は付近を通りかかって偶然入った写真展だったのですが、こういう抜群に人柄のよいアーティストの方が、いたんだ、ということが本当に「ハッピー・サプライズ」でした。
murasato018

「やはり写真は人なり、アートは人なり」ですね。一時が万事と言いますが、こういう方の撮られた写真というのは、ご覧のように、かくも暖かく、すばらしいものです。
写真は、2枚とも日給アパートの地階で遊んでいる子どもたちのものですね。日給アパートは地上9階建てで、その谷間というのは非常に薄暗くじめじめしていたのですが、子どもの姿があるだけで、こんなにも違った世界に見えます・・・。こういう視点がさすがですね。
(写真展を紹介するために、フライヤーに掲載されている写真を少し紹介いたします)




他にも子どもを被写体にしたものが多かったように思います。
murasato019

軍艦島の写真は、好況の頃から閉山後までに渡っているのですが、時代によって島の人や子どもたちの表情に違いがあるのがはっきりとわかり、興味深いものでした。
murasato020

長崎余情・「浦上の丘から平和を考える」より、如己堂です。この独特の色は、コンピューター処理ではなく、トイ・カメラの機能なのだそうです。
murasato021

長崎余情・「悲愴美の世界-恵美須・大黒市場界隈」より。来春に解体・撤去が決まっているこの市場の作品が、もっともメインの場所に並べられていたことも、村里さんの人柄を表しているように思います。
murasato022

もう1枚のプリントの結びの言葉として・・「この写真展が、端島(軍艦島)の単なる回想展でなく、『豊かさとは、』の問いかけと、とって頂ければ望外の喜びであります」とありました。

軍艦島の子ども達の笑顔、原爆という悲しい歴史、消えつつある昔ながらの市場・・・。確かに今の私たちに対する「豊かさとは何か?」についての強烈な問いかけであると感じますね・・・。


「美術・映画・芸術」 記事一覧

br_decobanner_20110208161131