私にとって「崎戸炭鉱」のイメージは、なんと言っても、この写真です。一体何棟並んでいるのか、わからない位続く社宅群。初めて、これを見たのは、もう何年も前ですが、思わず感嘆の声が出たと思います・・・
sakito852

その炭鉱町には、病院、学校、劇場、市場、グラウンド、プール・・・などありとあらゆるものがあり、他の地区からここへ来る人も多かったと言います。
下は「福浦会館」という映画館(演芸場)です。
sakito850

この地にあった「昭和小学校(昭和43年廃校)」です。
sakito856

その最大の炭鉱町で栄えた福浦は、見渡す限り広がる「更地」と化しました・・・・。
何がどこにあったか・・・などということを考えることすらも、虚しくなります。
DSCF5872

このように、ほとんどが「立ち入り禁止」であって、歩ける場所には、なんにもないフラットな場所・・・ということなのです。
DSCF5870
そのフラットな場所にかつて、あったもの。
これは古い時代の演芸場、「福浦館(右)」と「共楽館(手前)」です。「共楽館食堂」という看板が見えますね。
DSCF5854

昭和9年に撮影された昭和小学校です。「落成記念」とあります。
sakito855

かろうじて残されたものは、このプール跡だけです。
DSCF5866

一方の端が深くなっていますので、競泳用のプールではなく、レジャー用のプールであろうと思われます。
DSCF5867

夏の日には、多くの親子連れが訪れ、一日中、子どもの声が響いていたことでしょう・・・・・。
DSCF5869

雑木林の中にあった廃屋。造りからして、駐在所跡に見えます。或いは、炭鉱町だったので、詰所跡でしょうか?・・・・
DSCF5883

フラットな土地からは、過去の「暮らし」を伺わせる空気を感じることができませんでした・・。

一部メディアや、溢れている「廃墟」サイトの運営者さん達に注目されたばかりに、その意志を離れ、「廃墟の名所」としてひとり歩きしてしまい、結果的に、会社や町を蹂躙し尽くしてしまった、この崎戸炭鉱跡。
残念ですが、管理会社として、「解体・撤去」という道を選択せざるをえなかったことは、十分理解できます。・・・しかし、保存を願っていた地元や一部有志の方々、そして何よりかつてこの場所で暮らしていた人達にとっては、大変残念な結果ですね。


(お祭りの日の子どもたち)・・・山神祭でしょうか。子どもも多く、さぞ賑やかだったことでしょう・・・
後ろの方には、建設中のアパートが写っています。
DSCF1041



崎戸中学校 昭和39年卒業の林信樹さんのお便りを転載させていただきました。このような当時の思い出などお寄せ頂ければ有難いです。

『 中学1年の時クラスが16組まであったと思います。それからすぐ12クラスに縮小して、
出ていく人ばかり。運動会では100M徒歩と「棒倒し」だけでした。ほんとにマンモス校
でしたね。ポンキュウさんというあだ名の音楽の先生がいました。なぜポンキュウか
わかりませんでしたが宮本先生を逆さまに読んだあだなですよね。今頃わかる次第。あれから何年かして60歳の時学年同窓会をしました。面影はありますが、よくわかりません。人生色々、時の流れもそれぞれ、納得して帰りました。 』

2016年、この街に住んでおられた方から貴重なコメントをお寄せ頂きました。当時の様子を綴った内容は、今となっては貴重な記憶と思いますので、失礼ながら記事に付け加えさせて頂きました。ありがとうございました。


 

「軍艦島・西彼炭田の炭鉱」 記事一覧