徳義炭鉱

昭和16年開坑 17年着炭。同年7月中島鉱業直営となり、19年4月より出炭開始。
30年4月 中島鉱業全山休山。同8月再開。
33年中島鉱業は中興鉱業を合併吸収。名称は中興鉱業とする。
36年同じ経営下の福島炭鉱と海面下300m、総延長3kmに及ぶ水平坑道で連結。
坑口を福島坑に集約。これにより、徳義坑は実質的な役目を終えています。 

現在の徳義坑、積み出し桟橋跡です。
DSCF5688

操業時の徳義坑。上の写真にはないボタ山が見えています。そして、入江の周りは、社宅や施設の建物でびっしりと埋まっています。現在は、水田や畑があるばかりで、当時の面影を示すものは、ほとんどありません。
DSCF5675



福島坑と連結した水平坑道。昭和32年当時では、画期的なことであったようです。
DSCF5678

炭層は「福島二尺層」です。一尺が約30cmですから、薄い炭層であることがわかります。
同町の歴史民俗資料館に展示してある「採炭」の模型です。
黒い部分が炭層ですが、膝をついたままの、苦しい姿勢で作業を行っていたことがわかりますね。
DSCF5676

桟橋は半世紀以上に渡り、波や潮風に洗われているはずですが、ことのほかしっかりとしています。
さすがに歩くのも怖いので、釣り人などもいません。
DSCF5691

DSCF5689

付近に残る遺構です。クレーンか何かの根本ですね・・・
DSCF5694

施設跡。ブロックで造られ、箱状になっています。
DSCF5698

付近の砂浜。黒い砂に見えますが、実はこれ石炭粒の黒い砂浜になっています。これほど炭塊や炭粒が多く残されている場所もありません。石炭だらけ?です。
DSCF5696


これも付近の施設跡です。人気も無い、まさに静寂の世界です・・・・
DSCF5701

入江よりかなり上の方に残る施設跡です。何に使われたかまでは、特定できませんでした。
DSCF5703

今では、ほとんど乗降する人もないであろうバス停が、ぽつんと残されていました。
DSCF5704

バス停の向こう側に見えるのは、小さな商店跡。バスを待つ間、賑わったであろう情景が浮かんできます・・・
DSCF5706

福島町・最後のビルド鉱として躍進を続けた福島坑も昭和47年に閉山し、多くの人が島外に去りました・・・。
DSCF5693



br_decobanner_20110211171247

「佐世保・北松炭田にあった炭鉱」 記事一覧



(説明のためにやむなく資料を引用させて頂いております。目的は、かつてこの地で暮らされていたご家族の記憶を辿る、一助になればという思いによるものです。ご了承のほどお願い致します。今後は現代の世相を鑑みて、ブログとしてのコンプライアンスをより重視してのぞみたいと考えております。2016年7月