「桜坂」・・と言えば、福山 雅治氏の名曲ですが、そのイメージの素になった場所は、実は2ヵ所あります。
1ヵ所は、今やメジャーとなった、東京都大田区の桜坂。
そして、ここ西海市松島にある桜坂。

wikipediaで「桜坂」を検索すると、文中に
 「・・・(松島の桜坂について)福山は高校卒業後にこの島を訪れているようだが、この坂に足を運んだかは定かではない。またこの桜並木の坂はもともと桜坂と呼ばれていたわけではなく、福山人気にあやかり後に桜坂と命名されたものである・・・・
と、いかにも松島の人が勝手な思いこみで、命名したかのような印象を与えますが、そうではありません。
何年のいつ、かまでは、覚えていませんが、福山さん自身が、ラジオの中で「実は、もとになった場所が、もう1ヵ所あって、それが松島の桜坂(桜の咲いていた坂道)だ・・」とはっきり述べていたのは、まちがいないことなのです。
DSCF5504

小さな島に・・・と思うほど、見事な「桜坂」が、そこにはあります・・・・
東京の桜坂とは違い、見頃を迎えていても、平日にはほとんど人影がありません。
DSCF5552

でも、だからと言って、桜が「卑屈」になるはずもなく、ご覧のように桜の見事なトンネルをつくり、咲き誇っています。
DSCF5554

あたりには、時々ウグイスの鳴く声が響く以外、風の音しかしません。
DSCF5503

この日は、散り始めた花びらが路上にも落ち、上も下も薄ピンク一色でした。
DSCF5561

すいません、ちょっと曲を入れさせてください。ここの「桜坂」には、アコギ・バージョンが似合いそうです・・・



DSCF5553

坂のふもとにある「桜坂」という名のバス停。
DSCF5506

この島にも、少子化の問題が起きていました。この島には、既に中学校が廃止となっていますが、小学校にもどうやら廃止の影がしのび寄ってきているようです・・・・
DSCF5551

松島小学校の開かれた窓(カーテンが見える)からは、賑やかな授業の声が流れてきていました。
島の人たちにとって小学校が無くなってしまう・・というのは、島の「希望」「活気」の源を奪われてしまうようなものでしょう・・・・
DSCF5550

何としても、未来に向かって開いていく「美しき花」である子どもたちの為に、この島の小学校を守り抜いてほしいと思います。
「桜坂」の桜吹雪の下を歩いていく子どもたちの姿が無くなってしまえば、「桜坂」が毎春咲き続ける意味がありませんから・・・。
DSCF5562

皆さん、この「桜坂」も応援、よろしくお願いします・・・


人気ブログランキングへ