炭鉱時代、商店や居酒屋などがひしめいていた間瀬(まぜ)商店街です。
DSCF5073

お気づきだと思いますが、左側コンクリートの段々の場所には、ひと区画ずつ、お店が出ていました。
DSCF5072

炭鉱・好景気の頃は、この通りが人で埋め尽くされ、流れに逆らって歩くのは無理だったそう・・・また、給料日の後などは、飲み屋にくり出した炭鉱マンたちであふれ、翌朝、通りをほうきで掃くと、一万円札が2~3枚落ちていたそうです。立ち寄った酒屋のご主人が話してくれました。
S20間瀬商店街
(昭和20年頃の同商店街)



役場に立ち寄り、炭鉱時代から残っている施設について、たずねてみると、主なものは、体育館、松島炭鉱鉱業学校、そして松島電気製作所だということでした。
松島電気製作所は、炭鉱操業中からの施設を利用しています。
DSCF5074

DSCF5079

敷地の片隅には、炭車が置かれ、廃材入れとなっていました。
人力で動かす場合、2つある取ってに手をかけます・・・
DSCF5078

松島電気製作所の近く、アパートの敷地の隅に、「大島炭鉱を偲ぶ碑」がひっそりと立っています。
DSCF5077

炭鉱街には、「東小学校」と「第三小学校」という2つの小学校がありました。(クリックで拡大)
osima669

上図の第三小学校の場所に現在あるのは、「大島東小学校」。
校舎・敷地の大きさから、かつての児童数・規模がわかります。
DSCF5081

画像からは、わかりにくいですが、同じような大きさのプールが2面?あります。
DSCF5082

南町あたりも、かつての面影を残していますが、浜町に比べると、かなり様変わりしてしまっているように思えました。
DSCF5084

図中、「蛤(はまぐり)住宅」とある場所です。正確な年代はわかりませんが、ここにはRC造りの住宅があります。「蛤団地」と呼ばれているのだと、住人の方が、おしえてくれました。
DSCF5093

2階建てのRCアパートは、個人的にも好きな設計、建物です。いいですねぇ。
DSCF5086

2階部分のバルコニーがいい感じです。
DSCF5087

1階のでっぱりの部分はお風呂でしょうかねぇ?・・・ともかく、この感じが、長屋っぽくて、いいなぁ・・と思います。
DSCF5096

間瀬商店街はちょっと気になりましたが、まだまだここ大島町は、炭鉱町の古き良き雰囲気を十分残している街だと思いました。感じのいい場所で、かなりこの島のファンに?なりましたね・・・。






GKさん    fg3Tyk0238hnp@gmail.com




「軍艦島・西彼炭田の炭鉱」 記事一覧