2010年の3月4日、長崎市の許可の元、テレビ番組の収録で、軍艦島に入った時に撮影した画像を紹介したいと思います。
その時の画像を元に、私の本の中の数点の作品がつくられました。

これから紹介するのは、「無人となった空間」ですが、その一枚一枚の中に、とてもあたたかなコミュニティの中で生活していた、子どもたちや人々の姿を重ねて見ていただければ、幸いです。

大廊下でつながれた16、17、18、19、そして20号棟は、まとめて「日給社宅」と呼ばれます。
炭鉱では以前、日給制をとっていた時代があり、この日給制で働く鉱員さんたちが入っていたことから、この名がつきました。
16号角321

大正7年に建てられた、この9階建てのアパート群。
近代建築の魁と言われた、東京・横浜の同潤会アパート群が、大正15年以降ですから、この日給社宅がいかに当時としては、先をいっていたかが、わかると思います。
ただの岩礁であった場所に人口岩盤・擁壁を築いて人工島を造り、地底1kmの深さ、数キロにも及ぶ坑道と10階にも及ぶ鉄筋コンクリート製の高層アパートの建設。
「軍艦島」は間違いなく、当時の三菱の、最高傑作でしょう!
DSCF3132

画像でわかると思いますが、陽当たりを考えて、フロアーを少しずつずらして造ってあります。
map806島の中央岩盤に寄り添うようにして建つ日給社宅。中は迷路のように通路が入り組んでいて、「知らない人が入り込むと、容易には出てられない」と言われました。
かく言う私自身も、撮っている内に、撮影隊を見失ってしまい、慌てて探す・・という羽目に陥りました。

しかし、その複雑な建築と独特な景観から、「もっとも軍艦島らしいアパート」として、好印象を持たれる建物でもあるようです・・・




















19号棟の9階ベランダから、18号棟海側を見た図です。向こう側に見える白っぽいアパートは、昭和36年に建てられた51号棟です。各階の通路に置いてある四角い箱は、コンクリート製の水桶です。
DSCF3144

反対側、島の中央部を見た図です。幹部さんの住宅であった2号棟が見えます。脇の階段は神社に至る階段です。
DSCF3148

今度は19号棟から南端方向を見ています。手前に見えるアパートは、昭和42年と比較的新しい時代に建てられた13号棟です。このアパートだけは、屋上に上がることが出来ず、現代の建築に通ずる構造となっています。その上に見えるのは、貯水タンクです。
DSCF3147

よく廃墟写真集などにも撮られている一室ですね。ポツンと立ち続ける旧式のテレビが、なんとも言えない表情をしています。
DSCF3145

日給社宅の通路です。水桶が見えますが、広く幅のあるつくりで、このスペースが、洗濯物を干したり、或いは七輪で魚を焼いたりする、住人たちの共同空間となり、すぐれたコミュニティを創り上げる為の重要な役割を果たしました。
DSCF3146

かつて、この軍艦島を舞台として、「緑なき島」という映画が作られたことがあったのですが、子どもたちの教育の為に、日給社宅の屋上には、「屋上農園」がつくられていました。その土は、子どもたちが、バケツで少しずつ、運び上げたものです。
DSCF3137

そのなごりか、今では無人の島の屋上に、こんなにも植物が茂っています。そして、今は野鳥の楽園となっているようです。
DSCF3134

下の階から見上げた図です。確かに下の階は、陽当たりが悪く多少じめじめはしていたと思いますが、嵐などの日は、もっとも安全な場所となりました。上の方に見えている幹部用の3号棟などは、内側の壁すら壊されてしまっていますが、下の階の部屋は、37年前に住人が出ていった、ほぼそのままの状態でまだ残っています。
DSCF3150

19号棟よりの、海側に面した入り口。大きく口を開けているのは、ダストシュートです。入り口階段の手摺りデザインには、意匠をこらしたあとがうかがえます。
DSCF3153

また日給住宅の1階は半地下になっています。これは、もともと防潮階として造られたものですが、多くの商店や食堂などが入居していました。
厚生食堂前943

そして、この辺りには、対岸の野母崎半島から多くの野菜などを積んだ行商のおばさんたちがやってきて、露店を開いていました。畑のない、この島では野菜は、とぶように売れたそうです。
露天商940

こういった多くの商人さんたちの存在も、島の活気の一端を担っていたわけです。
これは、露店を開く前、場所決めのじゃんけんをしているところです。皆さん、笑顔ですね。
場所取りじゃんけん939

しかし、この活気も、昭和49年近く、閉山が決まってからは、次々と人が去り、見る影もなくなりました。
空き室が目立つアパートの前で、ポツンと店を出しているおばさんの顔からも笑顔が消えてしまっています。
今に通ずるような、なんとも切ない光景ですね・・・・・
S49端島銀座



br_decobanner_20110208161131

「軍艦島・西彼炭田の炭鉱」 記事一覧