「国鉄柚木(ゆのき)線跡」としても、よかったのかもしれませんが、そもそもこの鉄道の始まりは、まだ柚木、大野、相ノ浦が北松浦郡山口村であった時代に、数多くあった炭鉱の石炭を相ノ浦港まで輸送する目的で造られたものですから、この時代の「佐世保軽便鉄道」としました。

佐世保軽便鉄道は、吉井町に生まれ、世知原町・中倉家の養子となった中倉万次郎(なかぐらまんじろう・政治家、実業家)ら地元資本により設立され、柚木~相ノ浦間が大正9年に開通しました。

画像は、柚木線と、佐世保市内に向かう線との分岐があった左石駅です。現在でも国鉄時代の広い構内が残っています。
DSCF5149

この風景に見覚えのある人も多いことでしょう・・・
DSCF5148

柚木線は、左石駅より、肥前池野駅、高尾駅、柚木駅と続いていました。
今でもその鉄道跡は、しっかりと確認できます。
DSCF5139

ちなみに、明治40年頃には、大野地区に、松原炭鉱、池野炭鉱、池の谷炭鉱、城の下炭鉱、文殊の辻炭鉱、泉福寺炭鉱と6鉱、柚木地区には、筒井炭鉱、一の阪炭鉱、柚木炭鉱、高尾炭鉱(同名2鉱)、藤山炭鉱、湯田坂炭鉱、小岩炭鉱、野中炭鉱、大久保炭鉱と10鉱ありました。



柚木線は、その後戦線の拡大とともに、重要な運炭線として、昭和11年に国鉄により買収され、国鉄柚木線となりました。
DSCF5140

戦後も運炭線として順調でしたが、昭和42年の豪雨により不通となると、そのまま復旧されることなく、廃線となりました。まさに、戦争と自然災害により翻弄された線と言えるでしょう・・・
DSCF5141

日鉄池野炭鉱時代に大いに賑わった、肥前池野駅も、現在は公園となっています。この日、廃線跡を、近くの保育園児たちがマラソンしていました。
DSCF5118

昭和42年の柚木駅です。災害のあった2ヶ月後のものですね。
柚木駅519

この建物は、リフォームされているものの、柚木町一組公民館として、現在も、その地に立っています。
DSCF5142

駅前の広場は、まだ十分な広さを残しています。
DSCF5143

近くには、国鉄時代の敷地を示す石標が、ポツンと取り残されていました・・・
DSCF5144








br_decobanner_20110211104502

*(説明のためにやむなく資料を引用させて頂いております。目的は衰退しつつある、故郷・長崎の良いもの未来に向けて、広く伝えるです。ご了承のほどお願い致します。今後は現代の世相を鑑みて、ブログとしてのコンプライアンスをより重視してのぞみたいと考えております。2016年7月