下図は、西海市大島にあった松島炭鉱大島鉱業所の当時の様子です。この炭鉱が、島をあげての産業であったことがうかがえます・・・
前身である大島炭鉱株式会社は大正6年の開坑、同9年に操業停止しています。その後、昭和10年に松島炭鉱株式会社により、大島坑が開坑されました。
oosima582f

昭和45年に閉山。以来、41年が経過しています。昭和50年に撮影された航空写真では、まだ鉱業所跡が、はっきりと確認できますが・・・
DSCF5115

さすがに、現在では、確認できるものは、非常に少なくなってしまっています。どこでもそうですが、一番当時の姿のまま残っているものは、1に「石垣」です。2は「コンクリート」、3が「木材」の順になるでしょうか。
DSCF5002



昭和20年代の第2坑です。
fukan583

そしてこちらは第1坑の坑口です。
fukan593

選炭場付近です。
fukan587

しかし一帯は、雑草に覆われてしまい、まったく把握のしようがありませんでした。これは坑口跡のように見えますが、どういった使用のされ方だったのかは、わかりません。
DSCF5003

コンクリートの土台です。港付近なので、積み出し施設の基礎か原炭ポケットの部分だと思われます。
DSCF5004

頑強な造りですので、さすがに壊すのも大変なのでしょうね。雑草を刈れば、もっとはっきり鉱業所の全貌が見えてくると思うのですが・・・
DSCF5006

大島坑の積み出し港であった馬込港の積み出し施設です。現在の海岸線は、当時のそれと、かなり変わってしまっています。
fukan589

今、港に建っている真新しい肥前大島港ターミナルの売店の方が、「これは、炭鉱当時から残ってる」と教えてくれたのが、このコンベアの部分です。台のコンクリートは生コン会社(現在は廃業)が付け足したものだと思いますが、上の部分は、なるほどそのまま残っていますね。
DSCF5008

DSCF5009

おそらく写真に写っているコンベアだろうと、思いますが・・・・
oosima592

どうぞ、この遺構が解体・撤去されませんようにと願いつつ、この後、炭鉱住宅街へと向かいました・・・・




br_decobanner_20110211171247

「軍艦島・西彼炭田の炭鉱」 記事一覧