まず私の結論を述べておきます・・・「池島炭鉱体験」、軍艦島ツアーの10倍いいです!(私は、ですよ)

↓この島、池島ではありません。実は、昭和57年、まだ三菱高島鉱業所が操業を行っている頃の高島なのです。
軍艦島から、ほんの3kmぐらい手前にある、高島。もしこのような状態で今もあるとしたら、あなたは上陸したくないですか?・・・・・

残念ながら、高島では閉山後、鉱業所はもちろん、島内にあった鉱員アパートもほとんどが解体・撤去されてしまいました。
高島web

これが同時期に撮影された、池島。こちらも、もちろん三井松島鉱業所池島鉱が操業中でした。
ikesima fukan

で、これが現在の池島の俯瞰。くすんで見づらいですが、建物などはほぼそのまま残っているのが、おわかりでしょうか・・?
このような場所は、おそらく日本のどこにもないし(北海道では1鉱が稼働中ですが)、残されている鉱業所施設や炭鉱町、炭鉱アパート群などを見学できる場所という点では、まちがいなく唯一の場所と言えるでしょう・・・




その池島炭鉱体験、少しだけ紹介しておきます・・・

西海市の大瀬戸港から定期船に乗ると、約30分で池島に着きます。すでに竪坑やぐらや鉱業所の建物、アパート群が見えてきています。
島の右端、なだらかなスロープ状になっている場所は、ボタを捨てている場所、つまりボタ山です。
DSCF4882

ツアーでは、「池島会館」の中で、炭鉱紹介のビデオを見ながら、「炭鉱弁当」(オプション)を食べることができます。暗い中で食べるのが、いかにも炭鉱っぽくて、Good!でした。(実際の坑内では、あっという間に炭塵がごはんに付着して、ごま塩弁当になるので、かき込むようにして食べていたそうです)
DSCF4776

池島会館は、かつて映画館としても使われた場所です。ですから、映写室の小窓など、当時のなごりが残っています。
DSCF4777

当時の映画ポスターですね。大人の料金が、230円となっています。
DSCF4778

会館内には、パネル写真なども展示してあるので、見学した後、ツアーに出発です。(興ざめにならないよう、かなりかいつまんで紹介します)
DSCF4783

この日、マンツーマンで?、ガイドをしてくれたのは、実際に30年間、池島鉱業所で働かれていたベテランの方です。元鉱員の方が、案内してくれるわけですから、感慨もひとしおです・・・
画像は、入坑口です。
DSCF4789

入坑口の手前の神棚と、点検場です。まず大きな鏡の前で、自分で横に描いてある項目を点検した後、係員の点検を受けます。(ライターやマッチを持っていないか等)
こういった日々のくり返しが、保安の為には大切だったわけです。
DSCF4788

ここは、おそらくツアーでは非公開だと思いますが、かつての鉱員用の浴場跡です。参考までに載せました。
DSCF4786

鉱員さんたちを降ろしていた竪坑やぐらです。
DSCF4799

よく炭鉱のある場所は、線路が敷いてあって、駅構内のようだった・・・という話を聞きますが、まさにその景色がそのまま残っています。こういった軌道は、石炭を積んだ炭車が行き来していたわけです。
DSCF4831

主に石炭やボタを上げていた竪坑やぐらです。長崎に残された、貴重な産業遺産・・・です。
DSCF4816

坑口です。以前、長崎さるくの催しで、ここから数百m入坑体験ができましたが、現在は行われていません。しかし、これだけがっちりした坑口が残っていますから、今後またここから体験入坑できる可能性も高いと思われます・・・
DSCF4833

画像で見ると、何でもないかもしれませんが、直接その場に立ってみると、ただただ溜息・・です。こういったものは、造ろうとして、造れるものでは、決してありませんので・・・
以前炭鉱で働かれていた方なら、その思いは、尚更であろうと思います。
DSCF4838

この時は、鉱員アパートの一室も見せてもらいました。自分の時代とぴったりリンクする造りだったので、懐かしかったですね・・・
DSCF4810

柱の傷は、もちろんリアルです。
DSCF4808

途中見かけた、池島小の子どもたちの習字やポスター。この子たちにとっては、「保安」や「安全」、「保安週間」といった言葉は、当然ながら、本当に重みのあるものです。
ちなみにカタカナの名前は、インドネシアから炭鉱の研修に来られている技師さんの子どもです。
DSCF4861

コンクリートの壁面にもいくつか坑口があり、作業を行っていました。
DSCF4881

その一角で、疑似炭鉱体験コーナーがあります。疑似とは言うものの、かつての作業用坑道を利用したものです。ここは、小さな炭鉱、いわゆる「小ヤマ」を再現してあり、鉄柱や坑木で構成されています。ここを、実際は真っ暗な中を、キャップランプのみで進みます。削岩機を実際に動かしたり、塊炭を砕いたりと、かなり貴重な体験ができました。こういうのも、「なつかしい」と思われる方は多いのではないでしょうか・・・
DSCF4843

疑似坑道の前に置いてある実際の石炭を積んだ炭車。
2011年4月以降、見学ルートも変更される可能性があると聞きました。もしかすると、近いうちに本坑に入ったりすることもできるかもしれませんね。
しかし、今回の疑似坑道コースも、捨てがたい魅力があるのは、確かです。
DSCF4840

本当に、この池島炭鉱体験はオススメです!
このブログはもちろん、宣伝ブログじゃないですが、せっかくですのでチラシを載せておきます。
池島456
チラシの右下にあるように、池島で唯一、泊まれる場所は、最初ビデオを見た池島中央会館です。素泊まりで1泊3,290円となっていますね。

初日に炭鉱体験に参加して、その日はかつての鉱業所の建物だった中央会館に宿泊し、翌日アパート群(ほぼ無人です)の炭鉱町を散策して帰る・・というのは、どうでしょうか!この島には現在7名の小中学生と数百人の住人の方が生活をされています。アパートには、かつての炭鉱マンのOBの方も住んでおられるそうです。散策をしながら、そういった島の方達とふれ合うというのも、いいかもしれませんね。

長崎「学」さるく
http://www.nagasaki-tabi.jp/experience/760.html


br_decobanner_20110211171247