以前の記事で、住友鉱業・潜龍炭鉱の炭鉱町、岩下地区を紹介したのですが、実は同鉱は江迎町と吉井町のほぼ町境にあり、吉井町側は、松原地区を中心に、炭鉱町として大いに栄えました。
昭和26頃が最盛期で、同地区には、住宅1,400戸、家族数5,000人に達し、この町境付近は、隣接する日窒江迎鉱と合わせて、人口1万人を越え、北松地区物資集散の中心地となりました。
画像は松原地区住宅街の様子です。
matubara415

現在の松原から、佐々方面を見た、町の様子です。
DSCF4597

遠くに、松浦鉄道の「福井川橋梁」の勇壮な姿が見えています・・・
この鉄道橋、昭和14年に架けられたのですが、戦時中のことで、鉄筋が不足しており、なんと竹筋(ちくきん?)コンクリート製の橋だというのだから、驚きです!
DSCF4589

松原地区ですが、やはり当時の雰囲気を残す・・・というわけにはいきませんでした。しかし、歩いて見ると、まだ当時の炭鉱住宅、敷地は一部残っています。
同じ方向に建ち並ぶ住宅と、その間にある細い通路。ここを通っていた鉱員さんやご家族の姿が、浮かんできます。
DSCF4590

遠くに見えるのは、牧ノ岳だと思います。
DSCF4596

松原住宅がある直谷(なおや)免には、かつて宏安炭鉱があり、近くの前岳(まえだけ)免には、前岳炭鉱がありましたので、この辺りは、見渡す限りが、炭鉱町として賑わっていただろうと推測できます。
DSCF4598

正面に止まっている人の視線は遮るけど、移動する人の視線は、完全には遮らない・・・この時代の塀は、誠に合理的に作られていると感心します。
DSCF4602

時代を物語るかのような石段・・・・小さく見える蜜柑の木・・・・
ずっと残しておきたい風景です。
DSCF4601




人気ブログランキングへ


「佐世保・北松炭田にあった炭鉱」 記事一覧


(説明のためにやむなく資料を引用させて頂いております。目的は、かつてこの地で暮らされていたご家族の記憶を辿る、一助になればという思いによるものです。ご了承のほどお願い致します。今後は現代の世相を鑑みて、ブログとしてのコンプライアンスをより重視してのぞみたいと考えております。2016年7月