Almiro Cherubin de Souza  1880 ~ 1921
長崎市生まれで、長崎市に没したポルトガル人です。
お墓は、新坂本国際墓地にあります。
この人を知っている人は、残念ながら長崎市民であっても、ほとんどいないだろうと思います。
DSCF4654

しかし、個人的には、大変思い入れのある人物なのです。
今から、約25程前、まだ群馬県に住んでいた頃、長崎に帰ってきては、あちこちを歩いて写真を撮っていました。
その時、新坂本国際墓地に来た時に、彼のお墓を一目見て、なぜか心惹かれるものがありました。で、このお墓を油彩に描き、個人的に随分と気に入っていました。
もちろん、その時は、誰のお墓かもわかっていませんでした・・・・
DSCF4672






アルミロ・ケルビン・ザ・ソーザは父親が1872年にポルトガルから長崎へやって来て、アメリカ領事館で通訳兼事務官などの仕事をしていました。
アルミロは1880年に長崎市南山手26番地で生まれ、ここで少年時代を過ごしています。海星学校を卒業した後、兄とともに「ザ・ソーサ商会」を設立しましたが、うまくゆかず、他の商社などに勤めた後、1902年から香港上海銀行(長崎支店の建物は現存)の行員となりました。
この頃、日本人女性と結婚し、南山手8番地に新居を構え、8人の子どもに恵まれました。その後、順調に昇進し、主任にまでなりましたが、1921年、41歳の時に健康を害し、肺炎のため自宅で亡くなりました。
(前列右端がアルミロ)
alumiro391

アルミロのご家族の写真です。
alumiro392

彼と妻、そして8人の家族が暮らした南山手8番地には、現在「カフェ・ド・アルミロ」というカフェがあります。
まだザ・ソーザ氏のことを全く知らない時代に、コーヒーを飲んだことがあります。実に落ち着くカフェだったことを覚えています。
DSCF4658

DSCF4660

いや、正確には、ありました・・・。大変残念なことに2010年12月いっぱいを持って、この「カフェ・ド・アルミロ」は閉店してしまいました。
緑のコーンには、「閉店のお知らせ」が貼ってあります。
DSCF4659

「心惹かれる」と、誰が眠っているかもわからず油彩に描いた墓標。名前の由来も気に止めず「感じが良くて、落ち着くカフェ」とコーヒーを飲んだカフェ・・・
そのルーツは、家族を愛し、また愛されたポルトガル人アルミロ・ケルビン・ザ・ソーザにあったと知ったのは、つい最近のことでした。
DSCF4662

きっと、このロゴのように、家の中には暖かなロウソクの灯がともっているかのような、幸せな家族の暮らしがあったのでしょう・・・

「長崎人物・歴史」 記事一覧