各地で寒波襲来のようですが、長崎、雲仙の白雲(しらくも)の池も、ご覧の通り、全面氷結したそうです。標高700mにあるこの池が全面氷結するのは、めずらしいそうで、カモも???という表情だと、記事は伝えています。
pond370
手前の子ども達は雲仙市雲仙小学校の生徒たちでしょう。同小学校は温泉街にある生徒数40人くらいの小さな小校なので、おそらくは旅館の従業員さんなどの家庭の子ども達だと思います。
日本における国立公園第1号に選ばれた雲仙ですが、近年では普賢岳噴火の影響も受けてか、苦戦が続いているようです。ぜひ、この雲仙にも賑わいが戻ってほしいものです。

また、氷の上のカモを見ているとJ・D・サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」を連想してしまいます。
主人公のホールデン・コールフィールドが酔っぱらったまま、「冬の間、池が凍るとアヒルやなんかは、どうするんかしらん?」と思い立ち、夜のセントラルパークの池へ歩いて行く・・というシーンがありました。そのあたりのくだりが好きで、25才の頃ひとりで、実際にその「The pond」を見に行ったことがありましたっけ・・・。今では絶対にあり得ないことです。