キリンの「サウザン」というリキュールにはまっている・・・。サウザンの由来は仕込水の硬度が1000であるということ。つまりマグネシウム含有量が非常に高くて、キレがある!というのが持ち味らしい・・。有名な硬水の「エヴィアン」や「ヴィッテル」が硬度300前後だから、硬度1000というのはめちゃめちゃ硬いということなのですね。
そういう、「うんちく」はともかく、ただウマイので飲んでるだけなんです。いや、もっと言うと、この缶のデザインが、この上なく好き!なのです。
「1000」のレタリングもいいし、色の配色、山岳のデザインも、いーんです       (☆゚∀゚)・・・・気分がはればれするっちゅ~か!
近くの酒屋にこのビールを買いに行くと、レジの兄ちゃん曰く、「このビール、あんまり出ないんで、仕入れるのやめよ~かと思ってるんですよね。うまいっすか?」 私がここ最近の中で一番のヒットだと言うと、「じゃあまたこれからも仕入れますけん!」と・・・・。
こりゃ~~飲み続けんとな~~って言うか、田舎の店っていいですよねぇ・・・。
1000

「魚の町アパート」にまたまた潜入!?しました・・・。
どうしても確かめたいことがありまして・・・・。
それは、「今も屋上へあがることができるか、どうか?」
再三言ってますが、かつて自分が育ったアパートは、屋上へあがることができ、そのことは住人の生活にとって影響が大きかったように思います。景色を眺めるのはもちろん、時に子ども達の遊び場であったり、また素振りなどの練習場になるなど、実に様々な用途に使われていました。
また私にとっては、叱られてうちから出された時に時間を潰すために使える「ありがたい」場所でもありました。


で、失礼ながら屋上へ行ってみました・・・・。
DSCF3485
 あがれました!!オオーw(*゚o゚*)w感動でした!!

この昭和23年建設の「軍艦島にも負けない、街のど真ん中に、ポツンと立つアパート」、絶対に残り続けて欲しいです!!

しかし、郵便受けを見ると、もう住人が半分以下という状態であることがわかります・・・・・・('A`|||)
DSCF3489

かつて子ども達が遊んだであろう、鉄棒が敷地にポツンと残されているのが、余計さみしく見えます・・・・。
DSCF3488

もしかしてこのアパート、軍艦島ではないですが、車道に面していない、ちょっと不便な場所にあったということだけで、たまたま取り壊されずに残っていたのでしょうか・・・?
だとしても、何とかこの建物、ずっと残って、ヒトが住むアパートであって欲しいですね・・・・!
DSCF3490