実は昨日、新聞社の担当さんから、今の連載が3月で終わることを告げられました。瞬間、「このトリも、タマゴを産まなくなったバイ・・・とクビを切られるのか~ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!」と思ったのですが、よくよく聞くと、4月から誌面の改編があるためでした・・・・。
考えてみれば、2年半もの間、続けさせてもらって・・・それは本当に自分の人生にとっても(けっして大袈裟でなく)大きな経験でした。
小さなコーナーかもしれませんが、自分の持っていた様々なエッセンスをこのコーナーから引き出してもらったような気がします。本当に感謝ですね。
さぁ・・後は明後日の掲載を含め3回。2124文字と3枚に全てを出し切るつもりで、いいものを創りたいと思います。乞う、ご期待!!
尚、最終回は3/28(日)の長崎新聞です。長い間、ご愛読下さいまして本当にありがとうございました。

昨年、クリスマスの放送でも紹介した「ライ麦畑でつかまえて」のJ・D・サリンジャー氏が昨日亡くなりました。
よくTVのインタビューなどで、「この人の訃報を聞いて、ひとつの時代が終わったな・・・と感じる」というのを聞きますが、本当に今日はそういう気がしました・・・・。
私にとって、「ライ麦・・・」のホールデン・コールフィールドをはじめ、フィービー、アクリー、ストラドレーター、スペンサー先生などは、他人の気がしないほど親しみのある存在でした。大学時代の友人からこの本を初めておしえてもらっていらい、何度引っ越ししても、この本だけはいつも近くに置いておき、たまに開いていました。
 「ライ麦・・・」の最後あたり、酔ったホールデンが、冬の夜のセントラルパークで凍った池のアヒルを見に行くシーンと、同公園のメリーゴーランドに乗ってるフィービーをずっと見ているシーンがあるのですが、ともに大好きなシーンで、25歳の時に初めて一人でニューヨークまで、この場所を見に行きました・・・。
教員1,2年目の頃、上記の場面の油彩画を描きました。その絵を見た学校事務員から、この寂しそうな姿が、君に似ていると言われました。
佐世保で知り合った友人の英国人、アランにペーパーバックスの「ライ麦・・・」の原文を英語で吹き込んでもらい、ヒアリングに使いました・・・。

今ではこの本は、ジョン・レノンを射殺したチャップマンのポケットに入っていたということの方が有名になってしまいましたが、この本は、前編に笑えて、最後にとてもロマンティックというか、ジ~ン・・・とする大変すばらしい本なのです・・・・。

Salinger
若き日のJ・D・サリンジャー

img78
「ライ麦・・・」は幾つかの出版社版・翻訳者がありますが、この白水社の
野崎 孝さんのものが絶対的にお勧めです!

DSC00194
私の拙作。実際にNYで写真を撮ってきた後に制作したものです。
けっして池のほとりで、おしっこをしているわけではありません・・・。^^;