「龍馬の愛したお米??」など「龍馬伝」に合わせ巷は大いに盛り上がってきているようです・・・。確か吉田松陰のキャストも決まったようですが、さして主要な?ポジションではないようなのが勿体ない気がします。安政の大獄にて捕らえられ獄中で自刃させられた(獄中が長かった)ので、しょうがないかもしれないのですが。
それにしてもペリーが黒船に乗って浦賀沖に現れ、大砲をズドンと打って脅しをかけている時、日本中の人が夜も眠れぬ程震え上がっているというのに、小舟を漕いで行って「メリケンまで乗せて行ってくれ!」と言ったいう無茶さ!が、もう大好きです!・・・日本史上、これほどまでの無茶な行いが他にあるでしょうか!?人柄としても子どもに好かれるような好人物だったらしく、また自分は貧しさゆえ、養子に出された身で厳しく育てられたというのに、「親想う心にまさる親心」という名句(辞世の句)を残したという事実は大いに感じ入るところがあります。
この松陰、ペリーに断られた後、それじゃ「ロシアのプチャーチンの船に!」ということで長崎にもやって来ているのですが、そのことは長崎で一体どれくらい認識されているか、あやしいものです。まぁお米も大事ですけどね・・・

a9716492.jpg


「長崎人物・歴史」 記事一覧