制作中NHK第1放送を聴いていると、大西暢男さんというカメラマンがゲストでした。彼は15年にわたりダム湖に沈む村のおじちゃん、おばあちゃんを撮り続けた人らしいのです。最も印象的な部分は、「いかに都会に住む自分がダムを必要とさせる、水資源に負担をかける生活(一見豊かに見える?生活)をしているかを思い知った」というものでした。