アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

NHK高松 にっぽん紀行 「行商すーちゃんの15キロ」~香川 観音寺~

NHK高松制作 にっぽん紀行 「行商すーちゃんの15キロ」。はっきり言いまして長崎はおろか九州とも何のつながりもありません。
しかし、車も入れない坂の小径が街の半分近くを占める長崎市にとっては、このドキュメンタリーから教わることが多々あると思い、今回ご紹介したいと思います。
キャプチャー画を多く使用しますが、これは番組内容をわかりやすく説明する為のもので、目的はそれ以外は一切ありませんので、何卒ご了解願います。
IMG_0104a

香川県観音寺(かんおんじ)市に住む大谷 スミ子さん(愛称すーちゃん)は、2013年7月現在、85歳にして魚の行商を続けておられます。
すーちゃんの一日の始まりは、まず魚の仕入れから。ダイサダという屋号を持つすーちゃんは、早朝から魚市場へ出向き、せりに加わります。
IMG_0105a

1,200円でスタートしたせりに、すーちゃんはいきなり400円も低い800円の掛け声を。でもこれが、すーちゃんの商いにとっては重要な意味合いがあります。
IMG_0107

見事に800円でせり落とし、笑顔のすーちゃん。
IMG_0108

そして、すーちゃんの行商のスタートです・・・
IMG_0109





続きを読む

今もなお 立ち続ける証言者たち ~ 長崎の被爆樹木に会いにゆく ②


若草町を後にし、今回爆心地よりわずか800mという至近距離にある被爆木を探します。800mという距離はちょうど山王神社の大クスと同じ距離にあたります。
竹の久保町にある引地さん宅の柿の木とカシの木です。引地さん宅は活水学院中・高等学校と長崎西高校のグラウンドの間に位置しています。
カシの木の方は、比較的すんなりと見つけることが出来ました。
IMG_0048

このカシの木は被爆時、中ほどからへし折られたそうなのですが、2年ほど経ってからまた芽吹いたそうです。向かって右側が爆心にあたり、やはりそちら側には枝が伸びきれないのがわかります。
IMG_0049

続きを読む

今もなお 立ち続ける証言者たち ~ 長崎の被爆樹木に会いにゆく ①

当初のタイトル構想は、「被爆樹木を訪ねて」でしたが、事後に「会いにゆく」変更しました。
樹木は動物とは勿論違いますが、今回対面して「生きている」というインパクトが非常に大きく感じられましたので。

長崎の被爆樹木と言えば「山王神社の大クス」が圧倒的に有名で、ガイドブックに掲載されたり、書物にも多く登場していますが、もちろん同じ熱線と爆風に耐えながら今も尚立ち続ける被爆木は他に何本もあります。しかし、残念ながら殆ど知られることがありません。事実、私ですら今まであまり惹かれるものがなかったのです。

今回、爆心から遠い長崎市北部より、爆心地を目指し、更に南側に抜けるルートで被爆木を探しました。今回追跡したのは平成8年に長崎市が発行した資料です。

まず1本目は長崎工業高校正門前にあるという被爆樹木を目指しましたが、これは完全に姿を消してしまっているようでした。
続いて爆心から約2.8kmという西北町・開念さん宅のカシの木を探しました。このカシの木は被爆前は20mほどもある大木でしたが、爆風で途中から折られ、熱線で幹を焼かれています。
ma4056
どうやらこのカシの木は、長崎工業高校グラウンドに近い高台にあるようです。
IMG_0013

何の標識もなく確定とは言えませんが、爆風の当たる場所、背後に見える石垣から判断すると、どうやらこの木のようです。
8年前の資料写真に見える横枝は切り落とされているようです。傷みにより風で折れる心配があったのでしょう。
IMG_0010

木はまだ若い葉を出し元気のようですが、幹を拡大してみると、なかなか痛々しい様子となっています。また、この場所の所有者も変わってしまっていたようでした。被爆後68年、資料作成時から17年。致し方のないことかもしれません。
IMG_0012

少し離れたところにある西北小学校からは、ちょうどプールの授業があっており、子どもたちの賑やかな歓声が響いていました。こういった何気ない夏の情景にこそ、長崎市民は68年前の惨禍と平和への尊さを思わずにはいられません。
IMG_0015






続きを読む

当時の面影を求め、日鉄鹿町鉱跡を歩く その② 住宅地など周辺(鹿町町)

その②では、タイトル通り「炭都」と呼ぶにふさわしかった巨大な炭鉱街のあとを紹介したいと思います。炭鉱という職場があって、社宅という生活の場があり、家族が暮らす上での学校や郵便局、浴場、商店、遊技場などと拡がってゆきます。このブログでは特に「人々の生活の場」に注目したいと思っています。なぜなら様々な遺構や遺産、そして歴史や史実は今と今後の「人」の生活の為に生かされて欲しいと願うからです。

まずは①で紹介しきれなかった、日鉄鹿町鉱業所内の施設から。下は日鉄4鉱を統括していた日鉄北松鉱業所本部です。
img107

映画「ラドン」では、病院という設定で撮影が行われたようです。
IMG_0040 (2)

東坑からボタ山・選炭所に伸びる送炭線をまたぐ陸橋を山手に登っていったところに本部はあったようです。
IMG_0038 (2)

もちろん辺りには、何の痕跡もなく個人様の住宅が立っているだけでした。あえて痕跡と言うのならば、3枚前のモノクロ写真の中に見える立木がわずかに1本だけ残っていたようです・・・。
IMG_0814
続きを読む

当時の面影を求め、日鉄鹿町鉱跡を歩く その① 鉱業所(鹿町町)


昭和39年1月29日に閉山してから、約半世紀が経つ鹿町町の日鉄鹿町炭鉱跡。かつては、北松浦郡吉井町の御橋(おはし)鉱、小佐々町の矢岳鉱、佐々町の神田(こうだ)鉱、そして鹿町町の鹿町鉱の4鉱を統括する日鉄鉱業・北松鉱業所が置かれた場所です。

昭和31年に公開された東映初の総天然色怪獣映画「空の大怪獣ラドン」では、鉱山より怪獣が誕生するという設定で、映画ロケも行われました。

多くの労働力として、多くの人口を抱え賑わったであろうこの場所を、当時の面影を探しながら歩いてみました。

まずは、見当を付けるために、当時の配置図と現在の航空写真を比較してみます。
IMG_0914

ほとんどの炭鉱は資料が乏しいか何も残っていないのですが、鹿町鉱の場合は地質図に坑口の位置や送炭線の位置まで記載してあるるのでおおよその見当がつきます。
ma4038

上図からも大きな炭鉱(街)であったことがわかります。下の町誌に出ていたような鉱業所の片鱗は、どれくらい残っているのでしょうか?
img101

今回はいずれも画像が悪いのですが、「空の大怪獣ラドン」からのキャプチャーと町誌からの画像と対比してご紹介したいと思います。
その①では鉱業所内をご紹介します。
続きを読む
記事検索


プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。











荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



☆ FaceBook ☆