アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

平成26年に閉店した長崎玉屋は、派手さはないが地元に愛されたあたたかな百貨店

平成26年2月末で長崎玉屋(正式には、佐世保玉屋長崎店)は昭和44年の開業以来、約45年の歴史に幕を降ろしました。

画像は最終日の長崎玉屋の姿です。ただ外観を見ただけでは、「老朽化が否めない地方百貨店」と映るかもしれませんが、この長崎玉屋の「在り方」はいろんな意味で、今後の大規模商業施設にとって手本とすべき、或いは多くの教示を与えうるエッセンスがあるように思われます。そのことを確信させる光景が、この最終日に幾つも垣間見えました。

DSCF5054


最終日、店内には多くのお客が詰め掛け、たいそうな混雑振りでした。最初それは、最大7割~8割引という閉店セールによるものかと思いましたが、様子をうかがっているとどうもそれだけではないことが判ってきました。

老若男女を問わず多くの方が、明らかに店員さんに労いの言葉をかけたり、店の様子を名残り惜しそうに眺めているといった様子があちこちで見られました。
DSCF5011


他の百貨店が集中する繁華街とは離れた新大工町商店街に、ただひとつの百貨店として、言わば独特な立ち位置で営業をしていた長崎玉屋。この地を撤退するという感じではなく、「地区の為に本当に今日までお疲れ様でした」、とでもいうような空気感に包まれていました。DSCF5049

現在の新大工商店街は、若い人の姿こそ目立ちませんが、寂れたという感じではなく、年配のお客さんの往来は常に絶えません。
DSCF5062

その新大工商店街の一役を担っていたのが長崎玉屋でした。今の大型商業施設にはあり得ない発想かもしれませんが、玉屋ビルの商店街に面した一階は「新大工市場」となっています。
PICT0022 (2)

ですから、内部は実際に鮮魚店や豆腐屋さん、青果店などがびっしりと詰まった市場となっています。
DSCF5059

商店街側のデパート・フロア出入口は、こんなにも慎ましいものでしたが、こちらの出入り口の方に馴染みのあった方も随分と多いことでしょう。
DSCF5060


続きを読む

平成25年度で閉校する 南島原市立堂崎小学校 木場分校は、小学校低学年生でも自分の足で登下校できる為にあった学校

平成26年3月末で閉校する 南島原市立堂崎(どうさき)小学校 木場(こば)分校は、南島原市 有家(ありえ)町木場地区にあります。同地区は島原半島の中央に鎮座する雲仙山系の広くなだらかな山裾にあり、辺りには広大な畑が広がっています。
この分校は、1年生から3年生までの児童が通う分校で、4年生からは本校である堂崎小学校に通うことになります。
タイトル通り、「幼い一年生や下級生が、自分の力で歩いて登下校できるように」という目的で存在する分校なのです。
IMG_0001

分教場が出来たのは、明治・東有家村時代のことです。その後、南高来郡有家町立の時代が長かったわけですが、同町はまるで下図↓↓のように、「雲仙岳を中心として、ピザのように細長く切り取った」ような形をしています。(クリックで拡大)
赤いアンダーラインをした「三又」「藤原」「六郎木」といった地区が、木場分校の校区なのですが、海岸部にある堂崎小本校に行くよりは、西側の新切(しんきり)小学校や布津(ふつ)町の飯野小学校のほうが距離的には近い気がします。
「では、なぜこのような細長い校区となっているか?」ですが、これは推測の域をでませんが、「島原の乱後の移民政策」が深く関係しているような気がします。
ma4170


続きを読む

十字架山と本原教会 ~ 人の心が見せてくれる景色

「長崎の十字架山」の所在地を、一体どれくらいの方が知っておられるだろうか?という思いがありますが、そもそも十字架山の存在を知っておられることすらあやしい今日であるかもしれません。

しかし、下図のように昭和30年頃の長崎電気軌道さん(路面電車)の案内図には、かくも堂々と「十字架山」の存在が示されています。
(ちなみに、この頃は運行されていた電鉄バス路線図や、「井樋の口」や「千馬町」といった懐かしい電停、競輪場なども見えます。※以下クリックで拡大)

ma4158

案内図からも戦後復興めざましい長崎の様子がうかがえますが、片岡 弥吉著 「長崎のキリシタン使徒たち」によりますと、浦上一体がまだ住宅化の波の押し寄せていない、素朴なキリシタン農村であった頃は、汽車がこの地に入ると、小さな丘に立つ十字架が目に入ったといいます。これが当時、ポルトガル語の伝来のまま「クルス山」と呼ばれていた十字架山なのです。
当時、長崎を汽車で訪れた多くの方がまず目にしたその光景こそが、旅の序章として旅愁を掻き立てられた、「エキゾチックな長崎」そのものだった、ということなのですね。

その十字架山へ向かってみます。

続きを読む

平成25年度で閉校する 南島原市立津波見(つばみ)小学校は「孝子の里」である小さな集落の中心

南島原市加津佐町津波見(つばみ)名。島原半島の観光地である小浜温泉のある雲仙市と南島原市の境付近にある小さな集落であり、半島の南端である口之津へ向かう251号線からは集落がよく見えない為、その存在を知らずに通り過ぎる観光客も多いと思います。

251号線沿いに立っている「本朝二十四孝の一人安永安次生誕の地」と記された看板から山側に入るとすぐに集落が現れました。
その中心に建っているのが、南島原市立津波見(つばみ)小学校です。
IMG_0295

コンクリート造の校舎の前には、平屋の木造校舎がまだ現役で使用されています。
IMG_0255

平成25年10月現在、児童数12名ですが、H14-11人、H15-7人、H16 -10人、H17 -13人、H18-12人、H19 -13人、H20-16人、H21-17人、H22-15人、H23-18人、H24-15人とここ10年は横ばいで推移していました。しかし、残念ながら津波見小は、統合の為、残り数ヶ月で創立130年という長い歴史に終止符を打つこととなります。
IMG_0281




続きを読む

平成25年度で閉校する 南島原市立山口小学校は、映画に出てくるような、木造校舎のあたたかい学校

2015年、よく晴れた秋晴れの日に、年度末に他校と統合のため閉校となる南島原市立山口小学校(南島原市加津佐町戊1208番地)を訪問しました。
加津佐町より山手にしばらく走ると山口小学校の敷地が見えてきます。
IMG_0394

初めて目にした山口小学校は・・・。
恥ずかしながら、このような「映画の中にしか出てこないような」木造校舎の小学校が長崎にあったとは、知りませんでした。
IMG_0366


続きを読む
記事検索


プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。









荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



☆ FaceBook ☆