アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

映画「空の大怪獣ラドン」の中に見る、日鉄鹿町炭鉱・再編


前回の記事が画質が粗く枚数も不十分であった為、「再編」としました。
この記事の目的は、①かつて鹿町鉱で生活されていた方やその親族の方に当時の様子を振り返って頂きたい②「ヤマは、ひと家族」と言われた温かなコミュニティーが存在したことを地元の方や子ども達に知ってもらい多少でも振興の一助となって欲しい、の2点に尽きます。
そういう観点で読んで頂ければ有難い限りです。

「空の大怪獣ラドン」は昭和31年12月26日に公開された東宝映画です。したがって、これから紹介する旧北松郡鹿町町・日鉄鹿町炭鉱(加勢地区)の風景は、同年の春から夏ごろにかけて撮影されたのではないかと推察されます。

【 平成26年現在でも目視確認できるもの 】

①ボタ山

IMG_0006 (2)

だいぶ傾斜が緩やかになっていますが、2つの峰の形がまだ確認できます。(現在ここは車道が走っています)
IMG_0813


②坑口(東坑・ラドンでロケが行われた場所)

IMG_0034

草木に覆われてしまっていますが、しっかりとした造りは健在であるように見えます。(東坑は昭和3年に開坑されています)
IMG_0802

当時この坑口から外を眺めると、このように見えたはずです。
IMG_0014

続きを読む

佐々炭鉱再訪 ~ 山間に暮らしの跡を探して

もうかなり前のことになってしまいましたが、佐々町の佐々鉱跡を少し歩きましたので紹介したいと思います。内容としては、このブログのコンセプトでもあるのですが、「正確な施設・設備の記録」といういうよりは、『当時の生活の面影を辿る』、というものです。その為、風景や画像を通して連想することも多く含まれておりますので、そういう記事として読んで頂けましたらと思います。
佐々鉱については、一度概略を載せていますので、そちらを一読して貰えばと思います。

同鉱の写真は2014年現在で私は下の一枚しか発見できていません。この写真から想像できることは、「坑道口は山の上の方にあり、掘り出した石炭は、いったん小川沿いの道へ降ろし、そこから更に鉄道方面へ輸送していたであろう」ということです。右下の小屋の下部にポケット(貯炭施設)が見えていることから考えると、降炭には、右上の高い場所まで運んだ後、傾斜を利用してポケットまで落としていたのかもしれません。そうなると左側の軌道は人員の輸送に使われていたものなのでしょうか?全ては想像の域を出ません。
佐々炭鉱069

現在の同地はどうなっているのかと思い、この施設があった辺りを登ってみることにしました。いつの時代のものかは不明ですが、深い山にしてはがっちりとしたコンクリートが敷いてあります。
IMG_0036
続きを読む

「じこ のこと」 ~ 子どもの目に映った、ヤマの事故

昭和30年代に福岡県稲築町で撮影された一枚の写真。詳細は不明ですが、おそらく三井山野炭鉱の入坑口付近で撮られたものだと思います。
ma4187web

入坑口には、おそらくどこの炭鉱もそうですが、保安を呼びかける言葉がイラストなどと共に掲げてあります。

全くの推測にすぎませんが、山野鉱の近くにあった小中学校で書かれたものではないでしょうか。
学年別に並べて貼ってあるとすると、

小学校1年生 「 いし 」、石炭のことを指します。「 ほあん 」、そのまま保安ですね。

小学校2年生  「 せきたん 」、石炭。 「 あんぜん 」、安全。

小学校3年生  「 天井しらべ 」、仕繰り と呼ばれる坑内の保守作業の中の天盤の状態をチェックすることですね。

小学校4年生 「 炭車に注意 」、坑内災害による死傷者数が最も多かったのが、落盤によるものでしたが、次いで多かったのが、炭車暴走など運搬中の事故によるものだったというデータがあります。この事故への注意を呼びかけるものですね。

小学校5年生 「 岩粉散布 」、炭塵爆発を防ぐ為に散布する岩粉の定期的な散布を呼びかけるもの。

小学校6年生 「 散水励行 」、同じく炭塵爆発を予防する為の定期的な散水を呼びかけるもの。 

中学校1年生 「 職場整理整頓 」、災害が発生する可能性を少しでも減らす為に職場の整理整頓を呼びかけるものでしょう。

と、このような感じでしょうか? (まったくの推測ですが)

その貼り出された習字をじっと見つめる、一人の坑内作業員の方は、その中に我が子の名前をさがしているのでしょうか。

しかし、その子ども達の願いも虚しくなるような大事故が、この写真が撮られた数年後の昭和40年6月1日に起きてしまいます。
12時40分頃起きたガス爆発により237人もの尊い命が失われました。

昭和47年発行の「子ども日本風土記 福岡編」には、その事故で父親を失った子どもの作文が収められていますので紹介いたします。

続きを読む

報国炭鉱や江里炭鉱など北松炭田の坑内外を映した動画をも収録する「佐々町 町制70年記念DVD」は貴重かつ秀逸なアーカイブ

2013年4月に、北松浦郡佐々町 町制70年を記念して制作された映像DVD「記憶は未来へ旅をする ~炭鉱・国鉄松浦線とともに~」は、「 幻 」とも言える「報国炭鉱」や「江里炭鉱」の坑内外を記録した動画(記録映像)を含み、大変貴重であるのみでなく、メッセージ性を持つ映像作品として非常に秀逸なアーカイブとなっていますので、思い出のある方やご関心のある方にぜひ手にとって頂きたく、今回ご紹介いたします。

※(今回、内容をイメージしやすくする為、キャプチャー画を数枚使用しておりますが、どうぞご了承ください)
ma4195

テーマ : 「炭鉱」と「国鉄松浦線」

価格 : ¥1,000 DVDディスク(45分48秒)
 
お問い合わせ : 佐々町企画財政課 企画班

電話 :  0956-62-2101
ファックス :  0956-62-3178

Eメール : sazatyo@io.ocn.ne.jp 

↓ 収録内容について続きを読む

平成26年に閉店した長崎玉屋は、派手さはないが地元に愛されたあたたかな百貨店

平成26年2月末で長崎玉屋(正式には、佐世保玉屋長崎店)は昭和44年の開業以来、約45年の歴史に幕を降ろしました。

画像は最終日の長崎玉屋の姿です。ただ外観を見ただけでは、「老朽化が否めない地方百貨店」と映るかもしれませんが、この長崎玉屋の「在り方」はいろんな意味で、今後の大規模商業施設にとって手本とすべき、或いは多くの教示を与えうるエッセンスがあるように思われます。そのことを確信させる光景が、この最終日に幾つも垣間見えました。

DSCF5054


最終日、店内には多くのお客が詰め掛け、たいそうな混雑振りでした。最初それは、最大7割~8割引という閉店セールによるものかと思いましたが、様子をうかがっているとどうもそれだけではないことが判ってきました。

老若男女を問わず多くの方が、明らかに店員さんに労いの言葉をかけたり、店の様子を名残り惜しそうに眺めているといった様子があちこちで見られました。
DSCF5011


他の百貨店が集中する繁華街とは離れた新大工町商店街に、ただひとつの百貨店として、言わば独特な立ち位置で営業をしていた長崎玉屋。この地を撤退するという感じではなく、「地区の為に本当に今日までお疲れ様でした」、とでもいうような空気感に包まれていました。DSCF5049

現在の新大工商店街は、若い人の姿こそ目立ちませんが、寂れたという感じではなく、年配のお客さんの往来は常に絶えません。
DSCF5062

その新大工商店街の一役を担っていたのが長崎玉屋でした。今の大型商業施設にはあり得ない発想かもしれませんが、玉屋ビルの商店街に面した一階は「新大工市場」となっています。
PICT0022 (2)

ですから、内部は実際に鮮魚店や豆腐屋さん、青果店などがびっしりと詰まった市場となっています。
DSCF5059

商店街側のデパート・フロア出入口は、こんなにも慎ましいものでしたが、こちらの出入り口の方に馴染みのあった方も随分と多いことでしょう。
DSCF5060


続きを読む
記事検索


プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。









荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



☆ FaceBook ☆