アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

対州馬の飼養と調教 16「 対州馬を調教する際の調教者の体の向きと動作 」

これは調教において最も重要なファクターの1つであり、これがいわゆる「馬語」と言ってもよいものです。馬を扱う人は「馬語」が話せなければ、どうしようもありません。
「そんなものは、どうでもよい。とにかく気合で馬を動かす」等と言う人がいるとしたら、その人は根本的に「馬」という動物を知らないということです。このことは「馬と踊ろう」のクラウス・フェルジナンドやモンティ・ロバーツも著書の中で繰り返し述べています。特に馬に対する向きと位置関係は極めて重要です。馬は群れ社会で行動する動物であり、群れを統率するリーダー(アルファ)は、その体の向きと距離で群れへの支持を与えているのです。馬を調教する者もこのリーダーという立場になければならず、従ってその人の体の向きと位置関係はとても重要な意味を持ちます。ざっくりと説明すると、正対すれば、それは「待て」「動くな」という意味であり、反対に背を向ければ「これから移動するので、ついて来い」という意味になります。そのことを理解した上で曳き馬なども行わないと馬との主従関係を築くことができず従って調教も進みません。真横や斜め前、後ろにも意味があり、その辺りの説明は長くなるので省くことにします。前述の著書を読んでみれば詳しく述べてあるので一読を薦めます。

そして。動作もまた重要な意味を持ちます。手を挙げる、馬の顔の前に出せば「ちょっと待て」「おいおい!」という意味になる。どうしても注意を引かないといけない緊急時には大きな手足の動きを伴った全身運動でそれを伝えます。この原理は考えてみれば、人に対する場合と同じことなのです。
DSC_0870

ご支援お願いします。
長崎の対州馬 ひん太商店
https://taisyuuya3.thebase.in/
対州屋 作成者のサイトです *写真のデジタル化なら先義後利の対州屋で!
http://flying-hayabusa.coolblog.jp/profile1.html 江島 達也FB 
https://www.facebook.com/tatsuya.ejima 荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FB https://www.facebook.com/nagasaki.taisyuba/

対州馬の飼養と調教 15「 対州馬の言葉の理解 」

これも対州馬に限らないことですが、基本、言葉の意味は理解しません。ただ、馬に話しかけることは、馬との関係を築く上で重要です。これは、馬が言葉の意味を理解して反応するのではなく、声のトーンを感じ分けて反応するからです。
言葉はいろいろあると思いますが、「よい」「OK」という意志を伝えるには、低くゆっくりしたトーンの言葉を発してやります。逆に「わるい」「No good」という意志を伝えるには「シッ!」などという高いトーンの言葉(音)をすばやく発します。舌鼓(ぜっこ)の出し方もこれに準ずます。
もちろん声の大きさも意志の伝え方に大きく関係します。


44953655_1909855705759100_2541686531089760256_o



ご支援お願いします。
長崎の対州馬 ひん太商店
https://taisyuuya3.thebase.in/
対州屋 作成者のサイトです *写真のデジタル化なら先義後利の対州屋で!
http://flying-hayabusa.coolblog.jp/profile1.html 江島 達也FB 
https://www.facebook.com/tatsuya.ejima 荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FB https://www.facebook.com/nagasaki.taisyuba/

対州馬の飼養と調教 14「 対州馬の蹄の管理 」

対州馬に限らず、馬の飼養において、なかなか大変なのが、この蹄(ひづめ)の管理です。
蹄は健康状態のバロメーターでもあります。すなわち、餌の種類や量が適切でないと、蹄の軟弱化として現れて、最悪の場合取り返しのつかないことになるのです。また、裏ぼりと呼ばれる蹄の内側の泥を掻き出す処置をしておかなければならないし、伸びすぎた蹄は敵的に削蹄しなければなりません。しかし、調教のついてない馬を飼養するにあたり、もっとも苦労するのがこの蹄の管理です。
馬がきちんと調教を受けてきており、削蹄士が削蹄できるのであれば、このトピックスはこれ以上読み進める必要はありません。
私の場合、馬が未調教で最初の放牧地が粘土質であったことが、大きな苦労の元となりました。たとえ、苦労して裏ぼりしても、数メートル動けば、また粘土質の土が詰まってしまうからです。
また、削蹄に関しては公営競馬のある佐賀の削蹄士に何人かコンタクトしてみたのですが、馬の調教に関してはほとんど期待することはできませんでした。あくまで、その馬がおとなしく足を人に持たれ、削らせる状態でないと依頼することはできませんでした。つまり削蹄士はあくまで削蹄士であって調教士ではないということです。
しかし、現実問題馬の蹄は伸びてきますが、おとなしく足を持たせない状態で刃物を使って削蹄するなど、できるはずがありません。では、どうするか?鉄製のやすりで削ればよいのです。対州馬の場合、餌を食べている時など、大概のことをしても気にしません。したがって、伸びた蹄をやすりで削ることは、ほとんど問題ありません。足を持ち上げて削れれば、それにこしたことはないのですが、その状態が確保できない状態ならば、やすりで削ることで問題は解決できます。やすりはネットで買えるし、高いものではありません。しかし、蹄鉄を打つという場合にはもちろん足を大人しく持たせるという段階にいかなければ成立しないことは言うまでもありません。かつて長崎市にいた馬搬の業者さん達は、蹄鉄を作り、装着することも自身で行っていました。
まず考えるべきことは、馬のいる場所の土の質と蹄の関係。これはかなり重要です。ある程度の固さのある土の方が蹄にはいいです。こういう場所を歩き回っていると、蹄は適度に削られ、内側に泥が詰まることもありません。さらに砂に寝転ぶ場所があるという環境づくりを目指すべきでしょう。

IMG_0272

DSCN0493



ご支援お願いします。
長崎の対州馬 ひん太商店
https://taisyuuya3.thebase.in/
対州屋 作成者のサイトです *写真のデジタル化なら先義後利の対州屋で!
http://flying-hayabusa.coolblog.jp/profile1.html 江島 達也FB 
https://www.facebook.com/tatsuya.ejima 荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FB https://www.facebook.com/nagasaki.taisyuba/

対州馬の飼養と調教 13「 対州馬にかける損害保険はあるのか 」

ありません。そもそも保険を掛けないと心配な状態で、馬を柵外に出したり、人に触れさせてはいけないのです。
但し、いまだに馬が逃げ出したりすると全国ニュースで大騒ぎしていますが、馬の方から人に当たったり、ぶつかったりすることはありません。せいぜい人の方が慌てて何かにつまずいたり転んで怪我をするということでしょう。馬は人が思っているよりも繊細に物事をキャッチし、身体をコントロールできる生き物なのです。


IMG_0113

対州馬の飼養と調教 12「 対州馬が雑草を食べて死ぬことがあるのか 」

残念ながらあるようです。雑草の中にはもちろん毒草もたくさんあって、素人ですべてを見極めるのは困難です。では、なぜ野生の馬が毒草を食べて死なないかと言うと、毒草を食べないからです。基本的に匂いなどで毒草をより分けるので、それをわざわざ食べて死ぬことはありません。野生馬なら、での話です。
ところが、実際に馬搬をされていた方に聞くと、やはり何某かの草を馬が食べて死んだという話を聞いたそうです。つまりいつも馬房や限られた牧草地にいる馬は常に「草を食べたい」欲求にかられています。そこに誰か人がやってきて、口元に草を出したらどうでしょうか?やはりそれが毒草であっても、食べてしまうのです。だからかならず放牧地や馬房には「たとえ草であっても絶対に餌をやらないように」という札を掛けておく必要があります。また、それでなくとも馬の前歯は草を噛みちぎる鋭利な構造になっているので、外来者が気軽に手を出せない環境にしておく必要があります。
あと芋を掘った後、葉っぱと蔓を馬に与える人がいるようですが、蔓は絶対に与えてはいけません。「どうぞおなかの中で詰まらせて死んでください」というようなものだからです。

201804231a81949


ご支援お願いします。
長崎の対州馬 ひん太商店
https://taisyuuya3.thebase.in/
対州屋 作成者のサイトです *写真のデジタル化なら先義後利の対州屋で!
http://flying-hayabusa.coolblog.jp/profile1.html 江島 達也FB 
https://www.facebook.com/tatsuya.ejima 荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FB https://www.facebook.com/nagasaki.taisyuba/


対州馬の飼養と調教 11「 対州馬が飼養・調教する上で常備すべき医薬品は何か 」 

馬を飼養する上で最も恐れるべきものは、なんといっても疾病。競馬場のある地域以外で馬を診ることのできる獣医を探すことはまず無理と考えた方がいいです。

①疝痛時の痛み止めと消化促進剤
私の場合は幸い対州馬を飼養する獣医の知り合いがいたので、この方を通して入手することができました。
バナミン・ペーストとプロナミドの2種を常備していました。

②虫下し
これも獣医でないと手に入れることができないので、獣医さんのルートを確保する必要があります。乗馬クラブなら手に入れるルートを持っているかもしれません。
虫下しは必ず半年ごとに投与しなければなりません。経口投与なのですが、難かしければ、バナナの中に入れてやればよいです。
私はノロメクチンを使っていました。

③イソジンうがい薬
体の擦り傷などに塗ります。原液をそのままティッシュに染み込ませて塗布するか、スプレー容器に入れて使います。


DSC_0328



ご支援お願いします。
長崎の対州馬 ひん太商店
https://taisyuuya3.thebase.in/
対州屋 作成者のサイトです *写真のデジタル化なら先義後利の対州屋で!
http://flying-hayabusa.coolblog.jp/profile1.html 江島 達也FB 
https://www.facebook.com/tatsuya.ejima 荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FB https://www.facebook.com/nagasaki.taisyuba/

対州馬の飼養と調教 10「 対州馬が飼養・調教する上で必要な資質とは何か 」 

対州馬に限らないことですが、馬は人の「人間性」を見抜くので、人として誠実に生きているという自負と自信は必要です。また馬を飼養するの上で調教も絶対的に必要です。そうでないと馬を安全に移動させたり健康に留意して世話をすること、つまり管理することができません。
調教する上で絶対的に求められるのが先に述べた誠実な人間性なのです。こればかりはたとえアラブの大富豪だろうが一国の大統領だろうが、よこしまな人間性であったならば、馬を一歩たりとも自分の望む方向に歩かせることすらできません。そもそも馬にとって、人間の肩書や財力などそんなことはどうでもいいことなのですから。
では、なぜ馬は人間性を見るのか?答えは身の安全がかかっているからです。馬という動物は群れで暮らす生き物なのですが、その群れには必ずアルファと呼ばれるリーダーが存在します。リーダーはいつ襲ってくるかもしれない肉食獣や天災から群れを守るために的確な判断をしなくてはなりません。だからこそ、群れはリーダーを信頼し、その指示(サイン)に従うのです。人が調教者となる場合、このリーダー役として信頼されなければどうしようもないのです。もしそういう心構えも自信もなく馬に近づいた場合、その内面は馬に瞬時に見抜かれてしまいます。それは呼吸の速さであったり、脈拍、かすかな腰の引け方などによります。だから、かならず馬に接する時には「私は、あなたのリーダーであり、パートナーなのだ」という意志を持って接しないといけないのです。また、楽しむことも重要です。いつも「調教してやる」という強迫観念のような気負いがあると、やはりまた馬にとって負のパワーが伝わってしまいます。つねに「君にまた会えてうれしい!」といった心の余裕と微笑みもまた必要なのです。もちろん馬の調教についての最低限の知識や理論武装もある程度必要です。しかし、馬は千差万別であるということを忘れてはなりません。例えば鞭などは要らないと感じたら、さっさと放り投げる直観力も必要です(実際のところ、対州馬の調教にはほぼ鞭は必要ないと言える。中には調教すらも要らないとさえいう者もいる)。
余談ですが、私は現在外国人の若者に語学を教えるという立場にあります。人に何か教育という行う際に「信頼」というものがベースとしてないと成り立たないと教えてくれたのも、この対州馬でした。

IMG_1035



ご支援お願いします。
長崎の対州馬 ひん太商店
https://taisyuuya3.thebase.in/
対州屋 作成者のサイトです *写真のデジタル化なら先義後利の対州屋で!
http://flying-hayabusa.coolblog.jp/profile1.html 江島 達也FB 
https://www.facebook.com/tatsuya.ejima 荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FB https://www.facebook.com/nagasaki.taisyuba/

対州馬の飼養と調教 9「 もし対州馬が何かに驚いて走り出した時、曳き手一人で抑える方法はあるか 」 

あります。でも、こればかりは、文面では伝えらません。また、これを体得しない限り、馬を曳いて柵外に出すことは辞めた方がいいです。対州馬の体重は300kg前後あり、大人の男3~4人をいとも簡単に引きずり回すパワーを持っています。それを体重50kg前後の人間が抑えるというのには、かなりのテクニックが必要です。もし、それができなかったら、誰かが大けがをしたり、大事故につながることも否定できないのです。

IMG_1638



ご支援お願いします。
長崎の対州馬 ひん太商店
https://taisyuuya3.thebase.in/
対州屋 作成者のサイトです *写真のデジタル化なら先義後利の対州屋で!
http://flying-hayabusa.coolblog.jp/profile1.html 江島 達也FB 
https://www.facebook.com/tatsuya.ejima 荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FB https://www.facebook.com/nagasaki.taisyuba/

対州馬の飼養と調教 8「 対州馬以外でも、市街地にある坂の小道を歩く荷運び馬になることができるか 」 

なれません。
まずサラブレッドなどの競走馬はフラットなコースを早く走る事だけに特化して改良されてきているので、200%できません。
あとの在来馬でもいけそうな感じですが、昔長崎の荷運び屋さんが、他の在来馬を連れてきて試したところまったく使えなかったそうです。(一概には言えませんが)
かつて実際に長崎市で荷運びをされてきた4氏に話を聞いたことがありますが、皆口をそろえて「対州馬が一番適する」と答えました。一番の理由は、その動じない性格らしいです。確かにあの狭い坂段を歩いていると路地から人が出て来たり、或いは犬が吠えてきたりということもあるでしょうから。臆病な性格の馬には最も適さない「職場」ということになるでしょう。それだけに坂の小径ばかりの長崎と炭鉱だらけだった長崎と対州馬というのは不思議な因果があるのです。

IMG_1838


ご支援お願いします。
長崎の対州馬 ひん太商店
https://taisyuuya3.thebase.in/
対州屋 作成者のサイトです *写真のデジタル化なら先義後利の対州屋で!
http://flying-hayabusa.coolblog.jp/profile1.html 江島 達也FB 
https://www.facebook.com/tatsuya.ejima 荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FB https://www.facebook.com/nagasaki.taisyuba/

対州馬の飼養と調教 7「 対州馬を調教する上で参考となる資料等はあるか 」 

ありません。そんなものはありません。
対州馬に限らず、馬の調教についての資料がない。と言うか、あったとしてもそれは極々一部にしかあてはまらない事しか書いてありません。そして、そのようなものに頼ろうとしない方が結局はいいのです。
しかし、対州馬が小~中型の馬と言っても体重は300kg前後あり、本気を出せば大人の男3~4人は簡単に引きずりまわす力を持っています。なんの理論もイメージも持たずに調教に挑むのは無謀以外のなにものでもありません。まずどんな馬にも当てはまることぐらいは、わかっていないと馬を修復不可能な状態にしてしまいます。一言でいうと調教者の体の向きと馬との距離は非常に大事で、それを抜きにしては調教はまず成り立ちません。
その辺りのことをうまく説明しているものとして私が一読を薦めるのはドイツ人クラウス・フェルディナンド・ヘンプフリンクの「 Dancing with Horses (邦題:馬と踊ろう)」です。
この書は馬の調教の書というよりも美しい文学としてそのまま読めます。「よし、馬と向き合おう。馬を飼おう」という勇気を起こさせてくれる名著なのです。
しかし残念ながらこの書は販売されていません。JRAが翻訳本を作ったのですが、販売せずに各都道府県の図書館にのみ配布しています。したがって、県立図書館に行けば借りることができると思いますが、どうしても読んでみたいと思う人は私が持っているファイルを分けることは可能です。(決して販売ではありません)
話は最初に戻ってしまいますが、そもそも「対州馬に調教は必要ない」という人もいます。まぁそういう人は、その馬が生まれて半年ぐらいから人に慣らされてきたのだということを恐らく知らないだけなのですが。


5142NCA85EL._SX355_BO1,204,203,200_


44953655_1909855705759100_2541686531089760256_o

中1の娘はなかなか苦労しているが、この時からわずか3か月前には曳かれるどころか、人が触れることすらできなかった。



ご支援お願いします。
長崎の対州馬 ひん太商店
https://taisyuuya3.thebase.in/
対州屋 作成者のサイトです *写真のデジタル化なら先義後利の対州屋で!
http://flying-hayabusa.coolblog.jp/profile1.html 江島 達也FB 
https://www.facebook.com/tatsuya.ejima 荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FB https://www.facebook.com/nagasaki.taisyuba/

対州馬の飼養と調教 6「 対州馬の牡馬は荷運び馬や曳き馬等の役馬として適するか 」 

適します。ただし、条件はあります。1頭飼いをすることです。
牝馬と一緒、もしくは近くでの飼養だと役馬となることはできないでしょう。これは実際に長崎市内で荷運びを生業とされていた浦川さんもはっきりと述べられたことです。
(ちなみに去勢していないオス馬を牡馬(ぼば)、去勢したオス馬を騙馬(せんば)と言いいます)
中には牡馬、つまり去勢をしていない状態だと曳き馬や乗馬用馬としても使えないと考える人もいますが、そうではありません。あくまで条件次第なのです。人間の体もそうなのですが、それぞれの臓器は絶妙なバランスでもって成り立っています。生殖器を取ってしまうことは、もちろんその生体にとって大きな影響を及ぼします。十分な精査や準備が行われないまま簡単に去勢が行われるようなことはけっしてあってはなりません。
私個人としては生来、人が手を一切触れたことがなかった対州馬の牡馬を飼養し、独学で調教しました。かなり早い段階で信頼関係が築け、この牡馬に攻撃されることは生涯ただの一度もありませんでした。
私が半野生馬だった牡の対州馬を長崎市に連れてきて2年が経った頃、ある事情から放牧地を移動しなくてはならなくなりました。まだ歩行訓練も十分ではなかったのですが、馬運車に乗せて移動という、かなり難儀なスキルを短期間でマスターしなくてはならなくなりました。結果的に対州馬のポテンシャルの高さか、信頼関係が功を奏したかは定かでありませんが、移動は無事成功しました。事前に移動中馬が暴れるというリスクを想定して、誰か馬の扱いを知る者の助っ人を探しました。私の古い教師仲間の勤め先である学校に来ていたカナダ人のALTが、叔母が馬を飼育しているという話を聞き、そのカナダ人に頼むことにしました。しかし、そのカナダ人は事前のメールのやり取りの中で非常に愚かで馬鹿げたことを書いてきました。「去勢していないスタリオン(牡馬)は危険だから去勢した方がいい」と。おそらく彼の叔母さんの牧場では種馬以外の牡馬は乗馬などで使うためにさっさと去勢してしまうということなのでしょう。「そんなことで去勢するくらいなら、わざわざ牡馬の対州馬を飼ったりしない」と返したかったのですが、馬鹿馬鹿しいので彼とのやり取り自体をやめました。
はたして、私の馬はさしたる問題もなく軽トラックを改造した馬運車(実際に荷運び屋さんがつかっていたもの)に乗り、すんなりと次の放牧地まで移動ました。「馬を扱える、知る」と豪語?する人の中にはこのカナダ人と同じようなレベルの人が残念ながらかなり多く存在しています。そういう言葉にまず惑わされないことがとても重要なのです。

IMG_0319



ご支援お願いします。
長崎の対州馬 ひん太商店
https://taisyuuya3.thebase.in/
対州屋 作成者のサイトです *写真のデジタル化なら先義後利の対州屋で!
http://flying-hayabusa.coolblog.jp/profile1.html 江島 達也FB 
https://www.facebook.com/tatsuya.ejima 荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FB https://www.facebook.com/nagasaki.taisyuba/

対州馬の飼養と調教 5「 どのような場所で馬の飼養が可能か 」

馬を飼養する目的により異なるので一概には言えませんが、最悪な飼い方だけは示すことができます。
「馬房に繋ぎっぱなし」の飼い方だ。馬に限らず何の生き物でも当たり前のことだが、身動きの取れない場所にずっと閉じ込められていたら、その肉体的、精神的な苦痛は想像に難くないだろう。
馬という動物は基本自分のテリトリーから出ない習性を持っているが、だからと言って狭い馬房に入れっぱなしでよいということではない。犬のように散歩や運動をさせることが容易でないがゆえにほぼ馬房に入れっぱなしという馬たちも残念ながら相当数居ると言わざるを得ない。本来草原を駆け回る動物を人間のエゴで狭い場所に長く閉じ込めておくことは虐待と指摘されても致し方ないだろう。
しかし、一方でただ広さのある場所で放し飼いに近い状態にしておくと、人が制御できない馬になってしまう。
それではどういう場所でならば、適切な飼養ができるか。これについては、対州馬の産地県である長崎を基本として項目に分けて述べたい。
①少なくとも100 ~ 120坪くらいの広さがあること。
・この場所に資材を横づけしたり、馬を運動させることのできる道路があるべきである。
②その場所に適度な日陰があること。
・馬は寒さには強く、暑さには弱い。夏場に日陰が無い場所。あっても高温にある厩舎内にいなけらばならないとしたら、それは拷問に近い虐待となる。それどころか、熱中症などによる死亡リスクも非常に高くなる。できれば、いずれの時間帯にも木陰となる場所があることが望ましい。
③土の質が粘土質でないこと。
・土が粘土質であると、馬の体重で土中に蹄が沈み、従って蹄の状態が非常に悪くなる。これにより体のバランスが崩れ、健康のバランスも悪くなる。蹄の伸びも早くなり、手入れも難しくなる。また、粘土質の土地は吸水性が極端に悪くなり、降雨後はいつまでも水が溜まる。水が溜まるとサシバエ等の害虫も発生しやすい。百害あって一利なしである。
④適度な斜面があること。
山羊ほどではないが、対州馬はかなりな斜面も登る能力がある。この点は競走馬などとは大きく異なる点である。適度な斜面を上り下りすることで脚力もつき、気晴らしにもなる。
⑤ぼろ(馬糞)を捨てる場所が近くにあること。
・厳密に言うと、乗馬クラブや競走馬飼育など生業として馬を飼育する場合は馬糞は産業廃棄物となり、しかるべき処理を行わなければならない。しかし、実際にどこへ持って行ってどう処分するかについて、規則で細かく決まっているわけではない。ここでは、保存を目的とした対州馬の少数飼育についてのみ言及する。
まず馬糞についてだが、草食動物のそれであるので、匂いはほぼ無い。草食動物の糞が強く匂いを放つ者であれば、天敵であり嗅覚の発達した狼などに存在を自ら知らしめてしまうからだ。かと言って、放牧地内に放置していれば、それなにり匂いを発生させるし、土質を悪化させるし、害虫の孵化を促進させてしまう。したがって、毎回の餌やりの時に処理しないといけない。第一、訪問者や近隣の者に対しても不快な思いをさせてしまうことになる。処理方法として一番いいのは、穴を掘って埋めることなのだろうが、その量は膨大なものになるので、そこまでの土地を確保することは困難だろう。またリサイクルと言って堆肥にする場合もあろうが、堆肥化するのは発酵させねばならず、この発酵によって、強烈な匂いを発生させてしまう。また害虫の温床をつくってしまうことになる。よりベターな方法としては、雑木林などの場所に撒いて捨てることだろう。馬糞はすぐに微生物や昆虫によって分解され、よい土の原料となる。匂いもださない。したがって、放牧地を探す場所はこの馬糞を捨てられる場所が近くにあるか否かが重要となる。
⑥水道と電気がひける場所であること。
・毎日数回に及ぶ馬の世話を考えた時に、水道と電気、特に水道(井戸)の無い場所では飼育は無理と考えた方がよい。
⑦民家とある程度離れていること。
・昭和の時代にはそれ程問題にならかなかったと思うが、この時代馬を身近に見れる環境はほとんどなく、馬という動物はほぼ「見慣れない大型動物」である。従って一般住民にとっては馬の存在は不安なものであるということを十分理解すべきである。「匂いや虫がでるんぼではないか?」「鳴き声がうるさくて生活に悪影響を及ぼすのではないか?」「脱走したりして子どもに危険をおよぼすのではないか?」といった不安を抱かせてしまうのは、しょうがないことなのである。実際には正しく飼養すれば、このような弊害は皆無なのだが、それは実際に証明できるまで待たなくてはならない。あくまで理屈ではないのである。ちなみにうちの馬の場合、最も近い民家から15~20mぐらいの距離であった。しかし、幸い、その間に小さな河川があったため、容易に人が行き来できる場所でなかったこととある程度視界を遮断する林が存在したことが幸いだった。遂に一度の苦情もなかった。いあや、それでころか、近所の小学生達や孫を連れたお年寄りの方が懐かしいからと訪ねてきてくれることもけっこうあった。
⑧その他
・台風接近時のために、暴風林となる木々が生えているとか、水はけがいいとか、細かく言及するときりがないのでひとまずここまでとする。

IMG_1616


ご支援お願いします。
長崎の対州馬 ひん太商店
https://taisyuuya3.thebase.in/
対州屋 作成者のサイトです *写真のデジタル化なら先義後利の対州屋で!
http://flying-hayabusa.coolblog.jp/profile1.html 江島 達也FB 
https://www.facebook.com/tatsuya.ejima 荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FB https://www.facebook.com/nagasaki.taisyuba/

対州馬の飼養と調教 4「 馬を飼うのに届けは必要か 」

必要です。大型動物なので。
たまに体の小さなポニーやミニチュア・ホースは届けが必要でないと思っている人がいるようですが、そうではありません。馬は馬なので、やはり所属している行政への届け出、登録が必要となります。
私の場合は、①長崎市環境課(正確な課名は忘れたが、馬の排せつ物が場合によっては産業廃棄物扱いとなるため、環境を司る行政課への確認が必要)と長崎県の②家畜保健所への登録を行いました。
①は、()書きの通り、馬の飼育が生業とするものか、或いはペットとして飼育するかによって排せつ物の扱いが変わってきます。要は前者の場合、産廃で、後者の場合はそうではありません。
また飼育する場所が建築法によって厩舎の建てられる場所か否かによっても、許可の有無に影響します。
私の場合は放牧飼育による飼育で、厩舎は無く(法律上建てられない)雨避けのテントがあるという設定・説明で許可をもらいました。
建築法で言う「建物」とは、柱が立っていて屋根があれば、十分建物になるのですが、私は単管パイプにトラックシートを被せているからテントという扱いで許可をもらいました。
もし厩舎を建てるとしたら、或いは生業として馬を飼うとしたら、浄化槽などの設置義務などが生じてくることになるので、まず事前によく法律を確認しておくことが必要です。
また②については、やはり伝染病被害のこともあるので、かならず登録しなければなりません。けっこう無登録・未許可で馬を飼う人もいるようですが、そういう人が馬を飼養することは馬にとっても社会にとっても大変な迷惑としか言えません。
長崎の場合は年に1回の書類提出で済みます。


IMG_0985


DSC_0241aa


IMG_1616



ご支援お願いします。
長崎の対州馬 ひん太商店
https://taisyuuya3.thebase.in/
対州屋 作成者のサイトです *写真のデジタル化なら先義後利の対州屋で!
http://flying-hayabusa.coolblog.jp/profile1.html 江島 達也FB 
https://www.facebook.com/tatsuya.ejima 荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FB https://www.facebook.com/nagasaki.taisyuba/

対州馬の飼養と調教 3「 馬を飼うとは、どういうものか 」

一言で言って、よろこびです。それ以外はありません。
馬を好きな者にとって毎日、馬と会えることはただ喜びであり、それ以外は無いのです。
以前、長崎市で馬搬を生業としていた方に頻繁に会っていたことがありました。その方は馬搬をやめた後、馬をどこかの乗馬クラブに譲ったらしいのです。そして私にこう述べました。「もう馬は見たくない」と。馬と関わった年数や内容は関係ありません。その方は生業として馬搬を親から受け継いだだけであって、馬のことが元から好きではなかったというだけのことなのです。
よく訪問者から「(馬を飼うのは)大変でしょう?」と言われました。「いや、馬が好きな者は、馬と居たいのだから、大変じゃない」と答えると必ず期待が外れたような顔をされます。おそらくそのすれ違いは永遠に解消されないでしょう。
しかし馬を飼養する者の中には非情な者もいて、必要がなくなると、と殺場に送る者も少なくありません。しかしこの問題については牛との兼ね合いもあるし、論点がそれてしまう恐れがあるので、ここでは述べないことにします。
今回馬を飼養した期間は概ね3年半でした。朝夕必ず餌をやり手入れや世話をするので、ざっと1,200回以上馬と顔を合わせ、触れてきたことになります。もちろん元旦もクリスマスも嵐の日も大雪の日もです。
最初の2年間は片道25分くらいかかる山中で飼養していたので、往復に1時間。世話に朝20分、夕方1時間をかけるので、1日24時間のうち3時間から3時間半を馬と過ごしたことになります。では、その最初の2年間は大変だったかと言うと、正直大変だったという記憶はありません。むしろ遠くにいる分、あまり相手にしてやれなくて寂しい思いをさせたなと申し訳なく思います。帰省などでやむを得ない時は友人や馬好きの知り合いに頼んだのですが、それはほんの数日でした。こうして数字で表してみると結構なものだと思うのですが、なぜ大変だったという思いが無いかは、実のところ自分でもよくわかりません。ただ馬が好きだったから、馬と居る時間も大好きで、むしろ自分の24時間の中でその馬といる時間はとても大切なものだっとしか言いようがないのです。特に日本語学校の校長として勤務していた時期は、大変にストレスがたまった(生徒ではなく、職員のおかげで)ので、静かに餌を食べているのを黙ってみている時間は、そのストレスを沈めてくれる本当にありがたい時間でした。うそだと思うのであれば、ぜひ馬を飼ってみてほしいのです。ただし、本当に馬を好きでないのならばやめた方がいいでしょう。
IMG_1016

DSC_0217

IMG_0203

IMG_0340

IMG_0355

IMG_0365

IMG_0985

IMG_0995

IMG_0996


ご支援お願いします。
長崎の対州馬 ひん太商店
https://taisyuuya3.thebase.in/
対州屋 作成者のサイトです *写真のデジタル化なら先義後利の対州屋で!
http://flying-hayabusa.coolblog.jp/profile1.html 江島 達也FB 
https://www.facebook.com/tatsuya.ejima 荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FB https://www.facebook.com/nagasaki.taisyuba/

対州馬の飼養と調教 2「 疝痛(せんつう) 」

「 疝痛(せんつう) 」

IMG_0887

「疝痛」。・・・馬を飼養するものにとって、この言葉ほど恐ろしいものはない。
現に私の大切な馬も、これによって「ある日突然」命を奪われてしまったのです。
正直に言うと、この記事を書くことですら非常に苦痛をいます。
馬を所有するということは、所有する喜びのすぐ裏側で、常にこの疝痛という恐怖と向き合っていくことになるのです。
そして、旅行に行く朝や大事な行事のある朝も、この疝痛という恐れを何日も前から保持することになります。これは、個人で飼養する以上、最も苦痛なことです。よく他人から「馬を飼うのは、大変でしょう?」と言われることがあります。その言葉はまったく持って余計な言葉で面倒くさい言葉なのですが、一応邪険にするのもなんなので、「いや、馬が好きだから毎日馬と関われる時間は楽しいのだ。馬好きとはそういうものなのだ」と返します。
実際、馬が寄ってくる表情を見たり、餌を食べている姿を見るのは一般の人にはわからないと思いますが、至福の時なのです。つまり私は馬のおかげで毎日至福の時をもらっていたのです。だから馬の世話をする時間が一日の中から無くなってしまった時は、楽などではなく、とても辛い時間帯になってしまいました。一日全体が空虚なものになってしまっていたのです。
IMG_1194


ご支援お願いします。
長崎の対州馬 ひん太商店
https://taisyuuya3.thebase.in/
対州屋 作成者のサイトです *写真のデジタル化なら先義後利の対州屋で!
http://flying-hayabusa.coolblog.jp/profile1.html 江島 達也FB 
https://www.facebook.com/tatsuya.ejima 荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FB https://www.facebook.com/nagasaki.taisyuba/

続きを読む



プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。29年 あさひ日本語学校・校長職を兼任。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。




対州屋~写真のデジタル化




荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



記事検索
☆ FaceBook ☆