アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

10/4(水)

コンペは「コピー可」なので当然プリントを送ります。(原画を送る気はありません!)その為に原画をスキャンしてから画質の調整してテキストを載せていきます。この作業がけっこう根気の要る作業であり・・ひたすらPCと向かい合います。(--;)
 以前作品を依頼された方からメールが入り再び作品をお願いしたいということでした。とてもいい人なので会うのも楽しみです。
 今日は2ヶ月ぶりに髪を切りに行きました。気持ちの秋晴れなので節約と運動不足解消もこめて自転車で行きました。髪を切ってくれるにいちゃんとはかれこれ5年くらいのつき合いであり、毎回彼の話(特に福岡のじいちゃんの話なんか・・)を聞くのが楽しみです。
 それと今日はある方の「白寿のお祝いの絵」の依頼も受けました。99歳!・・すごいですね!99歳の方が見て喜んでくれるような「絵」をかけたら最高です!忙しいけど、「仕事があるうちが華」ですよね!がんばりまっす^^!

10/3(火)

昨日コンペ作品仕上がったんですが、実はタイミングとしてとてもいい流れがあったのです。それは1日夜にNHKで放送された「Planet Earth」です!この日は高山に生きる動物たちの特集だったのですが、その映像のすばらしいさに目からウロコが落ちました!「絶対このDVDは買いだ!」って思いました。その中で8000m級のヒマラヤを越えるツルが紹介されたのですが、それはそれはすばらしいものでした!(ToT)私の作品も鳥が主人公であり、この「Planet Earth」に押されるようにして一気に仕上げたわけなんです・・・。

9c6ede68.jpg

10/2(月)

コンペ作品、完成しました!!・・「これで完成!」という一瞬は最高です!^^「マラソンでゴールした瞬間」「登山で頂上に着いた瞬間」に似ています。1枚の絵でもその「最高の瞬間」はありますが、絵本は構想から完成までの時間が膨大なだけにその瞬間はまた格別です!これからエントリーするために文章を入れたりスキャンしたりと編集作業になるわけです。またエントリーするコンペを決めなければなりません。「枚数を指定したり」するコンペも結構ありますが、こういうのははっきり言って敬遠せざるを得ません。・・でも今回の作品は自分なりに「絵」「内容」とも納得のいくものでした・・。あと結果は結果です!

9/30(土)

このところずっと金曜深夜AM3:00?起きて仕事をしています。理由は単純、この時間のFM番組が面白いからです!けっこう快調にコンペ作品の彩色をすすめました。いい感じでした。しかし6:00頃急に腰が痛くなり一旦寝ました。(1時間後には子どもに起こされましたが・・・)
47faf584.jpg

9/29(金)

深夜からコンペ作品に取りかかりました。まずはエアブラシのメンテから。こういうツールをちまちまとメンテするのは結構好きなんです^^以前はエアブラシなんて全く使わなかったのですが、今回どうしてもエアブラシじゃないと厳しいところがあり・・それは「オーロラ」なんです。「オーロラ」すごい惹かれるんですよね?。死ぬまでに一度は見てみたいと思います。夏にかつてノルウェーのオスロに住んでいたことのある友人に会ったときに「生オーロラを見た」と言っていました。だから資料用の画像も自然と多く集めてしまうんですよね・・^^;
6c5860cc.jpg

e730b286.jpg

5122aba1.jpg

夜が明けてから郵便局へ行って作品を1点掛け替えました。その後文房具店へ行きマット紙を1枚購入しました。その後帰ってから着彩。今日は保育園の作品も2点掛け替えたのですが、作業の途中で顔なじみのお母さん達から声をかけてもらって恥ずかしかったけど嬉しかったのです・・^^;
記事検索


プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。









荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



☆ FaceBook ☆