アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

原爆投下は、戦争の「狂気」が為した「殺傷力のデータを得る為の人体実験」のようなもの

標題は偏った見方を連想されるかもしれません。しかし、長崎に生まれ育ち、そろそろ人生の幕引きを意識しだした今、ひとつの結論を示す必要性を感じました。もしかすると、今後この結論は覆るかもしれません。しかし、現在考えうる全神経を集中させた結果たどり着いた文言は標題のようなものでした。
また、このブログを、長崎に修学旅行で来られる中学生の方が、平和学習の参考として読んでくれるということがあるようですので、特にこの記事は「未来を担う中学生に向けて」書きたいと思います。

この夏、何故だか理由はわかりませんが、ふと「731部隊」についての資料映像・書籍をもう一度読み返してみました。「細菌戦部隊」の名のもと、外国人に対し、おぞましい人体実験を行った日本軍同部隊について、森村 誠一は著書「悪魔の飽食」の中で、以下のように著しています。

『 ・・・戦争には、程度の差はあっても兵士を共通の狂気に陥れる麻薬が仕掛けられてある。平時は(普段は)善良なる小市民をして集団発狂せしめる恐るべき”麻薬”というべきである。その麻薬は、戦争目的をすら忘れさせ、戦争によってつくりだされた「無法の自由」下において、平時では絶対に許されない悪逆無道(人の道に外れた、はなはだしい悪事)を楽しませる作用がある。戦争における、人間にもあるまじき非道は、軍が面白半分に行ったと言ってもさしつかえない。つまり、”娯楽のための非道”なのである。』

いくらなんでも原爆投下を「娯楽」とは言いたくないのですが、それでも「人心」を失った「狂気」が行わせたものであり、それは『軍事上必要の無かった科学的実験を興味本位から、「やるなら今しかない、やってしまえ!」とばかりに、行なった行為』と言っても言い過ぎではないだろうと思います。

Atomic_cloud_over_Nagasaki_from_Koyagi-jima

香焼から見た原爆の巨大なキノコ雲。
(本記事内の画像は、すべてwikipediaから引用させてもらっています)続きを読む

苦難の時代に多くの孤児や棄児を救った岩永マキと十字会のカトリック信徒達は世界遺産以上の偉業を為した女性達(ひとたち)だった

岩永 マキ(1849~1920)の肖像。
写真すらほとんど残っていませんが、見る限り凛とした美しい表情をした人であることがわかります。
強さの中に秘めた優しさ、或いは優しさの中に秘めた強さ。そういうものを感じます。
IMG_0237baa

上の写真の集合写真です。マキは前でも中央でもなく写っています。見る限り、文献にあるような大柄には見えません。
IMG_0235ab

こちらの写真でも、手は細く小さく、体つきも華奢に見えます。
IMG_0225


岩永マキに関する文献は、ほとんど見つけることができません。
聖母の騎士社刊「お告げのマリア」と長崎文献社刊「長崎の女たち・第2集」の中で取り上げられていますが、それも多くではありません。
浦上キリシタン資料館の中に、その生い立ちを記した記述がありました。

『1849年(嘉永2)肥前国彼杵郡浦上山里村平(現:長崎市本原町)で生まれる。

父市蔵、母モンの長女、弟一人、妹三人、市蔵の祖父は「なわこもや徳右衛門」「なわこもや」は縄や菰にも)の卸問屋で信仰深い豪農であった。』(出典:浦上キリシタン資料館内の掲示物より)

続きを読む

キリシタンの長い歴史を感じさせる、善長谷教会


善長谷教会。 ぜんちょうだに教会。
この名を知った時、とても大きなインパクトがありました。
「異教徒」を指す、キリシタンの言葉、それは「ゼンチョ」だからです。
従って、なぜ仏教徒の地名がある場所にカトリック集落と教会があるのか。
それを知る手がかりは、現地に向かえば、何か掴めるのか?
それを知ることが、怖いような気がして、長い間向かうことができませんでした。

深堀から西海岸沿いを蚊焼方面へ向かい、「善長谷」バス停から山側の細い道に入ります。
IMG_0087
続きを読む

深堀地区の中堅造船所であった、林兼造船長崎工場

画像は三菱重工長崎造船所が建造した客船として最後となった、「アイーダ・ペルラ」です。三菱にとって造船は祖業ですが、近代都市としての長崎市にとってもまた、造船は祖業と言えます。しかし、ここ数年造船を取り巻く状況は思わしくありません。「巨額損失に客船建造事業より撤退」「工場跡地の再利用」など、悪いニュースばかりが聞こえてきます。
IMG_0973

アイーダ・ペルラが停泊しているのは、三菱重工の香焼工場岸壁です。昔、島であった香焼地区は明治時代から松尾造船が進出し、その後川南造船、三菱と、大手造船会社が操業を続けてきました。画像の左端に見えるクレーンは、対岸の毛井首、深堀地区にある中小の造船所のものです。
IMG_0978

その深堀地区にあって、三菱に次ぐ中堅造船所として操業を行っていたのが、林兼造船長崎工場(1965~1980)です。
unknown165
出展:「長崎県の産業」1967年

深堀という街は、一歩中に踏み入れた時から、なんだか懐かしい風情が漂う街です。昭和の時代に多くの人が集まり、賑やかさが溢れていた面影が残っているからなのでしょう。

続きを読む

平成25年2月17日に行われた、西海市立雪浦小学校幸物分校の閉校記念式典

タイトル通り、平成25年2月17日に行われた、西海市立雪浦(ゆきのうら)小学校幸物(こうぶつ)分校の閉校記念式典及び惜別の会に出席させて頂いてから、4年以上が過ぎました。
幸物分校最後の生徒となった4人の児童のうち、6年生だった2人は2017年現在、高校2年生になっているはずです。
あらためて分校のことを思い出すこともあろうかと思い、記事を書いてみようかと思い立ちました。

初めて幸物分校を訪れたのが、2013年の1月。よりによって小雪の舞う日でしたが、標高の高い山中にある同分校には、けっこうな雪が積もっていました。
c59ebf6a - コピー

何のアポもなしに訪ねたのに、その時職員室におられた教頭先生は、快く受け入れてくださいました。

そして、校内を取材・撮影後、お礼の挨拶を述べると、教頭先生は私に対し、「2月に開かれる閉校記念式典にいらっしゃいませんか」と。 こんなことって、あるでしょうか? 突然やって来た、どこの馬の骨とも判らないような人間に対して!!
思いがけないお誘いに「ぜひ、伺います」と返事して帰ったのですが、数日後ちゃんと招待状が送られてきました。
IMG_0357

続きを読む



プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。29年 あさひ日本語学校・校長職を兼任。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。









荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



記事検索
☆ FaceBook ☆