アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

日の浦炭鉱が存在した地 (松浦市福島町)


松浦市福島町塩浜免にかつて存在した、日の浦炭鉱。下は明治42年に撮影されたという日の浦炭鉱の写真です。
福島塩浜521

さすがに明治時代、茅葺屋根の長屋が連なっているのが古の時代を偲ばせます。
2016年現在の同地は下のようになっています。同じように俯瞰で撮影したいと思ったのですが、昔の写真はボタ山から撮影したのか、同じような角度で撮影できる場所はありませんでした。
IMG_0064

上の場所から山側を向くとこのような感じです。運動公園のようになっていて、かつてこの場所に炭鉱があったなんて、もう地元の方ですら知らないのではないでしょうか・・・。
IMG_0067




続きを読む

2016年現在、長崎市でただ一頭の対州馬、ひん太

2016年現在、長崎市でただ一頭の対州馬、ひん太。但し、「血統書」などは一切ありません。しかし、長年にわたり対州馬を調査・研究しているグループの一人である方から200%?対州馬であると証明していただいている馬です。
そもそも、書類が有るとか無いとか、人の間で言い争っている内にも、「対州馬絶滅」の危機は一歩、また一歩と迫ってきています。そんな論争を長年続けることに、はたして意味があるでしょうか?
もし「対州馬」と呼ぶことに差し支えがあるのなら、「長崎の坂道の荷運び馬」という呼称でも構いはしません。
5bdcf03c

昭和の時代には、車の入らない坂の小径ばかりの長崎市で、最大200㎏もの資材を担いで登っていた荷運び馬の中心的存在であった対州馬。しかし、馬方さんの高齢化やモータリゼーションの影響から、馬方さんも2009年に最後の1業者さんが廃業。対州馬も活用の方向性を失い、現在は絶滅寸前という状況にまで追い込まれてしまっています・・・。(画像はかつて馬搬の仕事をされていた方の写真を撮らせて頂いたものです)
6a36ccfc

対州馬との出会いは、いつだったでしょうか?もちろん長崎市民として、坂道を荷物を背負って歩く馬たちのことは以前から知っていました。しかし、正直なところ、さして興味もありませんでした。
しかし、ある場所で出会った一頭の対州馬、もうおばあちゃんの馬でしたが、この馬にたちまち惹き込まれてしまいました。
最初は名前を呼んでも、モジモジしていたのですが、だんだん近寄ってきて、最後にはまるで犬のように甘えてきたのです。 (画像は、その後の荷運び馬再現イベントの時のもの)
424474_174954525954843_100003208891600_273699_235609286_n
続きを読む

活気に満ちた昭和の汽車旅の記憶をそのまま保存してある、肥前七浦駅(佐賀県鹿島市)

JR長崎本線の「肥前七浦(ななうら)」駅は、佐賀県鹿島市大字音成にある無人駅ですが、長崎本線の昭和時代のイメージをほぼそのまま残している貴重な駅舎だと思いますので、当ブログにて紹介したいと思います。

肥前七浦駅は、昭和9年4月16日、JRの前身である鉄道省によって、有明線(現・長崎本線)の駅として開設されました。駅舎の外観は当時のままの姿をとどめており、標題のごとく、「活気に満ちた昭和の汽車旅の記憶」を今の時代に、彷彿とさせてくれます。
DSC_0669

続きを読む

平成27年度末で閉校となる、松浦市立養源小学校


遂に松浦市立養源小学校も閉校してしまうことになりました。初めて同校を訪問したのは、2011年の秋のこと。私の大好きな映画「にあんちゃん」のロケが行われた学校として、是非とも見てみたい小学校でした。(当時の記事
当時は、間もなく統廃合の波に呑み込まれてしまうのではないかと心配していましたが、正式な発表も聞かないので、なんとか存続し続けてくれるものと、かすかに期待していましたが、やはり駄目でした。
IMG_0040

行くと寂しくなってしまうのではと躊躇していたのですが、やはりもう一度しっかり見ておくべきと思い直し、同校に到着後、校長先生にお会いし、写真を撮らせてもらうことにしました。大変有難いことに、以前の記事の事を知っておられて、快く承諾して頂いたばかりか、閉校式のご案内までも頂きました。本当に恐縮しました。
IMG_0019
続きを読む

平成27年度末で閉校となる、東彼杵郡東彼杵町立大楠小学校

平成28年3月末をもって閉校となる、東彼杵郡東彼杵町立大楠(おおぐす)小学校。以前の記事でも紹介しましたが、この学校の校名である「大楠」は地名ではなく、樹木の「大クス」からとられています。

通常は地名が付けられることが多いのだと思いますが、木の名前が付けられるとはいったいどういうわけでしょうか?日本の小学校の黎明期とも言える明治初期の8年に、この学校が創立した時から、その「大楠」の名が付けられています。
IMG_0073

その「大楠」の名の元になったのは、もともと集落のある二ノ瀬集落にあったという巨大なクスノキです。現在は大クスがあったという場所に二代目のクスノキがあります(下画像・学校から坂を少し下った場所)
IMG_0071

しかし、校名の「大楠」は、『梢までの高さが約23.6m。幹の周囲は16.9m、直径は5.4mあり、幹の一部が空洞になっていて、畳八畳が敷け、中に大人15人が立てた』というその桁外れな大きさ・知名度にあやかったわけではありません。
明治27~28年頃、樟脳を採る為にやむなく切り倒された初代大楠を売ったお金でこの小学校を建てることができたからなのです。
つまり、初代大クスは、この学校に姿を変え、ずっと子どもたちを育んできということなのです。
IMG_0075

IMG_0074

IMG_0074a

続きを読む
記事検索


プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師時代の屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236

「僕の子ども絵日記 ~ ながさきの四季」
絵・文  江島 達也
2007年10月から2010年2月まで、長崎新聞・生活文化欄に掲載された連載29回に半年間の軍艦島ガイド時代からインスピレーションを得て制作した「タイムスリップ軍艦島編・4点を加えたイラスト&エッセイ集です。

全国新聞社出版協議会主催「第4回ふるさと自費出版大賞」作品集部門
最優秀賞をいただきました。
以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。










荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



☆ FaceBook ☆