アトリエ隼 仕事日記

長崎の遺産とも言うべき炭鉱・教会・対州馬など、「よかもん」をご紹介いたします・・・

対州馬の飼養と調教 20「 対州馬の調教と道草を食うこと 」

「道草を喰う」とは、まさに馬が移動している時に、傍らの草を食むことを指す。
競走馬の牧場とは違い対州馬の飼養されている場所は、餌となる草の一切生えていない場所であろう。したがって、対州馬が柵外に出た時、身近に野草が茂っていれば、それは対州馬にとってたまらなく食欲に襲われるはずである。しかし、仕事中或いは移動中に遭遇した草を自由に食んでいたならば、それはどうしようもなくなる。当然コントロールは効かなくなる。たまに馬を曳きながら草を食べさせている動画を観たりすることがあるが、これは人が馬を散歩させているのではなく、人が馬に散歩させられているに過ぎない。
基本、訓練中は外の草は食べさせてはいけない。もし食べさせる機会があるとしても、それはかなり限定的であって、いくつかの条件の元でのみ成立するということになる。
調教者のコントロールの範疇にありながら野草を与える、簡単そうで実はもっとも難しいと言っても過言ではない。

IMG_0750

対州馬の飼養と調教 19「 馬を叩く、打つということは馬にとってどのような意味があるか 」

馬を叩くという行為は、これは競馬では通常の行為と言えるが、感情に任せて行われる場合はただの虐待だろう。しかし、これが「no good」を伝える行為として適度な強さとタイミングで行われる場合はコミュニケーションとなる。
一般的に誤解されやすいのは、同じ力で叩かれたとしても、馬は人ほど敏感には感じないということだ。夏にはサシバエという吸血バエが多数馬の体にたかることとなるが、これをハエ叩きで叩かれることは馬はまったく苦にしない。
鞭は叩くための道具ではない。


DSCN0161

対州馬の飼養と調教 18「 どうやって調教を受け入れるようにするか 」

本来、調教とは「人間にとって都合のいい動作をさせること」であって、馬にとってのそれではない。
その最も酷いエゴが戦争に使用したり、炭鉱の坑道内で使用したことだろう。
馬にとって人を乗せたり、荷物を運んだり、或いは農機具を曳くことも馬の本意とは言えず、人の都合によるものである。人の望む要求に対して少しでもできた場面に接した時には、すかさず褒める言葉をかけなければならない。馬は言葉の内容は理解しないが、OKの時の言葉とNo goodの言葉は決めておき、褒める時は穏やかなトーンで、No goodの言葉は大きく早く掛ける。しかし、調教においてもうひとつ重要なファクターがある。それは人間の教育にも共通することだが、「やれば、後でいいことが待っている」というものだ。特に動物にとって、その動作をすれば、後で食べ物をもらえるということは、とても効果が高いということは理解してもらえるだろう。私は、まず朝夕の餌やりの時にもかならず最初に1/4の欠片ののリンゴを与える。それは人間がやってきて、それから行うことは餌をもらえる、良いことにつながるとイメージ付けるためだ。
まったく人間が触れたことの無かったひん太にまず、無口頭絡をつけ、引き綱を付けて歩かせ、そして止める。その次ははみ(ビット)を口に含ませるのだが、特にこのはみに慣れさせる段階で食欲を利用する。まず最初の段階の柔らかな素材でできたはみを口の中に入れさせるのだが、これにはあらかじめリンゴの匂いのついたものを使った。この素材には馬の好みリンゴのフレーバーがついているので、馬は口の中でゴリゴリとかじっている。十分に慣れてから今度は実際の金属製のはみにリンゴ・ジャムを塗り、口の中に咥えさせる。こうして自然とはみを受け入れるようになり、やがてははみにつけた曳き手で「進む」「止まる」の意志を伝えられるようになる。馬の場合、イルカのようにしょっちゅう動作のたびに餌を与えることはしないが、すべてが終わった後には餌を与えて締めくくるといい。
こうして、馬は調教(仕事)を受け入れていくようになる。

IMG_0608

IMG_0616

対州馬の飼養と調教 17「 対州馬を調教する際、鞭は必要あるか 」

無くて構わない。もちろん個体差はあるだろう。しかし、私は未調教から始めて、途中からまったく鞭は使わなかった。鞭は有効ではなかったからだ。むしろ妨げであったかもしれない。いたずらに馬を驚かせて恐怖心を抱かせただけであったかもしれない。この点については、今も申し訳ない気持ちでいる。もちろん鞭は打つものではないので、一度も打ったことはない。しかし地面を激しく打って音を立てたことはある。その時、自分の心は「馬を怯えさえ、服従させよう」という意図があったと思う。しかし、それはまったく有効ではなかった。反抗も招かなかったが、服従にも結び付かなかった。それで、鞭を置いたのだ。
鞭の役割として、「刺激を与える」「境界をしめす」「尻尾の位置として示す」などの意味はあるかもしれないが、対州馬の調教においては、なくてもよいとしか言えない。


IMG_0501


IMG_0502


IMG_0503

対州馬の飼養と調教 16「 対州馬を調教する際の調教者の体の向きと動作 」

これは調教において最も重要なファクターの1つであり、これがいわゆる「馬語」と言ってもよいものである。
「そんなものは、どうでもよい。とにかく気合で馬を動かす」等と言うものは、根本的に馬という動物をしらない者である。このことは「馬と踊ろう」のクラウス・フェルジナンドやモンティ・ロバーツも著書の中で繰り返し述べている。特に馬に対する向きと位置関係は極めて重要である。馬は群れ社会で行動する動物であり、群れを統率するリーダー(アルファ)は、その向きと距離で群れへの支持を与えている。馬を調教する者もこのリーダーでなければならず、従ってその向きと位置関係は重要な意味を持つことになる。ざっくりと言えば正対すれば、それは「待て」「動くな」という意味であり、反対に背を向ければ「これから移動するので、ついて来い」という意味になる。そのことを理解した上で曳き馬なども行わないと馬との主従関係を築くことができず従って調教もできない。真横や斜め前、後ろにも意味があり、その辺りの説明は難しいので省くことにする。前述の著書を読んでみれば詳しく述べてあるので一読を薦める。

そして。動作もまた重要な意味を持つ。手を挙げる、馬の顔の前に出せば「ちょっと待て」「おいおい!」という意味になる。どうしても注意を引かないといけない緊急時には大きな手足の動きを伴った全身運動でそれを伝える。この原理は考えてみれば、人に対する場合と同じことだが。
DSC_0870




プロフィール:江島 達也
 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記~ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「對州屋」として活動開始。29年 あさひ日本語学校・校長職を兼任。
〒852-8065
長崎市横尾町
tek/fax095-857-5236


以下は、すべてアトリエ隼(対州屋)のサービスです。









荷運び馬復活を目指す長崎市唯一の対州馬、ひん太FBページ

坂ん街の暮らし、応援します。
馬運・馬搬・作業萬ず/
「対州屋」(たいしゅうや)



記事検索
☆ FaceBook ☆